HOME 自給自足を目指して、戻る

種まきの季節が始まる〜

5月の連休が始まるといよいよ種まきですが、今年は雨が多く、寒い日が続きました。連休が終わった頃に、やっと全部の種を蒔く事ができました。

最近は、畑を始めるのが年々遅くなり、種を蒔いても雨が続くのでやきもきしてしまいます。ゆったりと楽しみたいと始めた野菜作りですが、どうもこの頃は生産量とかお天気がどうのこうのと心配しすぎる傾向にあります。

「身体のために無農薬野菜を自分達で作りたい」という初心を忘れないようにしないと、ね。手間がかかるから、手作り暮らしは楽しくないと続きません。


トラクターで起こしてもらったので、
ふかふかの畑になりました!

石灰をまき、自分で作った堆肥を入れてます

連作障害を避けるために畑を6等分して
毎年植えるものをずらしています

ジャガイモ、トウモロコシ、玉ねぎと人参、豆類、
ホーレンソウ、そして苗物の6グループです


葉野菜は、今年から自宅の庭で作る事にした
   
  
堆肥や腐葉土も自分達で作っています!



去年作った堆肥と出会う瞬間は、
やはり感激するものがあります!
 TOPへ戻る
 
 

去年、酢漬けにするために買った土付きらっきょうを
少しだけ残して植えてみたくなりました。

8月の末に植えて、9月の初めごろ芽が出てきて、
秋にチャイブのようなピンク色の葱坊主がついた

春、枯れることなく元気な姿を見せてくれました

ちゃんとらっきょうが出来ているか?収穫時期が
待ちどうしいです!
   TOPへ戻る
5月24日、久しぶりに晴れた日、畑に行くと
えんどう豆が芽を出していた。

春、一番早く芽が出る野菜ですが・・・

いつもの年より芽の出方が遅いように思う。 
 
   
アスパラも今年は、出来るのが遅かった!

アスパラ農家でも寒さで収穫時期が遅れ、
出荷が遅れていると新聞記事にあった

去年辺りから、5月は寒く、雨が多い。

北海道は梅雨がないと言われてきたが、
蝦夷梅雨というのがあるらしい・・・

梅雨のようなお天気が続いた。 
   TOPへ戻る
植えてから4年目のアケビ、初めて花をつけた!

面白半分に植えたはいいけれど、
剪定がよくわからず、去年ばっさり切った

「しまった!切らないともっと花が咲いたかも!」
と考えたが、もしかしたら
思い切って切ったのが良かったのかな?

実がなるかな〜?楽しみである。

   
四国の山のてっぺんで暮らす早川ユミさんの書いた「種まきノート」を読みました。ユミさんは布作家で、
ご主人は陶芸家です。この本を読むと、自給自足と言うことが、とても楽しく、わくわくすることに思えて
きます。「土さえあれば、食べることはなんとかなるという」暮しに加えて、着る物も手作りという買わない
暮し。買わないということは、つくるということ。つくるということは、創造的だからわくわくする、とユミさん。

土をこね、ご飯を食べる器をつくる。ご主人が陶芸家だから、できることでもあるけれど、これも手仕事。
着る物は、下着から上着までちくちく縫ってしまう。それは、布作家だからと、これも言いたくなるけれど、
本を読んだり、NHKで放映された暮らしぶりを垣間見ると、ゆったりと自然の中で暮らしている。

一昔前は、生活の中で手を掛けることが当たり前だったけれど、いつの間にか「買った方が早い」と言って
何でもすぐ買ってしまう暮しになっていました。

市民農園から始まって、無農薬野菜を作るようになって今年で10年目。その日使う野菜は、その日に
畑から採って使いたいと思うようになって、一度に大きくなってしまう葉野菜は、庭で栽培することにしま
した。朝起きたら庭に出て、味噌汁の具に小松菜を少し採ってくる。処理が大変と、ぼやかなくてすむ
から、何となく満ち足りた気持ちになります。

北海道は、半年だけしか野菜作りはできません。自給自足的暮しにあこがれる・・・といっても完璧なこと
はできません。でも、夏の間だけ自分達で食べる野菜は作れるということは、これからの時代を生きるのに
ちょっぴりの自信も得られました。庭の野菜たちを見ていると、それだけでもしあわせな気分になるのが
不思議です。そして、あれもしたい、これもしたいと夢も膨らんでいくのです。
TOPへ戻る 


HOME  自給自足を目指して2010  自給自足にあこがれて2009 

姉妹サイト→シニアのハッピー探し