HOME サイトメニュー

 アイヌ刺繍展に行く〜かでる2.7

 ネットでアイヌ刺しゅう展があることを偶然知って、小雪が舞い散る寒い日だったけど、行って来ました!

 

私が習っている教室とは、流れが少し違う、あるサークルの展示会だったのですが、いろいろお話を聞かせて頂いて感激して帰って来ました。

やっぱり美的センスって必要なんだな〜とつくづくセンスのない私はがっくりした反面、先ずは基本をコツコツ学ぼうと決心して帰ってきました…。
 
 
これは、着物から仕立てて刺繍しているそうで、とてもきれいな手仕事に、打ち込んできた年月を感じとることができました。 
 

この作品を作った方は、80代の方だそうです。針を持てるのはあと何年ぐらいかな〜なんて思いながら刺繍していた60代の私は頭をガーンと殴られたようなショックを感じました。

私の周りにいるお年寄りは、私ぐらいの年齢の時はいろいろと活発に行動していたのに、病気になり療養していたり、身体は元気でも趣味などには意欲をなくしたりと、見る影もない方が多い。

だから、自分の80代も何となくそんな風になるだろうと思い込んでいたところがありました。

これは、「自らが求めるような暮らしとしあわせがある」と気がつくことも大事なのかもしれませんね。


 
着物に使っている布は、どんな布地か、丁寧に教えて頂きました。私が習っている教室では、藍染めの布
に刺しゅうを施しているので、どちらかと言うと見た感じはシンプルです。

私は、どちらかと言うとそのシンプルさが気に入っていたのですが、古布や布団地や家にある布を使う、柄物も使うなど、発想も自由にした方が、より楽しいかもしれないなと気がつきました。

でも、それにはセンスがもの言うんですよね〜!やっぱり良い物をいっぱい見て美的センスも磨かなきゃ〜と
思いながら帰途につきましたが〜今は基礎をきちんと学ぼうとちくちくする毎日です。
 

  
こちらは、私の作品≪ポシエット≫2013年12月完成

何年も続けている方々の作品には、同じ文様を刺繍しても動きがあります。そしてステッチには、シャープ
さがあり、まだひよこの私はとても圧倒させられました。

同じ教室で学ぶ仲間の作品も、同じアイヌ文様の刺繍をしてもみな個性があって、同じ作品のようにはならないところが、また楽しいです。

最近、札幌の区民センターの講習会やサークル、全国でもいろいろな所で教室が開かれているようです。
 
アイヌ伝統工芸展のお知らせ(平成26年2月8日〜12日迄) 

場所:札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル
    ▼道庁赤レンガと北大植物園の間にあります
    ▼JR札幌駅徒歩12分 地下鉄さっぽろ駅(10番出口)徒歩7分

時間:9:00〜18:00迄(最終日は12:00迄です)
 

 
雪まつりの頃ですので、是非足を延ばしてご覧ください!


 HOME サイトメニュー