HOME  出会いの不思議

Profile
 
「みずきのホームペーージ」から「みずきばーちゃん奮闘記」に変更しました。
  
 住まい
北海道・自然と緑がいっぱいの札幌市
 家族
夫・娘2人・孫3人(男の子)
 趣味
読書(推理小説・エッセイ・古代史関係の歴史物が好き)
映画(殆ど早朝にDVDで旧作を見ています) 

小鳥のさえずりを聞きながらの野菜作りとガーデニング

細々と続くパッチワーク・最近始めたアイヌ文様刺繍

デジカメで自然と山野草の写真を撮ること

 好きな食べ物
和食・お鮨・蕎麦・めったに食べれないけど懐石料理、
ピザ、パスタ料理、オープン料理は食べるのも作るのも好き

 血液型  
几帳面のA型だけど、あまり几帳面でなくガサツ。(-"-)


  

ハンドルネーム「みずき」

みずきとは、昔習った万葉集から〜みずみずしい木「瑞樹]という意味で、いくつになっても
「みずみずしい心・柔らかな心」を持ち続けたいという願いを込めてハンドルネームにしました。




   



*出会いの不思議* 

パソコンを覚え、インターネットの世界にはまって、もう12〜3年の歳月が流れました。

当時、年に6冊発行されていた「いきいき」という雑誌でHPの紹介が載っていました。
ハンドルネーム:ももさんこと精神科医の小林絢子さんのサイトでした。

初めてインターネットに繋いでホームページを見てみようと思ったのが、この小林先生の
サイトでした。それは、お医者さんのサイトなら安全かな?という単純な動機でした。

恐る恐るHPアドレスを入れて、アクセス。掲示板がありました。ちょこっと書き込みした
ら、すぐ返事が書いてありました。もうびっくりするやら、うれしいやら。

インターネットってすごい、とあんなに興奮した事はなかったと思います。

絢子先生やそこで出会った人たちとの交流に刺激されて、私もホームページを立ち上げ
たい気持ちにつき動かれました。

2000年の5月、500円で売っていた「ワードで作るホームページ」を手本に、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで幼いサイトをアップロードしたものです。

そもそもインターネットを始めようと思ったのは、この「いきいき」に連載されていた50代の
方の書いた「パソコン奮闘記」を読んだからです。

当時の私より少し年上の方が、パソコンを自分で配線してインターネットを始めたくだり
を書いた記事だったのですが、妙にひかれて何度も何度も読み返しました。

そのころ私は、主人から「パソコンしたら?」と言われていたけど、パソコンは若い人の
ものと頑なに思い込んでいました。検索などは、パート先で行ってはいたのですが。

電話の配線口に安い装置を取り付けるだけでインターネットが始められる?

「そうだ!うちにもノートパソコンがある」とすっかり興奮してしまい、近くの大型家電店に
自転車を走らせたものでした。

今のように家庭に一般的にインターネットが入る少し前の事でした。

最近、ある出会いから、私がホームページを11年も続けて来た、と言う事はすごいこと、
と自分自身で感動することがありました。

辞めたい、いや辞めたくないと迷いながらも11年も続けてこれた。飽きっぽくて途中で
いやになると、すぐ投げだすクセのある私には、奇跡のようなことでした。

今あるのは、絢子先生やたくさんのネット仲間とのいろんな出会いがあったからと、
出会いの不思議さに驚き、そして有難い気持ちでいっぱいです。

 


  その小林絢子先生のフォトエッセイが発売されていますので、是非紹介したいです!

何気ない言葉と自然体の写真は、肩を抱きしめてくれるような優しさに溢れています。

元気なときも、心寂しいときも、生きているだけで、自分はしあわせなんだ〜と、ページ
をめくるごとに心があったまるような思いを抱きながら読みました!

  
フォトエッセイ「くもりのちしあわせ」は↑【amazon.co.jpで買う】から購入できます!
「いきいき」にも紹介されています!詳細は:くもり のち しあわせ
 
 みずきばーちゃん奮闘記 シニアのハッピー探し〜アジアン市場



 
管理人へメールはこちら