HOME 2009年春 6月 7月 9月 菜園の終わり
自然と暮らし

八月の菜園


八月に入ると、去年のこぼれ種から芽を出したひまわりが咲き出した!

今年は、ジャガイモに異変!畑のご近所さんたちから「ジャガイモが伝染病にかかった!」と聞かされた。

我が家のジャガイモも葉が枯れるのが早い。今年は長雨で、晴れた日が少なかったのが原因らしい。

それでも我が家のジャガイモは、

葉が枯れたけど、茎はしっかりしたのが多い。

でも、このまま雨が続くとうちもあぶないなぁ〜と
夫がつぶやく。

いつもは、お盆の少し前に採るのだけど、
思いきって掘ろうということになった。

(8月2日)
ジャガイモを傷つけないように、
手掘りで次々芋を掘り出す。

粒は中ぐらいだけど、前年より収穫量は多い。

余分な芽は、摘んでいたので(芽欠き)、
小さな芋は少なく、粒は揃っていた。
男爵(茹でてバーターを付けて食べるのが美味しい) メークイン(煮崩れしないので煮物に最適)

以前はいろんな珍しい種類のジャガイモを植えてみたけど、最近は食べて美味しいこの2つに落ち着いた。

親戚やご近所にも配り、来年の春になる少し前ぐらいまで食べれそうな量を収穫。(2月頃から芽が出る)


◎青南蛮が採れだしたので三升漬けを漬けたいけれど…

南蛮・麹・醤油ほぼ同量に酒&みりんを加えて
冷暗所に保存、3週間ほどで食べれます

前年度の残っていたら、少し混ぜたら、さらにこくがでます

残念ながら、三升漬けを漬けるほど南蛮は採れないので、なるべく農家から直接入荷した南蛮を探しに自転車で走る!

  

いつも苗を買うスーパーにあった!\(=^・^=)/



採れたナスを使って念願の野菜おやきを作りました♪
今年は、京ナス・長ナス・ミズナスの苗を買ってみた

しかし、ナスはあまり出来が良くなかった。

1個…2個とぽつり、ぽつり採れるのでほとんど
糠床へ入れて、糠漬けで楽しむ


テレビの番組をみていたら、ナスの葉を処理することで
実のなり方が随分と違うと言っていたが、
一瞬の間だったので、その葉の処理方法が不明

来年の宿題としてアンテナを張り巡らそうと思う

材料
A
薄力粉:100g 強力粉
100g ベーキングパウダー小さじ1
砂糖:大さじ3
 
水:120ml  ナス:250gサラダ油:適宜  味噌:30g
砂糖・酒:各大さじ1  *七味唐辛子:少々

@ボールにAの薄力粉と強力粉・ベーキングパウダー、砂糖を入れ混ぜる。水を少しずつ入れ、箸で混ぜ合わせ、耳たぶくらいの
固さにする。

A@をビニールの袋に入れ、1時間ほど寝かせる。
Bヘタを取ったナスを縦半分に切り、さらに薄切りにする。フライパンにサラダ油を入れ、ナスを炒める。しんなりしてきたら味噌、
酒、好みで七味唐辛子で味付けし、冷ましておく。冷めたら8等分する。
CAを8等分にする。皮を伸ばし、Bの具を入れて丸める。それを少し平らにする。フライパンにサラダ油を入れ、おやきの両面に
焼き色がつくまで焼く。湯気の十分立った蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。(北海道新聞・情報誌オントナを参照しました)

 

今年は、ササゲが豊作だった!

行くたびに、バケツいっぱいのササゲ\(^o^)/

さっと茹でてせっせと冷凍保存した。

おかずの一品がたりないなぁ〜と思うとき、
揚げなどと炒め煮して重宝している。

春に230本の苗を植えた玉ねぎ…・・・
収穫できたのは98個と半分以下。

化成肥料をいっさいやっていないので、
成長が遅くやきもきしたけれど、

下旬になると玉が土を押し上げて顔を見せた!\(^o^)/

前年度より玉は小ぶりが多い。

どこの畑も今年は玉ねぎが良くないと聞いたので、
気候のせいか?と何となく安堵する。
8月の下旬になると、とうきびが穂を出してきた!

そろそろ収穫かなぁ〜と行くたびに覗き込むが

「まだまだ!」と夫は言う。
うっかりしてたら野沢菜がどんどん伸びていた!

葉っぱは虫食いでボロボロ。

仕方ないので、綺麗なところだけを残して
さっと茹でて、細かく切って冷凍保存。

味噌汁の実にさっと入れるだけなので
たいへん便利です。


山椒の木

HOME 2009年春 6月 7月 9月 菜園の終わり
自然と暮らし

姉妹サイト:シニアのハッピー探し〜アジアン市場