HOME 自給自足を目指して2010年に戻る

今年の6月は暑い!

畑の傍の林に咲く花

雨続きで種を蒔くのも遅く、野菜の成長にやきもきしていた5月を過ぎて、6月になると今度はやたら暑い!
まだ早いと収穫していなかった、からし菜や辛味ダイコン等が、2〜3日後には花が咲いてしまったので驚く。

  去年の9月の半ばに植えたニンニクも
元気に育っている。

手前の一番太いのは、市販されていた
国産のニンニクを植えたもの。

他は、去年収穫したニンニクを植えて
います。

薄いピンク色した北海道在来のニンニク
で、ウイルス病に強く作りやすいのですが、
市場には出回っていません。

5月4日に種を蒔いたツタンカーメンのえんどう豆、
絹さや、スナップエンドウがぐんぐん大きくなっていく。

ツタンカーメンのえんどう豆と絹さやは、去年自家採
取した種です。

スナップエンドウの種は、市販の3年前のものを蒔いたので、どうも最初の年の勢いはない。

種は一年で・・・と書いてあるけれど、捨てるのも
惜しいと欲張って使ったので仕方ない。
 
6月7日えんどう豆
6月7日ほうれん草 今年は、ほうれん草がいい。

市民農園では、もともとほうれん草畑だった土地
だったせいか、ほうれん草はいいものが出来た。

この畑を始めてから、ほうれん草には苦労していた。

白い斑点が付いて、あまりよい出来とは言い難かっ
たのだ。やはり堆肥の力が効いてきたかと夫は言う。

堆肥は、ゆっくり効果が現れる。
 
   TOPに戻る

ジャガイモも芽が出てきました。

春が遅いと嘆いていたので、勢いよく芽を出す野菜
たちを眺めていると、私たちの気持ちも弾んできます。

今年もメークインと男爵を植えました。

もう、あちこち目移りしないでこの2種類だけ。

ご近所や友人にプレゼントして、残りは冬の間の
食料として保存します。
6月7日ジャガイモ
6月13日インゲン豆  今年は、豆類をたくさん植えました。

ツルナシインゲン、自家採取のササゲ、ご近所さん
に頼んでいただいた花豆・トラ豆など。

花豆・トラ豆は、カラカラになるまで置いておいて
お正月の煮豆用にします。

えんどう豆や枝豆も自家採取の種を植えていますが、
買った種より大きく元気に育つようです。

その土地にあったものを植えるからでしょうか?
 
こぼれ種から三つ葉があちこちに芽を出し、
元気に育っています。

一生懸命おひたしにして食べていますが、気がつくと
すぐ大きくなって花芽が出ています。

今までは、この花芽をほったらかしにしていたのですが、
小さいうちに摘むようにしています。

花芽がつくと固くなるので、わき芽がいつまでも出る
ようにと思っての処理ですが、効果はどうかな?
 
 7月13日三つ葉
    TOPに戻る
 ミヨウガタケです。このミョウガタケも食べれます。
天ぷらにすると美味しいです。

あまりたくさん採るとミョウガの出来が悪くなるので、
間引き感覚で採ります。

夏に蘭の花に似た花芽がでますが、その花が出てくる
前に摘み取って食べます。

生で刻んで薬味として使うのが一般的ですが、
天ぷら、粕漬け、味噌漬けなどでも食べれます。
葉野菜は、今年は庭の一坪ほどの畑に種を
蒔いてみました。

どうしても収穫が一度になって、食べたいときに
食べれないというジレンマに陥るからです。

夕飯の献立を考えて、畑から野菜を採ってくる・・・
お昼はお蕎麦だから、畑からネギを抜いてくる〜
そんな暮しを夢見ていたのです。

考えると贅沢なことですが、少しだけ夢が実現した
と喜んでいたのですが、6月の暑さに野菜たちは
予想を超えて大きく育ちすぎました。
    TOPに戻る

ダイコン菜は、サッと塩湯でしてから固く絞り、細かく刻んで金属バットの上にのせ半冷凍してから冷凍保存用の
ビニール袋に入れなおして保存します。朝の忙しい時などに、味噌汁の具にサッと使えるので大変便利です。

また、ニラなども大量に苗を頂いたのでたくさん植えています。洗って細かく切って生で冷凍保存して使っています


6月の下旬になると小さかった野菜がぐんぐん大きくなり、食卓に上るようになり、満足度も大きくなります。
天気が悪いと嘆き、晴れが続くと喜び、とお天気に支配される暮しですが、自然相手の暮しは新鮮です!

        TOPに戻る

HOME 自給自足を目指して2010年に戻る

姉妹サイト: シニアのハッピー探し〜アジアン市場