HOME 自給自足を目指して2010年に戻る

収穫の季節がやって来た!

辛味大根がたくさん採れました!お蕎麦の薬味にすると、とても美味しいです!

去年、サランラップに包んで冷蔵庫で保存したまま忘れていた1本だけの辛味大根、
年越し蕎麦の薬味に使ってとても美味しかったので、今年もたくさん植えたのです。

 ズッキニーが次々実を付け始めました!  
 
苗を頂いて植えたのですが、最初は食べ方に
戸惑って…あまり歓迎していませんでした!

薄く切ってとろけるチーズを乗せてオープンで
焼くのが一番人気です!

ズッキーニの花も食べれると聞いて、1個だけ
試して見ました。

挽肉を詰めて揚げてみましたが、あまり評判は
よくありませんでした。料理の腕かな?
   
ほうれん草は、植える時期をずらして少しずつ
作っています。

所々虫が食べてしまっていたけど・・・
見るからに
美味しそう。

でも、採ると葉がバリバリしていてすぐ茎が
折れてしまいます。

暑さの6月が暑すぎたせいか?それとも
雨不足かな?それとも土が合わない?
 
 
   ページのトップへ
   
ツタンカーメンのえんどう豆  
   
去年採種したツタンカーメンのえんどう豆を蒔い
たら、最初の年より勢いよく育ちました!

双子のように花が、二つ並んで咲いています。

これは、えんどう豆の原種の特色だとか。

単純だけどかわいい花です。

紫色の鞘が、膨らみ始めたら収穫時期です!

 
 
   
古代エジプトの王、ツタンカーメンのお墓から種が発見されたと言われるこのえんどう豆、昔はどんな風に
食べたのか興味があったので調べてみたのですが、わかりませんでした。考えられるのは、スープですが
エジプトでは、お米も食べるようなので、案外お米と一緒に炊いたのかもしれないな〜などと想像を
膨らましていました。

お米に混ぜて一つまみの塩と一緒に炊飯器で炊きます。炊いたばかりの時は、ただの豆ご飯で、
保温状態にしておくと、翌日お赤飯のような赤いご飯に変身です。楽しいお豆です。
 
   
   ページのトップへ
普通のえんどう豆   
   こちらは、普通のえんどう豆と言うと「えっと?」と
言うような顔をされる方もしますが、

「絹さや」と呼ばれている豆の花です。

花の種類は白の他に、ツタンカーメンのえんどう豆
のようなピンク、水色いろいろあります。

実家の庭で栽培していた自家採取の豆をもらって
植えてから、今ではうちの畑で採った豆を蒔いてます。

  「絹さや」と言われるように、柔らかいうちに採って
味噌汁や卵とじなどで食べるのが美味しいです。

そんなにたくさん食べるわけでないのですが、
春一番に実をつけるのが嬉しい野菜です。

冷凍保存してもあまり美味しくないので、たくさん
採れてもご近所や友人に
「春の香り」をおすそ分けしています。
 
 
7月の半ばを過ぎると、他にもスナップエンドウやつるなしインゲン、ササゲが次々に採れました。
今年は、豆類が豊作です!毎日豆料理が続きますが、採れたては柔らかくて美味しいです!




 
  ページのトップへ
 8月に入ると去年植えたニンニクの収穫です!  
 
薄いピンク色したニンニクは、小粒ですが
あまり匂いもきつくないので重宝しています。

このニンニクと空芯菜とベーコンの炒め物が
絶妙なハーモニーで美味しいです! 

空芯菜)
 
中国のほうれん草と言われています
   
   ページのトップへ
 トウモロコシも穂を出し始めました! 
  毎年捨てていたヤングコーン、お店で売られている
事を知って(売っているのは別種だと思っていた)
試しに食べてみると甘くて美味。
 
炒め物やシチューに入れて楽しみました!
    ページのトップへ
 
今年は、春には膝の痛みなどの体調の乱れから始まり、結婚や法事などの行事が多く続くので、収穫する
時期が遅れては〜と一番心配したものに、ジャガイモがありました。去年、周りの畑でジャガイモの病気が
発生していたので、それも気になっていました。心配しながらもお盆前のお天気の良い日に芋ほりしました。

きれいなジャガイモが次々顔出すのをみて感慨無量でした! 
 
 メークインは、煮崩れしないので好きです  今年は、ホクホクする男爵の出来が少ないです!
   
  ページのトップへ
 
 8月に収穫するものには、玉ねぎもあります
  茎がこのように倒れたら、収穫の時期です!

玉ねぎは、市販の苗200本を植えて、180個ほど
収穫出来ました!

苗100本で630円です。最近玉ねぎの苗を
作る農家が少なくなって来ているそうで、苗を
手に入れるのが大変になって来ました。

玉ねぎの苗も作ってみたい野菜ですが、どうも
素人には難しいようです。
 
  今年は、少し小粒ですが8月の下旬に
全部収穫しました。


やはり無農薬で育てた玉ねぎは、
柔らかく水分が多いです。

あちこちにあげたりもしますが、2月ころまで
ある大事な越冬野菜です。
 
   ページのトップへ
   
茎が赤くなるはずのルバーブを植える   
   赤くならなかったルパープ
ルバーブは、シベリア南部原産の多年草のハーブで、
種の袋には茎が赤くなっていましたが、青いです!
これは、春先に遮光しなかったからだそうです。

葉柄をジャムやゼリーにして使い、葉っぱは、毒があるとかで使いません。

整腸作用があるので、肉類を多くとりすぎて便秘
気味の人に良いようです。

茎が赤くならなかったので、ラズベリーも混ぜて
ジャムにしてみました。
 
 
  ページのトップへ


  

HOME 自給自足を目指して2010年に戻る

姉妹サイト:シニアのハッピー探し〜アジアン市場