HOME  6月 7月 8月 9月 菜園の終わり
自然と暮らし 
 2010年

自給自足を目指して

そろそろ4月が近づいてくると、畑の様子が気になってソワソワと落ち着かなくなって来ます
3月の下旬の暖かな日、「雪はもう融けただろうか?」と畑の様子を見に行くことにしました。

 

まだ畑には雪がたくさん残っていて、去年植えたチューリップが雪の中から顔出していたのには感激です!

夫は自分で作った堆肥がいい香りの土になっていたのに感動!2年目の畑の様子に夫婦で大感激でした。


ふかふかの黒土が出来ました!


我が家の堆肥作り

家庭から出る野菜や果物のくず中心で、魚や肉は入れないが、卵の殻は入れる。
俗に言う生ゴミです。これらを細かくハサミで刻んである量になるまで容器に保存。
うちでは100ショップで買ったプラスチックの容器に入れて、バックなどを買ったとき
包んでいる薄い網のような白い袋をかぶせて、虫が寄りつかないようにしています。
*また、その中には乾燥させた落ち葉を必ず混ぜておく(2センチくらい)

≪さらに詳しく我が家の堆肥作り



このペットボトルの堆肥の作り方は、生ゴミと腐葉土を混ぜ合わせて、
ぎゅうぎゅう詰めにしたものを室内で半年ほど寝かせておきます。


4月に入ると雪もすっかり溶け、青々したにんにくやアサヅキが元気な顔を見せていたのに感動です!

市民農園では、10月末に畑を返し、冬超えする野菜が植えれなかったので、本当に嬉しいもの。

 

チューリップも元気でした!葉の間を覗くとちいさな蕾がしっかりと付いていました。

  

近所の方がトラクターで畑を耕してくれました。

やはり機械は早いです!あっという間にふかふかの畑になりました!


 

芽だししたツタンカーメンのえんどう豆を一番に移植しました。何となく嬉しそう!

HOME  6月の菜園 7月 8月 9月 菜園の終わり
自然と暮らし 


姉妹サイト:シニアのハッピー探し〜アジアン市場