HOME サイトメニュー

 アイヌ工芸 サラニップ編み体験記

去年、半年をかけてアイヌ工芸「サラニップ編み」のバック作りを体験しました。

初めは簡単に考えていたのですが、思うように手が動かず大変なことを始めてしまった、と後悔の連続でしたが、出来上がったバックを見ると、やはり嬉しさがこみあげて来ました。

何事も嫌になると中半端で投げ出してしまうのですが、辛かったことが、とてもいい経験になりました。
 
 


サラニップ編みは、オヒョウ(ニレ科ニレ属)やシナノキの樹皮をはがし、すぐ内皮と外皮もはがし、この内皮を洗ったり・煮たり・乾かしたりと沢山の工程を経てできあがったものを材料として使います。
 
内皮をはがして、糸作りから始まります。
糸をつむぐ(カエカ)~親指と人差し指で左右にねじりながら2本よりの糸を作ります) 

初め、この糸をつむいで100本作ることは、大したことはないと考えていたのですが、いざやってみると単純なので
苦しく辛い作業でした。

一日2~3本つむぐだけで手も腰も痛くなり、単純作業だけに飽きてもきます。

次の講習日まで何日あるか~数えて一日のノルマを設け、まるで内職をしているような日々でした。

最初に木の皮をはぎ、なめして糸にして、かごなどを編むことを考えた人は、偉大だったなぁ~と作業をしながら、しきりに感心したものでした。
 

 


アイヌ刺繍を習うようになって、このサラニップ(サラニㇷ゚とも言うようです)編みを助成金をもらって学べるシステムが
あることを知りました。軽い気持ちで応募してみたら、承認されたので、軽い気持ちで始めました。

でも、助成金をもらって学ぶと言う事は、とても責任が伴うという事なんですよね。

お気楽主婦だった私は、あまり考えず、好奇心で始めてしまいました。

手が思うように動かないので泣きたい気持ちと闘いながら、何度も始めたことを後悔して、それでも歯を食いしばって作業を続けました。こんなに頑張ったのは、初めての経験でした。

出来上がったバックは、網目が不ぞろいです。

でも、細かな作業を通して、作り上げたバックを見ると、頑張れた自分が誇らしくなりました。

嬉しくて嬉しくて、ヽ(^o^)丿と叫びたいような気持ちです。

糸よりしていたら、自分の中に縄文時代のDNAが蘇えってきたような、不思議な感覚も味わいました。

 
 
詳しく知りたい方は: アイヌ振興・研究推進機構
 HOME サイトメニュー