HOME 自給自足を目指して2009年 2010年 自然と暮らし

我が家の堆肥作り

去年約60坪の土地を整地し、45坪を畑として耕作、残り10坪ほどを休憩所・堆肥置き場とした。

 1、コンポスター(200L) 2、堆肥箱(コンパネ90×90の箱) 3、野積堆肥 

素人ながらこの3つの方法で堆肥作りに成功、今年も堆肥作りに燃えています!

コンポスター(200L)

家庭から出る野菜や果物のくずが中心で、魚や肉は入れないが、卵の殻は時々入れる。
俗に言う生ゴミです!又、乾燥した落ち葉も必ず入れる(2cm位)

コンポスターの一番下に、冬囲いで使用したムシロ・荒縄をある程度を細かく切ったものを
敷く(10〜15cm位)。その上に生ゴミを15cm位になるまで入れ、10cm程土をかぶせる。

さらにその上に鶏糞・米ぬかを一握りずつ全体にまぶし、生ゴミ・落ち葉・土と繰り返し、
サンドイッチ状態で積み上げる。最上部は土で終わること。

生ゴミは細かく切って天日干 枯れ草・落ち葉も入れる 春先は雑草も入れている 春先の完成した堆肥

満杯になったら、1ヶ月程置いてから切り返す。この切り返しが重要。
一番上のものを下へ、下のものは一番上に持ってくる。さらに1〜2ヵ月後、切り返して
から、春の耕作時に畑に散布。(黒々とした堆肥になっている)

*生ゴミは、2日ほど天日干ししてから入れること。水分の多い状態で入れると腐敗する
ので注意→発酵させること。

*落ち葉に、桜・イチョウ・針葉樹・笹は入れない方がいいが、若干混じるのは可。
これらの樹木の葉は、発酵しにくいからです。

 
2009年春、ふかふかの土が出来て感動しました♪

堆肥箱(コンパネ90×90の箱)

畑の周りの雑草や、間引きした野菜くずやトウモロコシの茎、枝豆等の根・茎を細かく切っ
たものを30cm位積み上げ、米糠・鶏糞を二握りづつ全体にまぶして、土を10cm位かけ、
5〜6段積みにして、1ヶ月位寝かせてから、コンポスターと同じ要領で切返す。

乾燥気味であれば、ジョウロで散水して、適度に水分を含ませておくこと。又落葉も@の
コンポスターと同じ位の量を入れておくこと。



今年制作した堆肥箱(去年はあり合せの古材で作ったので破損)。捨ててあったタイヤは風が強い所なので、重石代わりに再利用。

野積み堆肥

材料は枯れ草で、ある程度細かく切って、Aの堆肥箱と同じ要領で積み上げ、必ず積み
上げ時にジョウロで水分を入れてシートで覆う事。尚、野積み堆肥には生ゴミはいれな
い。(臭いがするので、周りに迷惑がかかる恐れがあるためです) 切返しは、Aと同じ
要領でします。

  
乾燥した干草を頂いたので、自己流アレンジで堆肥作り(野積み堆肥) ちゃんと黒いいい土になりましたよ!

雑感留意点など

@〜Bの堆肥で、500kgの堆肥が出来るので、不足分は市販の牛糞・馬糞堆肥を畑に
散布する前に自家製堆肥と混ぜておき、さらに油粕20kg、又は配合肥料20kg、鶏糞20kg
と均等に混ぜたものを畑に散布し、1週間〜10日程寝かせてから種や苗を植えました。
(これは、あくまで我が家の畑の状況に対しての割合です)

石灰と一緒に散布しないこと。石灰を散布して1週間程置いてから堆肥を散布した方が
いいようである。石灰は散布したらすぐ畑に漉きこんでおかないと、土が固まる事がある
ように思う。

最初のコンポスター堆肥を切返した時、水分が多く悪臭がしましたので、その部分を
取り出し、乾燥した土を混ぜ2日程天日干してから一握りの米糠をまぶし、再度
コンポスターに戻したところ悪臭は消えました。したがって生ゴミの天日干しは重要です。

去年はペットボトルでも作ってみた。冬の間北向きの出窓において保存。嫌な臭いも
つかず、ちゃんと土になったのは驚いた。しかし、量が少ないと作るのも面倒なので、
今年は中止し、上の3つの方法で堆肥作りに励んでいます!(2011年11月一部修正)

                   

この堆肥作りを始めてから、生ゴミの量がぐんと減った事は嬉しい限りである。土から
得たものを土に返し、その土からまた新しい野菜を作る。スローライフとは、このように
自然のサイクルで生きる事かなと、密かに満足しているこの頃です。
                      

  

捨てるものはなし!雑草も落葉も大事な堆肥の材料です!


HOME  自給自足2010年 自然と暮らし

 姉妹サイト: シニアのハッピー探し〜アジアン市場