HOME 小さな自給自足に戻る

8月は、干し野菜と保存食作り

8月に入ると、トマト・きゅうり・ナス・ピーマン・ズッキニーなどの苗物が食べれるようになります。
たくさん採れると、親戚やご近所にも配るのですが、それでもまだ余ります!

「野菜だより 2010年7・8月夏号」に【野菜の保存アイデア集】が付録に付いていました。


干し野菜にして、冷凍保存が出来ると書いてありました。冷凍庫は、冷蔵庫についている
ものしかないので、ここもすぐ満杯になります。毎年、野菜の保存に冷凍庫を買おうかと
悩みますが、電気代が馬鹿にならないと聞いていたので諦めていました。

しかし、今年はいつもの年より、さらに豊作でした。折角の無農薬野菜、保存して冬に食べる
事が出来れば、主婦としても経済的にも助かります。

とうとう今年、冷凍庫を買う事にしました。前ドア式の冷凍庫が欲しいと考えていたのですが、
いろいろ調べた結果、冷凍ストッカー・・・お店で使用している上にドアを開ける型が電気代も
あまりかからず、急速冷凍できるので長期保存に適している事がわかりました。

すると、たくさん採れても、食べきれずに腐らしたりせずに保存できるから、心理的な負担が
減ってたいへん有難い助っ人となりました。

8月は、干し野菜にしたり、茹でてハンドミキサーで液状にしたり、と保存食作りに励みました。


  これは、上の写真と同じズッキニーです!

我が家でも作っていたのに、親戚やご近所からも
頂き、初めは途方にくれたけれど・・・

カレーに入れたら、意外と美味しい事がわかり、
小さく切ったり(上の写真のように)、
輪切りにしたり、用途によって切り方を変えて
干してみました。
 
これはナス。ナスもカレーにいれるのが好きなので
干し野菜にしました。

一度干し野菜にして冷凍したのをカレーに入れた
けれど、違和感はありませんでした。
 
ピーマンは、半信半疑だったけれど試してみました。

まだ、食べていないので、味はどうかな?
 
  トップに戻る
トマトもたくさん採れました。

そのままかじったり、毎朝きゅうりとトマトを
切っただけのサラダで食べたほかは・・・

トマトは、ピューレ状にしてミートソースの
味付けに活躍します。
 
  

トマトは、さっと茹でて皮を剥き、ハンドミキサーで液状にします。

ミキサーは、使った後の後始末が大変ですが、ハンドミキサーは、

先のブレンダーシャフト部分を水洗いするだけなのでとても便利。

初めて使った時は、要領がわからずおっかなびっくりでしたが、
慣れるとすぐ液状化できるので、たいへん有難い器具です。

えんどう豆も茹でて液状にして、冷凍保存しておいたものを
友人が遊びに来た時、お昼にコンソメと牛乳を足して手軽に
スープに仕上げたら、美味しいとたいへん喜んでもらえました。
 


冷凍ストッカーは、整理がちょっと大変で、今は100円ショップの
プラスチック製のかごを使っていますが整理法が課題になりそう。

 トップに戻る
   8月は、ニンニクの収穫もあります!

今年は、大きな良いニンニクが出来ました!

自家製のニンニクは、ほのかなピンク色して
匂いもあまりきつくはありません。
ニンニクと同じ頃植えたラッキョウも掘り出す時期です!

去年、土付きラッキョウを甘酢漬け用に買ったのを
10本位残して植えたものです。

ちゃんとなるかなぁ〜?と心配したのですが、
無事ラッキョウになっていました!(笑)
 
 

    

キレイに洗って薄皮を剥き、煮沸した瓶に入れて、好みの甘酢液を作って熱いまま
注ぎいれるのですが、今回間違えて先に瓶に液を入れてからラッキョウ加えたので
固くて美味しく出来ませんでした!残念、ああ、ドジだなぁ〜ボケたかな〜(>_<)

   
   
  3坪の小さな畑では、ゴマや食用百合の花が咲き、赤紫蘇・青紫蘇が所狭しと茂っています!
 トップに戻る
HOME 小さな自給自足に戻る