HOME 小さな自給自足に戻る

11月は、漬物作りと畑の後始末


キムチを漬けようと、一番大きな白菜を割ったら、根っこのところが黒くなっていた!(>_<)

ほら、こんなに外側は立派な白菜です!

見た目が良くても、中身がなんとか〜のたとえ
通りかな?

でも、他はキレイで、いい白菜です。
黒いところだけ取り除けば大丈夫!
 
白菜は、ザクザク切って軽く塩をして、
重石をして寒い部屋に1日置いておく。

翌日、塩分を軽く洗い流して、
手で絞りながら水分を取り除く。

あくまでコレは、私流のキムチの漬け方です。

 
大根、人参を千切り、葱は小口切りにして
白菜に加える。

ちょうど頂いた柿があったので、これも小さく切って
入れました。

河村通夫のキムチの素・辛口と中辛と、塩辛少量、
野菜に混ぜ込みます!

ベランダで保存して、2週間ほどで食べ始めます!
   
 たくわんを漬ける〜ぶっとい大根14本でぎゅうぎゅう詰めになってしまったよ! 
大根は、今年はあまりにも大きいので
驚いてしまいました。

市販されている大根は、我が家の半分しかなく
それも今年は高値と姑が驚いていた。

大きければ良いというわけではないのですが、
やっぱり密かに自慢したくなりますね〜(^_-)-☆
 
一週間ほど干した大根です!

14本を沢庵に漬ける予定です!

虫食ったものやいびつな大根は、
ニシン漬けに使います。

自分で作ったものは、捨てませんよ〜!
 
大根が大きいので、ポリ容器いっぱいになりました。

いつもは、もっと大根が細いので8分目位しか
ないのですが・・・

重石をすると蓋がしまりません。

大きな重石二つして、3日後に見たら、
水が上がっていたので一安心です。
   
ニシン漬けを漬ける〜今年は、ビニール袋とポリ容器の両方のニシン漬けを作りました! 
ニシン漬けに使いたくて札幌大球も植えました。

小ぶりだけど、普通のキャベツ2〜3個分の
キャベツができました。

普通のキャベツは、通常120日で収穫できる
そうだけど、札幌大球は150日かかるそうです。

春のキャベツは、農薬を使わないとすぐレース状に
なるくらい虫が食べてしまいます。

でも、札幌大球は青虫を捕ったり、木酢酸液を
使うと農薬無しでも作れます。
ビニール袋は、ジップ付きビニール袋の大を
使うので冷蔵庫に保存できます。

短い間に食べきるだけの分量が、手軽で良いです。
こちらは、市販のキャベツを使いました。

ポリ容器に漬けたのは・・・写真に撮るのを忘れて
しまったけれど、ちゃんと作りました!
 
   
  

11月の半ばに初雪が降りました。いつもの年より遅い初雪だそうで、畑仕事も漬物作りも全部終えていた
のでほっとしました。今年、私はあまり畑の方には行けなかったのですが、最後の日に何も植えていない畑
を見た時は、やはり寂しさを感じました。

11年前、面白半分に始めた市民農園での野菜作りが、こんなに続くとは思ってもいませんでした。

初めは、何でも作ってみたくて、いろん物に挑戦したものです。でも、今は無駄になるものは、極力
避けようと考え、普段食べている必要なものを、少しだけを心がけるようになりました。

でも、時には遊び心で珍しいものを植えてみたくなります。今年は、落花生とゴマを植えましたが、ゴマは
やはり無理なようで、10月になっても実がはじけませんでした。

まだ種を取ってあるので、来年もう一度挑戦してみようかと考えています!

  11月の中旬初雪降って、残っていたほうれん草が寒そうです!
   
   
HOME 小さな自給自足に戻る