HOME 自然と暮らし2008年 
≪広い畑が欲しい ≪整地へ ≪いよいよスタート ≪私たちの農園 ≪8月 ≪9月 ≪秋へ

7月の農園

2〜3日雨模様の日が続いていたのと用事があり、しばらく振りに畑に行くとスナックエンドウがたくさん実をつけていました。
スナックエンドウは初めて植えたのですが、普通の絹さやも何となく成長が遅いと心配していただけに、嬉しい誤算です!

スナックエンドウは、1970年代にアメリカから導入された甘みの強いエンドウ豆で、グリーンピースをサヤごと
食べられるようにしたものです。甘みとシャキシャキ感があるので、塩茹でしてそのまま食べるのが美味しいと
聞いたのですが、以前スーパーで買ったものより甘みが少ない。それで炒め物に使ったら美味しかったですよ。

塩茹でしてシンプルに食べる
のが美味しいと聞いたのです
が、私の作品は甘みが足り
なかった!(ーー;)

お好みでマヨネーズで和えて
もいいかも。

ビールのおつまみにいいよ♪

保存方法は、硬めに茹でて
冷凍するといいと思います。
残念ながら、スパーで買って食べた方が甘くて美味しかった!
う〜ん、土が悪いのか?気候かな〜?( ..)φ



塩茹でしたスナップえんどうとイカの炒め物(めんつゆと少量の豆板醤で味付け)


■ゆっくり味わう暇もない大根                     7月に入ると急に大きくなりました

大根とイカの煮物に茹でた葉っぱも入れて…

自分達で野菜を作っていて一番困るのは、ほとんどの野菜の収穫時が同じ頃というこです。頭を悩まします。

今日は大根が欲しい、明日は蕪を使おうという選択肢がなくて、お天気がいいと同時にすぐ大きくなってしまう。

うかうかしていると大きくなりすぎて、トウたちし、花芽が顔出すアブラナ科の野菜たちは、食べるのが忙しい。


2回食べただけで花が咲いてしまったからし菜の花。

花も食べられるらしいけど、観賞用として畑に残してある。畑仕事の合間に眺めるのもまた楽しみのひとつ。

■野菜の花とハーブたち                       いろんなハーブも植えています

虫除けやポプリにしたくて幾種類か植えています!もちろんハーブティーや料理にも使うつもりです♪
パセリは、サラダに入れてむしゃむしゃ食べています。ナスタチウムの花も生で食べれるそうですが、
まだ経験はありません。また若い果実は、味見をしたらぴりりとした味。わさびとして利用できるそう。


パセリ

パイナップルミント

レモンバーム

セージ

キャットニップ

シルバータイム

ナスタチウム

オルガノ

ジャガイモ

ナスタチウム

絹さや

絹さや

畑に行く度に、植えている花やハーブにも花が咲いてるいるのを見ると幸せな気持ちになります。
最近は、旅行も行けなくなったけど、畑に行ってボケーツと野菜や花たちを眺めていると癒される。

一番嬉しい事は、去年市民農園で植えた花の種を採り、春こちらの畑に種を撒いたら、ちゃんと芽が出たことです。



沢山芽が出たマリーゴールド

マリーゴールドは、地中の線虫を防除する成分が根から分泌されるので、
大根畑などに植えるといいと聞いたので、畑のあちこちに移植しました。



ジャガイモは種類によって咲く花も違います!前にはいろいろ植えたのですが今は男爵とメークインだけ植えています。

素朴な男爵いもの花 華やかなメークインの花
ジャガイモの原産地は、南米のペルーとボリビアに近いアンデス山麓。古代インカ帝国の貴重な食料でした。
16世紀、スペイン人のフランシスコ・ピサロが黄金を求めてインカ帝国を侵略したさいにジャガイモを発見し、
ヨーロッパへ伝わったものの、なかなか食べ物として浸透しなかったそうです。いろいろな経緯があり、ドイツ
へも伝わっていたが有毒説によって普及していなかった。それが17世紀に入り、戦争で田畑が荒らされて、
食料飢饉が毎年のように起こっていたため当時の王・フリードリッヒ大王は、このジャガイモに目をつけた。
ジャガイモは生育期間が短く、太陽の光をあまり必要としない性質だからと栽培を奨励したのです。

やがてジャガイモは作物として庶民の間に広く浸透し、ドイツ軍の捕虜を経験したフランス軍の薬剤師が
ジャガイモを食べて生きながらえた経験をフランスに伝え広めたとされる。
フランスではこのジャガイモの花がルイ16世の王妃マリー・アントワネットにも紹介され、王妃マリーの好きな
花として有名です。当時の貴婦人たちの間では、競って可憐な花を髪や胸元に飾るのが流行し、栽培も普及
していったそうです。

日本へは、慶長年間(1596〜1615年)に、オランダ人によってジャワ島のジャがトラ港からやって来た船で
長崎県の平戸に持ち込まれました。当時は花を観賞するだけの植物だったが、明治になって北海道開拓使
によってアメリカ、ドイツ、イギリスから優良品種が導入され、北海道の涼しい気候、風土が栽培に適していた
ため大々的に普及されるようになった。


男爵いもは、明治時代に川田男爵とういう人がイギリスから導入したことが「男爵いも」の名前の由来で、
メークインは、イギリスから1917年ころ北海道に導入した細長く黄色いいもです。

ペルー・アンデス山脈一帯には、今も野生種のジャガイモが156
種類見つかっているそうです。

季刊「やさい畑2003年春号」を参照しました。

≪広い土地が欲しい ≪整地へ ≪いよいよスタート ≪わたしたちの農園 ≪8月 ≪9月 ≪秋へ


自然と暮らし2008年

 みずきのホームページ シニアのハッピー探し〜アジアン市場