HOME 自然と暮らし2008年 
≪広い畑が欲しい ≪整地へ ≪いよいよスタート ≪私たちの農園 ≪7月 ≪9月 ≪秋へ

8月の農園

いよいよ8月に入ると、トマト・キュウリ・ナス・ピーマンなどの苗ものが収穫できます。トマトもこのとおり真っ赤です

ミニトマトは、畑でつまんで食べています。皮が厚く、子供の頃食べたほうずきのような味がして、懐かしい昔の味です。

これは、長なすです!成長が遅いと心配してたのに
8月に入ると、どんどん実をつけ始めました。

素揚げして冷奴に添えて食べるのが好きです。

いつの間にかピーマンがたくさんなっていました。

もぎたてのピーマンを使ってチンジャロースー風に!

千切りにしたピーマンと豚肉を炒め、豆板醤とお醤油、
お酒とみりんで味付けしました。

採りたての野菜はやはり美味しい!

手抜き料理でも、美味しいと喜んでくれるのが
採り立て野菜のいいところ。


本体を採ったあとのブロッコリーの脇芽が
どんどん大きくなっていました。

今までは腐ったり、虫が大量についていたりで
殆ど収穫する事がなかったのに、
ちゃんと育っているので収穫が楽しみと思っていた。

でも、ちょっと油断していたら、全体が黄色くなって
枯れたようになってしまった。

市民農園では失敗した事がないセロリ。

でも、どうもこの土地に合わないのか背が伸びないし、
枝の部分もいつまでも細い。

行くたびに代わり映えしないセロリに
ガッカリしている。



そのほかの野菜もげんきです!写真をクリックすると大きくなります


ゴムマリ位のスイカ

カボチャ4個目

やっと穂が〜とうきび

枝豆


野沢菜の漬物
9月頃収穫出来たらお漬物にいいかな〜?と植えた野沢菜だけど、あまりにも速く成長しすぎる。

しょうがないので、早めに収穫して漬物にしようと殆ど抜いてしまったけど、うんざりするような量、
今までは若い柔らかいうちに少量ずつ作っていたのですが、その間もなかったほどの急成長でした。
(野菜撮影8月13日)



野沢菜は、ざっと水で洗ったあとお湯で洗い、塩を振り重石をかけて1〜2日後水があがるのを待つ。
水があがったら、塩抜きして「醤油・酒・みりん・味の素・南蛮」を煮立てた汁に漬け込む。容器に移し
替えて冷蔵庫で保存。市民農園で知り合った畑仲間に教えてもらったのを私風にアレンジしたもの。

細かくみじん切りにしてそのままご飯や、納豆に混ぜたり、チャーハンに混ぜたりして食べています。



お盆が近くなると気になるのがジャガイモ。ジャガイモの葉が枯れて枝が倒れてしまったらお芋の収穫時期です。

今年は、私の母の初盆と、雨の日が続いたのでジャガイモ掘りの時期が遅れたけれどお盆の翌日に決行です!



男爵とメークインを植えていて、これはメークインです。


3列(男爵1列・メークイン2列)植えて、これだけ収穫♪
これだけ腐っていたジャガイモ!

毎日新聞によると、今年農家ではジャガイモの出来があまり良くなく、小粒だという事だが、我が家のジャガイモは
中程度でちょうど良いと喜んでいる。素人の作る芋は、大きいと中が空洞になっていて見掛け倒しな芋が多い。




畑のそばにある山葡萄の葉っぱになにやら虫が〜


この虫、野菜の葉っぱをむしゃむしゃと食べて、みるみるうちに葉に大きくな穴を開けていく。

捕まえようとすると、芋虫のように葉にしがみついてなかなか捕らえる事が難しい。

「やさい畑 2008年秋号」を見ていたら、≪ハスモンヨトウ≫の写真が出ていたが、よく似ている。
ハスモンヨトウは、およそどんな植物でも食べて、得にアブラナ科の野菜が好きなようです。

さらにネットでも調べてみたのだが、調べるとハスモンヨトウか、ヨトウ虫なのか芋虫なのか…
判定が難しい。

特徴としては、葉っぱの裏に留まっていて、野菜の葉っぱを端から穴を開けて食べていく。



去年植えたマーゴールドや赤いコスモスから採った種を蒔いたら、最近になって見事な花を咲かせます!
ひまわりは、背の低い種類の種を買ったのですが成長が遅く心配、8月の中旬にやっと花をつけました。


マリーゴールド

赤いコスモス

赤いコスモス

ミニひまわり

赤とんぼ

ホウセンカ

ホウセンカ

収穫

≪広い土地が欲しい ≪整地へ ≪いよいよスタート ≪わたしたちの農園 ≪7月 ≪9月 ≪秋へ


自然と暮らし2008年

 みずきのホームページ シニアのハッピー探し〜アジアン市場