HOME 2009年春 7月 8月9月 菜園の終わり
自然と暮らし 

自給自足を目指して

自給自足を目指すと言っても、種や苗、肥料は買っているので、完全な自給自足とは言えないが、
夏の間の野菜だけは自分たちで作る喜びは大きいものです。→堆肥は手作りしています。

 4月はまだ肌寒い日が多いけれど、5月の連休の頃になると、木々も青々した若葉をつけ始めます!

この頃になって、やっと北海道では、いろいろな野菜の種を蒔くことができるようになるのです。

  
5月初めに植えたスナップえんどうと水菜

 
去年植えた三つ葉が元気に育っていて、3年苗を植えたアスパラもちゃんと顔出していました!もちろん食べたよ!(5月)

こうした越冬野菜を育てるのが前からの念願だったので、嬉しくて何度も眺めていたものです。

 
山椒の木は、雪の重みでかなり折れてしまう。枯れてしまったと諦めていたが、5月の半ばに芽が出てきた。

  
去年、友達から貰った小さなラズベリーの木が5月に花をつけて、6月の末には実がついていたのには、感動です!

畑の周りには、ヨモギ、竹の子、蕨などの山菜も豊富です!蕨は6月の末まで採れました!
ヨモギは、柔らかいうちに茹でて冷凍保存、自家製の小豆で餡を作りヨモギ餅を作りました。

これも全部は食べ切れないので、冷凍しておいて、食べたい時早めに出しておくと、
丁度良い柔らかさになっています。もちろんお餅は、餅つき機で作りました。(=^・^=)」


ツタンカーメンのえんどう豆

1922年エジプトの王家の谷のツタンカーメンのお墓の副葬品の中からえんどう豆が発見されました。
ツタンカーメンは、3000年以上前に18歳で亡くなったエジプトの王でした。その豆を植えたら芽が出た
というニュースを聞いて、その生命力の強さに世界中で驚いたものです。普通の市販されている種で
も保存状態がよければ2〜3年は大丈夫ですが、はるかその常識を超えています。

このツタンカーメンのえんどう豆が日本でも栽培されているのを知って、植えてみたいとずーと思って
いました。去年、京都にお住まいのネットのお友達が植えていることを知って、種をお願いしたところ
気持ちよく受けて下さって、手に入ったのです。感謝です!ありがとう。\(=^・^=)/


ツタンカーメンのえんどう豆 普通のえんどう豆ピンクもあり
  

   

エジプトはもとより、京都も暖かい。
北海道でも大丈夫か不安だったので、
室内で芽だしする。(4月初め)

ひょろっとして、あまり大きくはならない。
4月下旬畑に移植。

何となくのびのびして嬉しそうに感じる。
5月、あまり大きくならずやきもきするが、
6月中旬に入ると花が咲き出した。

双子のように花が2個づつ並んでいる。

先日行ったら、チョコレート色した
小さなサヤが2〜3個付いていた。


6月に入ると、水菜や小松菜・大根菜等いろいろな葉もの野菜が食べられるようになります!

  
はっか大根は、糠漬けに!春菊はあくが強い味が嫌われるが、春先のはお浸しにしても柔らかで美味しい!


苺は、畑に行ったときのデザートに食べている。お隣から頂いたアスパラ菜は、もう花が咲いてしまった!

HOME 2009年春 7月 8月9月 菜園の終わり
自然と暮らし 

 姉妹サイト:シニアのハッピー探し〜アジアン市場