HOME 自給自足を目指して 前のページに戻る

秋野菜の保存  市販の素を使って簡単な漬物  自家製野菜の保存に漬物をを作っています!   
 ニシン漬け  沢庵を漬ける  キムチを漬ける    
 
無農薬野菜を作るようになって、大根や白菜の秋野菜の保存方法に頭を悩ますようになりました。
どちらかと言うとあまり漬物好きでない我が家でしたが、保存のために漬物を作ると意外と好評!
市販の漬物の素を使った手抜き漬物ですが、保存には一番手っ取り早いようです。
 
ニシン漬け 
  材料
大根6本、札幌大球(中)、身欠きにしん21本、
麹2袋、人参3〜4本、鷹の爪適宜、
赤穂の塩300g〜 
人参以外は自家製野菜使用

大根は、シワシワにならない程度に外に干す
身欠きにしんは、1日か2日位糠を入れた水に浸けておく。(2日間浸けた) 
 大根と身欠きにしんが用意できたら、いよいよ
漬け込みます。(ここまでが前準備)
 身欠きにしんは、丁寧にウロコや汚れを落とし
ます。

先に大根、人参、身欠きにしん、南蛮を刻んで
置くと楽に作業ができます。
 
注:ネットで調べると、麹はいろいろな方法がある
ようですが、私はそのままばらして使っています。
 
 
  札幌大球は大きいので一度に切ったり洗ったりする
のが大変なので、まず半分にして、さらに四分の一
にカットします。

その四分の一を1回分として、大きめに切って洗います。

先ず、ポリ容器にビニール袋をひいて、麹を底に
ばらまき、キャベツ、大根人参、身欠きにしん、
南蛮と順序良く入れて、麹と塩を振りまきます。

キャベツと他の野菜の分量を加減しながら、これの繰り返しです。
 
材料が多くて、ポリ容器より溢れるようになるかも
しれませんので、ビニール袋は大きめのが良いです。

また、材料が溢れるようでもビニール袋をしっかり
結わえて重石をすることによって、
ポリ容器に収まるはずです。

重石は、最初は、野菜の重さの2倍にして、
2〜3日で水があがってから、半分に減らします。

3週間から1ヵ月後から食べごろのようです。
 
 

塩加減が心配で1週間目に試食してみました。塩加減は大丈夫でした。でも暖かい日が続くので、今度
は酸っぱくならないかが心配になります。2週間目に食べて見ると、やはり微かに酸味が感じます。早く食べ
た方が良いようです。最近の温暖化には、折角作った漬物にも影響があるのが悩みです。
 
 

約2週間のニシン漬け
 
 TOPに戻る
 
 沢庵を漬ける
今年は、大根が早く大きくなってしまい、慌てました。

漬物に漬けるには早すぎるし、畑に置いておくと、
割れる心配もあります。

土に埋めておくといいと、聞くのですが、一度
失敗しているのでためらいます。

いつもよりかなり早い11月2日に沢庵を漬けました。 

材料:大根14本と、市販の「たくわん名人」2袋、
赤穂の塩(「たくわん名人」の指示通り)、柿


 
大根は、10月末に初雪が降ったり、雨が続いたり
で十分干すことができなかった。
今年は太くて1本ままでは容器に入らないので、
半分に切って使用。

去年の大根は、細くて沢庵に丁度いい太さだった↓
  

 去年の大根・沢庵

今年の大根
   
ボールに「つけもの名人」2袋と塩・粗目をいれ、混ぜ合わせる。それを大根を並べて、振り掛けるだけ。
ウコンで色づけしているので、最初はウコンの味が気になったけれど、時間が経つと気にならなくなる!
  TOPに戻る
 
 キムチを漬ける
白菜も順調に育ち、いよいよキムチ作りです!

毎年、「河村通夫さん」のキムチの素を使って
キムチを作っていたのですが、違う味も知りたくて
デパートに売っていたキムチの素を買って作る。

唐辛子の粗引き、粉、干しエビ、アミエビの塩辛の
セットと白菜4個で漬ける本格派風。

にんにく、ネギ、りんごをすりおろしたものも加える。
白菜は、洗って切って、軽く塩をして重石をして、
一昼夜置きます。

水が上がっていないと塩が足りないです。

あとは、水洗いして塩を軽く抜き、水気を切ります。

大きな容器の中でキムチの素を混ぜ合わせます。

 
 
別の容器にビニール袋を敷いて、その中に
混ぜ合わせたキムチを移し変える。

超簡単にキムチが自宅で楽しめます。

主人は、市販のキムチは絶対食べない人
でしたが、自家製の野菜で作るキムチは
大好物になったのには驚きです!
あとはしっかり蓋をして、ビニール袋に容器ごと入れ
て、ベランダに置いておきます。

食べるときは、ガラスの密封用瓶に移し換え冷蔵庫
で保存します。(キムチ用の匂いがもれないもの)

毎年、翌年の春ぐらいまで保存できますが、最近
暖冬なので酸味がつく恐れはあります。

2〜3日から1週間ほどで食べられます。

 
    TOPに戻る

HOME 自給自足を目指して 前のページに戻る