HOME 自然と暮らし2008年
≪広い土地が欲しい ≪整地へ ≪わたしたちの農園 ≪7月 ≪8月 ≪9月 ≪秋へ

いよいよ畑がスタート…

整地が終わったので、いよいよ野菜作りです。青空の下で白樺の木がさわさわ音を立てています。

5月に入ると、毎年市民農園では連休ごろに野菜の種を撒いていたので、焦る気持ちと戦いながら、
木や笹竹の根っこをふるいで取り除く作業に没頭していました。この頃が途方もなく長く感じた日々。

連作障害が起きないように、土地を6等分して、毎年植えるものをずらして植えることにしました。

とりあえず葉もの野菜を植える場所の根っこを取り除く事が出来たので、からし菜・はつか大根・
小松菜・大根菜・白カブ・みず菜・大根・辛味大根などの種を撒き終わったときは、ホッとしました。

畑の周りは、実がなる木を植えたかったので、
鉢植えで育てていたブルベーリーを移植する。

ちゃんと育つかな〜ちょっと心配です。

土の中から出てくる木の切れ端の始末に困り
木の周りに置いて土を乾燥させないように
した。

チップの代わりになるかな〜と素人考えです。

1本では受粉しないので、隣り合わせに2本
植える。



山椒の木も植えたくて、あちこち探したけど売っていない。

でも、ある日いつもと違う道を歩いていたら、大型スーパーで園芸市を
していたのを見かける。

いったん通り過ぎたのだけど、ひらめくものがあり引き返す。

あった!小さな山椒の木がありました。

山椒は、直射日光を嫌うというので、お隣の大きな木の下に
植えました。
近くの公園で桜の種を拾い芽だしした桜の苗も植えてみました。

さくらんぼの木も1本だけ植えたのですが、「1本ではダメ」という人や
「1本でも実がなった」という人、「近くに桜の木があれば大丈夫」と
いろんな話を聞かされます。

それで、私が育てた桜の苗を植えてみたのです。

「桜の木は大きくなるからダメだ」と実家の父に言われたのですが、
このまま順調に育つかどうかもわからない桜の木。

少し様子をみようと思っています。



畑仕事に飽きたら周辺を散策です!5月の新緑が爽やかで、鶯の鳴き声が聞こえてきます。
それだけでも癒し効果がたっぷりで、自然の中で過ごす時間がとても幸せに感じる一瞬です。

スミレが咲いていました 隣の土地にある桜 周囲は白樺林


去年のあまった種を撒いたので心配だったけど、2週間後ちゃんと芽が出てきたのには感動しました!

≪広い土地が欲しい ≪整地へ ≪わたしたちの農園 ≪7月の畑 ≪8月の畑 ≪9月 ≪秋へ


自然と暮らし2008年 

 みずきのホームページ シニアのハッピー探し〜アジアン市場