HOME 自給自足を目指して2010年戻る

寂しくなりました〜畑の終わり

 11月7日の暖かな日、最後の収穫をして畑仕事を終わらせて来ました。
畑の周囲にある白樺の葉はすっかり落ちて、何となく寒そうに見えます。

 
(10月下旬から11月初旬の空と白樺の木々)

私たちも、土だけになった畑を見ると、やはり寂しさがこみ上げて来ました。


10月から11月の畑の様子をアップしました!



 10月になると赤ピーマンや煮豆用の豆類が収穫時期です! 
  10月に入ってから赤ピーマンが色づいて来た。

このカラーピーマンは、かなり実が大きくなっても
なかなか色がつかない。

植えてから90日ぐらいたたないと色づかない。

初めて植えたときは、大きいのにいつまでも
色が変わらないので失敗したと思ったもの。

実は肉厚なので固そうに見えるが、食べてみると
柔らかく甘さがあって美味しい。
 
   
   
花がきれいなので種を譲ってもらって植えたはなまめ
鞘が自然乾燥して少しずつ収穫しています。
 
 
赤い花が茶色の豆、白い花から白い豆→
 
こんなに膨らんで大きくなります
 
 お正月の煮豆に使うつもりです

あまり煮豆は好きでなかったのですが〜
自分達で作ったと思うと箸が進むから不思議!



  TOPに戻る
 ■無農薬で頑張りたくて……青虫との闘いでした! 
  キャベツは、ニシン漬けに使いたいので札幌大球
苗を植えています。

キャベツは、無農薬で栽培するのは大変難しいです
が、何とか農薬は使わず、苗がある程度大きくなるまでは、ネットをかけ、木酢酸液だけで乗り切りました。

あとはひたすら青虫との闘いです。

4株植えて1個は親戚に〜あとは小ぶりですが、
3個無事収穫できました。
  
 一番大きいキャベツは、横29センチ、縦21センチ!
 去年より身がしまって隙間がありません!
 
これをニシン漬けに使い、残りは普通のキャベツの
ように料理に使っています。

市販の冬のキャベツより柔らかくて甘いですよ!
 
  
ニシン漬けの作り方
 TOPに戻る
 
大根は、早く大きくなりすぎて〜慌てました! 
  大根が、早く大きくなってしまいました!

漬物にするには、まだ早く、随分とやきもき
したものです!

大根は、いつもタクワンを一番最後に漬ける
けれど、今年は早めに漬ける事にする。

自分達で食べるだけだからまぁいいかぁ〜と
諦めるけれど、自然の力には対抗できない。 
 

大根を干す時期は雨が続き、使っていない部屋にごろごろ転がして置いたので、あまり干せなかった。

いつもの年より大根も太いし、折り曲げるほど干せなかった。仕方ないので半分に切って漬ける。


  
沢庵を漬け方
 
 TOPに戻る
 
白菜は、元気に育っていても、収穫までは気が抜けません! 
  7月25日にポット・15個に3粒ずつ種を蒔く。
(30日発芽)

8月10日、苗25株をジャガイモを収穫した場所に
移植して、寒冷布をかける。

白菜は、植えた時期が悪いと葉が巻かないと
聞いていたけれど、我が家のは毎年ちゃんと巻く。

ただ、見かけが立派でも収穫してみたら、
根が腐っていたりするので油断が出来ない。
白菜 は1個だけ腐っていたが、残り24個は無事に
収穫出来た。去年より出来はいいように思う。
 
しっかり巻いているでしょう?(~o~)/
 
すくすく育っている白菜を見ると、嬉しいのと、自慢したい気持ちから、つい友人達に早々と「あげるね」と言っ
てしまう。しかし結構空約束になってしまい、後で誤る羽目になる。中に虫がいっぱいついていたり、根が腐
ったりと、外側はそれは見事な白菜だけにもったいないなぁ〜と思うが仕方ない。

白菜の保存は、1週間ほど外に干してから1個ずつ新聞紙で包んでダンボールの箱に縦に並べて置くのが
いいそう
ですね。今年は、出来が良かったのであちこちにお裾分けしたので残り少ないが、来年は
もう少し数を増やし、越冬用の野菜として保存したいもの。  

 
キムチを漬け方
 TOPに戻る
 
■ 来年の為の後始末
  11月7日、最後の畑仕事をしてきました。

野菜の葉っぱやハーブの刈り取った枝を細かく切って
畑に大きな穴を掘りどんどん捨てていきます。

最後に畑用の糠(油処理したもの)を一握り
蒔いてから穴を埋めます。

翌年、ちゃんと土にかえっています。
 
これはごぼうです!肥料の袋に土を入れて、
それを逆さまにして畑に埋め込みます。

すると袋の底が上になるのでにナイフで底を破り、
種を蒔きます。ごぼうの身は袋の中に伸びていくので
袋を破るだけで簡単に収穫できます。

最後の1袋は、来年の春までこのままにして、
食べれるかどうか?の実験です。

上手くいくかどうか?来年の楽しみでもあります。
 
  果物の木とハーブだけになった畑に
しばらくたたずんで、
3年前に林から畑にした事を想いだしていました。

無計画に植えたハーブは繁殖しすぎて
邪魔にされています。

来年は、もう少し計画的にハーブを植えたいと
考えています。

いろいろ失敗しないと上手くいかないものです。

畑にご苦労様と声をかけて帰って来ました。
 

 6ヶ月間の野菜作りが終わると気が抜けたようになります。しかし、雪が降り、一面銀世界になると、春の
 訪れをいち早く望みながら、畑の見取り図を考える楽しい作業もあります。実際に野菜を育てている時
 より、むしろこの作業が楽しいのかもしれません。

 畑を囲むように植えた果物の木も年々大きくなっています。育つものを眺めているのも楽しいものです。

 今年は、いろいろな事が重なって、畑に行く回数も減ったり、野菜作りにも身が入らず、苦しい思いも
 しました。来年は、もうすこしゆったりと「自分達が食べる野菜は自分達で作る」暮しを楽しみたいと
 考えています。自給自足を目指して…いろいろ工夫していく過程が、きっと楽しいのでしょうね。

 
 

HOME 自給自足を目指して2010年 2009年 TOPに戻る

姉妹サイト:
シニアのハッピー探し〜アジアン市場