HOME 自然と暮らし2008年 自給自足を目指して2009 
≪整地へ ≪いよいよスタート ≪わたしたちの農園 ≪7月 ≪8月 ≪9月 ≪秋

自給自足に憧れて

2001年から15坪の市民農園を借りて、無農薬野菜作りを始めて、いつしか6年も経ちました。
始めは色々な野菜を作る事だけに満足していたのですが、だんだんと広い畑が欲しいという
思いが頭の隅に浮かぶようになってきました。でも、畑にする土地を買う余裕などなかった。

ある日、夫は父親が持っている約60坪ほどの笹薮を思い出し、借りようか?と言い出しました。


自分達で、木を倒し、笹薮を刈り取るのは至難の業ではないのですが、、好奇心が頭をもたげました。

夫が父親に畑として借りる事を交渉するといいます。自分達で整地するならと、すんなりOKが出ました。

先ず、父の持っている土地がはっきりわからないので、市役所や法務省に足を運びました。
詳しい土地番号を頼りに探すと、今まで父親の土地と思っていたのがどうも違うようです。

周りで畑をしている人達にお世話になりながら、やっと場所がわかった時は感激で一杯でした!
そこは、30年以上も手を入れていない、白樺やとど松が30本程うっそうと茂っている笹薮でした。

自分達で整地すると言っても、大きな大木に育っている白樺やトドマツは手に負えません。
お隣で畑をしている方は、ユンボをリースし、友人の手も借り、自分達で整地したと言います。

業者に頼むとかなりの金額、そんな大金をかけてまでも広い畑でするかどうか悩みました。

でも、何度もその土地へ足を運んでいる内に、畑をしたい気持ちが強く高まってくるのです。


そんなある日、近くの工場で仕事をしている人と出会い、立ち話をしていたら、
親戚に安く整地してくれる業者がいるから聞いてあげるといいます。

あまり期待してたかったのですが、すぐその日の夕方電話がありました!


来月の暇な時期でよければ…と私達の予想よりかなり安い金額で整地してくれると言う。
夫と十分話し合い、整地してもらい来年からそこで野菜作りをしようと決心しました。

しかし、翌月も次の月も整地する日の連絡が入ってこず、雪が降り出し冬が到来。
とうとう2008年の春を迎えても整地の連絡は来ず、私達は半分あきらめかけていました。

4月に入って、暖かな日、フキノトウを採りがてら土地を見に行こうと夫が言い出しました。

  

フキノトウがぽつんぽつんと咲いている土地を見ると、やはりここで野菜作りがしたい!

去年は中国製の餃子事件があり、盛んに残留農薬の不安が取りざたされている。
自分達の食べる野菜は、自分達で無農薬・有機栽培で作りたい!と強く思いました!

不思議な事に、その日帰ってから、「整地の日が決まったよ!」と電話がありました!

≪整地へ ≪いよいよスタート ≪わたしたちの農園 ≪7月 ≪8月の畑 ≪9月 ≪秋

自然と暮らし2008年 

 みずきのホームページ シニアのハッピー探し〜アジアン市場