HOME 自給自足を目指して戻る

4月〜長い冬が終わって春へ


4月の始め、まだ畑にはこんなに雪がありました。

 ←半分は雪に覆われていた堆肥箱とコンポスター


堆肥箱の中の土はふかふかになっています
   
  4月18日、また畑の様子を見に行くと、

雪がすっかり融けて、

チューリップが一斉に芽を出しています!

長かった冬ともやっとおわかれです

もうすぐ畑仕事ができると思うと、
わくわく、うきうきしてきます。
 
この日は、ジャガイモの種芋を買って、

新聞紙に広げて芽だしをしました。



今年もメークインと、男爵を植えます。
 
 
   
  
4月30日、この日の予想温度が18度、いよいよトラクターで畑起しの日

今年ほど、春を待ち遠しく感じた事はありませんでした。3月11日、東日本大震災が
起こり、地震・津波、福島原発事故と想像したことのない大惨事が日本を襲いました。

ちょうどこのころ、私は胸骨を骨折していたので、震災の被害はなかったのですが、余震と
痛みに怯え、不安に駆られる日々でした。

災害にあわれた方々は、ほんとうに無念で辛い思いだったでしょうが、「命があった幸せ」
をそれぞれ口にされ、逆に日本中が励まされる思いでしたね。

それに比べ、被害のなかった所では、節電、お祭りイベントなどの楽しみは自粛すべき、
風評被害といろいろな言葉がマスコミで流されています。

以前、地球温暖化の講演を聴いた時、耳に残っている言葉があります。「少しだけ昔の
日本の暮しに戻すべきだ。そうすると温暖化が避けられる」

私は、もはや水洗トイレも、温水便座も手放す事が出来ません。洗濯も手ではできない
なぁ〜と思います。パソコンのある便利さにも慣れてしまいました。

冷蔵庫のない暮しも考えられなくなっています!掃除機、電話だって!

でも、私が生まれた昭和22年には、これらの電気製品はなかったのです。今ではあるのが
当たり前の電化製品は、私たちの成長過程で、ひとつずつ出合って来たのです。

各家庭に水道が取り付けられたのも、私の小学時代でした。確か別の所へ水汲みに
行った記憶があります。

一昔の暮しを経験している私でも、昔に戻るのは難しい。でも、なるべく節電に励み、
台所のゴミは堆肥とし、夏の間食べる野菜は、元気なうちは自分たちで作りたいと、
今年は特に強く思いました。

今年も、ちいさな自給自足を目指して頑張ります!

 越冬した野菜たちも元気です!(4月30日撮影) 
   
ルパープ   アサツキ
   
 
ラッキョウ   ニンニク


HOME 自給自足を目指して2009年 TOPに戻る

姉妹サイト→シニアのハッピー探し