HOME サイトメニュー

 ルーツ探し 母方のルーツを調べていたら、意外なことがわかって~びっくりしました! 

私は、子供の頃から父親にご先祖様の話をいやと言うほど聞かされていたから、家系というものには少しは関心は持っていたが、母があまり話題にしなかったせいか、母方の家系のことは殆ど知らずに育った。

父が亡くなったあとで、弟たちと話していたら、趣味で家系研究していた父と母方の従妹が情報を交換しながら母方の家系を調べていていたと聞かされた。

急に興味が湧いてきて、従妹にメールでいろいろ聞いてみたら、山鼻にある記念館に「ひい、ひいじーちゃんが写っている写真があるよ!」と言う。

母方のご先祖様のことが知りたくなって、従妹を誘ってルーツ探しに行って来ました。(^_-)/
 
 

山鼻公園に建っている記念碑(4代前の名前が刻まれている)

正確に言うと、私の母の母親(私の祖母)の親のまた親(弘前藩士)の代のことで、明治4年弘前藩廃止となり、ちょん髷を切り、帯刀も禁止になった4代前のこと。

生活困難となった4代前は、明治9年5月北海道開拓団に加入し、5人の子供を連れて青森ー銭函に上陸した屯田兵だった、ということを父の死後遺品を整理していて、初めて知った。

屯田兵とは、普段は軍事訓練をしながら土地を開墾する兵役を伴った開拓者だったようだ。

4代前の4女とやはり屯田兵として入植していた人の弟とが結婚し、これが3代前となって、明治27年二女として私の祖母が生まれている。

すすきのから市電に乗って5つ目の行啓通で下車し、10分ほど歩くと山鼻屯田記念館がある。 

 
山鼻屯田記念館


1階が洋菓子&ピザのお店「ラ・ヴェリテ」になっていて、ここで従妹と落ち合い、ランチをとってから2階にある山鼻屯田資料室へ行こうと予定していた。 
 


先ずシェフのお勧め・気まぐれピザとマルガリータ、珈琲を注文して、近況報告などしながら、やはり話の中心はご先祖様のこと。 

私は、父が道内のあちこちを転勤して歩いていたので、小学生以降は親戚とあまり頻繁に会うことなく育ってきたので、母方の親戚や先祖の話は今まで知らずにいたことが多く、積極的に聞いてもこなかった。

私の父方の家系をたどると、嘘か誠か神話の世界に繫がる話を聞かされて育ったので、どちらかというと古代史に興味があって、そちらの方への関心が高かったせいもあるかもしれない。

母方の祖父母は、私が子供の頃は日高地方で酪農を営んでいたので、深く考えもしないで東北地方
から移住してきた農家だろうと思っていたから、屯田兵と聞いて意外な思いだった。

屯田兵のことは、事前にネットで調べて来ていたので、ある程度の知識があった。

いろいろ話をしながら、私が何気なく「資料を見ると、屯田兵の中でも山鼻はどちらかと言うと恵まれているよね。この間見た映画の北の零年は、屯田兵ではないけど待遇が悲惨だったもの」と言うと、

母の父親(私の祖父)の方の家系をたどると淡路島が出身で、映画「北の零年」の舞台となった稲田騒動の処分として静内に入植させられた稲田家の家臣らしいよ、とさらに従妹が言う。

一瞬、映画「北の零年」の桜が満開のシーンと、ちょん髷を結ったお侍が過酷な運命に嘆く様子が頭の中に蘇える。

思いもかけないことを聞かされて頭はすっかり混乱し、そのとき話したことはあまり記憶に残っていない。

 
  

ランチも終わり、山鼻に屯田兵として入植してきた人々の生活道具などが展示されている資料館に先ず行ってみることにした。この時、まだ頭は興奮状態でした。


 

壁に貼られた写真には名簿がついていたので、真っ先に「ひい、ひいじーちゃん」の顔を探す。

何となく祖母の面影を感じ、私の顔の造作の類似点にも気がつく。やっぱりご先祖様だと思った!
  

この資料館は、行啓通に面していて、山鼻小学校や山鼻公園が道を挟んであります。

行啓通というのは、1911年当時の皇太子(大正天皇)札幌行啓にちなんで命名されたものです。

資料館を出て、向かい側にある紅葉が真っ只中の山鼻公園に行ってみました。
 

 
公園の中にこんなパネルがありました。

「お声掛けの柏樹」というのは、明治天皇がお声をかけたという樹ですが、どこにあるのかな?と周りをキョロキョロ見渡したのですが、見当たりません。

後でネットで調べたら、今では枯れてしまってないそうです。そういえば資料館に柏樹の大きな切り株がありました。

 

これが、明治天皇がお声をかけた柏樹のようです。


    

公園の中には大きな樹が茂っていて、原始林だった開墾時代の名残を感じさせられました。

当時、この辺はアイヌ語で「ユクニクリ(鹿の住む林)」と呼ばれた一帯で、南西部にそびえる藻岩山(山)の端(はな)という意味で、端(はな)を鼻(はな)という字を当てて山鼻と名付けられたそうです。

ひい、ひいじーちゃんもこの辺を開墾したのかな~?と思うと、何やら親しみを覚えるから不思議です。

 

  
右側の小さな画像をクリックすると碑の内容を見ることが出来ます。
 

公園内には、明治27年に建立された「山鼻兵村開設碑」が建っています。碑の後ろには屯田兵の名前が刻まれていて、祖母の母方の祖父の名前と父方の叔父になる人の名前がありました。(4代前)


 


北海道に住んでいる人々の先祖をたどれば、明治以降に開拓者として移住してきた人が大半だろうし、
今の北海道があるのは開拓者の多くの困難と苦労のお蔭だと思う。

しかし、この母方のルーツを調べているうち、初めて淡路の稲田騒動と明治維新後の新政府のあり方を詳しく知ることができ、また北海道の歴史をなぞることとは思いもしなかった。


祖父の母親が稲田家臣の娘で、明治4年5月の第一回目の移住者の家族として静内に渡ったらしい。

移住者名簿の中に長女の母親の名はなかったが、その両親と弟の名前は見つけることができた。

祖父の父親については、明治初年岩手から静内群目名に移住した人と聞いているが、どんな家系の人かはわからない。

稲田家臣団が移住する前は、静内にはアイヌと少数の魚場の関係者しかいなかったそうだ。

ただ、当時静内は砂金掘りが目的で人が入ってきた土地でもあったので、一獲千金を夢見てやってきた若者だったのかもしれない。

祖父の両親は、明治12年に結婚して、5男3女を授かり、母親は末っ子の祖父を産んでから数年で亡くなっている。

祖父の祖父は、静内で一生を終えることなく淡路に戻り、祖父の母の弟(長男)も淡路に戻って若くして亡くなったそうだ。

長男(弟)が亡くなってしまったので、祖父の姉(長女)が自分たちの祖父の養女となって、やがて婿をとり名前をついで淡路で一生を終えている。

しかし、末っ子の祖父は、若くして次々兄たちが亡くなり、母親は祖父が5歳の時、父親は12歳の時に亡くなってしまい、静内での身内いなくなってしまった。

父親の死後、一時姉の住む淡路に身を寄せていたと聞いたが、2年ほどで静内に戻っている。

北海道に住んでいると、あまり祖先を意識しないし、自分の前の代ぐらいしか知らないで育ってきた。

でも、こうして家系をたどってみると明治時代が身近に迫ってきて、ご先祖様がどんなにか多くの苦難を乗り越え、辛苦と共に生きてきたかを知ることができて、身が引き締まる思いだった。

今ではもう遅いが、祖父母が生きていた時に、もっといろいろな話が聞けたら良かったのにと残念に思う。
 

 

山鼻屯田資料館から帰ってきてから、稲田騒動を舞台にした小説「お登勢・船山馨著」と「静かな大地・池澤夏樹著」を図書館から借りてきて何度か読み返した。

主人公や彼らを取り巻く人々の数々のエピソードを読んでいると、祖父母やその親の代も似たような体験をしてきたのだろうと想像できる。

今回いろいろ調べたが、この稲田藩の静内移住が一番悲惨だったように思う。

明治維新後、新政府の方針がくるくる変わり、稲田家の家臣はいわば見捨てられたような立場になりつつあった。

脱落していった人々も多くいたと思うし、病に倒れ無念の思いで亡くなった方々もいただろう。

でも、静内の街が今あるのは、稲田藩の人々が困難に打ち勝った結果だったと思うし、また曽祖父母や祖父母もその中にいたと思うと何やら誇らしい気持ちになった。

今静内の街は、やはり母方の別の従妹が嫁いで住んでいるが、通過しただけで訪れたことはない。

いつか、静内の街や淡路の街に行って、ご先祖様の思いを偲びながらあちこち歩き回ってみたいなぁ~と思っている。


 2013年11月15日
 HOME サイトメニュー