HOME サイトメニュー

刺繍をしたり、ジャムを作ったり〜一昔の暮らし方を考えることが多くなりました! 

冬になると、去年収穫して冷凍保存してあったブルベリー、ラズベリー、ブラックベリーが大量にあるので、
気が向いたとき少しずつ作っています。


 
 
ブルベリー、ラズベリー、ブラックベリーは、一度にたくさん採れないので全部冷凍してしまいます。

本当は別々に冷凍すればいいのですが、面倒なので採れた順に全部同じ容器に保存しています。(-"-)

だから、ジャムはブルーベリー、ラズベリー、ブラックべリーの3種類が混じっています。でも、

ラズベリーだけだとゆるゆるになるのですが、ブルーベリーが入ることでジャムが固まりジャムらしくなります。
 
 
 
全部お鍋に入れて、グラニューム糖もざーつと目分量です。しばらく放置しておくとお砂糖が融けてくるので、
それから火にかけ、こがさないように木べらでまわします。
 
 
 
台所仕事の合間にするので、時々火を消して違うことをしたり、また火を付けて、木べらでかき回す。

 
 

 
煮沸消毒した空き瓶に詰めて、誰にあげようかな〜と考えるのも楽しくて、昔読んだ「赤毛のアン」の手作りの得意なおばぁちゃんの昔風な暮らしが懐かしく感じるようになってきました。

あれほど便利な暮らしに憧れたのに、だんだんと便利さよりも不自由な方が頭を使って無い知恵を絞ろうとするのが人間らしい生き方かもしれないと、最近しきりに思うようになりました。

70歳近くなってになって遅いぞ〜!と言われそうですね。((+_+))

でも、これはやはり自分で野菜を作るようになったことが土台になっています。

スーパーで買ってきた安い野菜は、使いこなせなくて腐らし捨てることには、作っている農家の方には本当に申し訳ないことなんですが、あまり辛さはありませんでした。

でも、自分で野菜を育ててみると、虫食い野菜でも捨てるということは、とても辛いのです。

自分勝手かもしれませんが、自分で育てた野菜を捨てるのが忍びない気持ちが、どうしたらうまく活用できるかな〜?と考え始め漬物をつけるようになり、

漬物を作るようになると、梅干しも漬けてみたい、梅干しを作ってみたら、手作りって案外面倒でないと思うようになっていくのが我ながら不思議です。

誘われても面倒そうだから〜と避けていたお味噌作り、とうとう好奇心にかられ今年トライしました。

 
そして、去年からアイヌ文様刺繍を習うようになって、アイヌ文化の書物やアイヌの人たちを描いた小説を
読むようになりました。

そこでアイヌの人たちの自然に対する考え方を知りました。

自然を支配することではなく、自然から命の糧を分けてもらっている、自然と共存するという考え方に魅かれました。

まだ、アイヌ文様刺繍を初めて1年しかたっていませんが、布にこのシンプルな刺繍をしていると、心が落ちつきます。

昔は大嫌いだった手仕事がだんだん好きになって行くのが自分でも面白い。
 

 
布に刺繍を施していると、ちょっと前までの日本人はこうして、手をかけた暮らしをしていたことに気がつきます。

私たちの親や祖父母の代は、手をかけないと暮らせないし、それが当たり前だったはず。

何だか私たちの世代は、無駄なことをしてきたように思うことが多くなってきました。
 
 


私たちの世代と言うのは、間違っているかもしれませんね。手仕事の暮らし方が好きで当たり前にしてる方もいるのだから。

世の中がどんどん変わっていく中で、年金生活者となって、いろいろ考えることが多くなりました。

若いころより夢見ていた海外旅行は今では誰でも行ける時代になったのに、私はタイミングが悪くて行けずに終わりそうですが、小さな夢はどんどん膨らんでゆきます。

以前は、何かに成功しなければならないと思い込んでいましたが、夢追い途中で一生を終るのがいいのでは?と思うようになってきました。

一日一日を大切にして、小さな幸せを感じる心を育てて、自然と向き合って老いていきたいと、雪に覆われた暮らしをしながらしきりに考えるようになりました。

 
 
草木染もしてみたいと心に温めていたのですが、面倒かな?と言う思いが歯止めをかけていたのですが、
することがない冬の日が続くとしてみたくなりました。
 

 自分で染めた布を使ってアイヌ刺繍をしたくて、玉葱の皮でシーチングを染めてみました。

 
左が染めた布で右が元の布です

野菜作りを始めていなかったら、こんな風に手仕事の暮らしをしてたかな?と最近しみじみと思いますし、
気がつかないだけで土台はできてたのかな?とも思います。

知らず知らず、若い時は反発していた親と同じようなことをしているのですから。
 

80代でまだまだ畑仕事現役のつばたさんご夫婦の本「あしたも、こはるびより。」を時々読んでは元気を
もらっています。
 

 

半分でもつばたさんご夫婦のように暮らせたら、いいなぁ〜とこの冬、特に考えました。
 HOME サイトメニュー