HOME 北国のくらしメモ


 上手な生き方「大きな目標よりも、小さな目標を持った方がいい」~吉沢久子さんの本より

吉沢久子さんの「老けない生き方、暮らし方」を読んでいたら、昔披露宴である作家の方が祝辞として述べられた「大きな目標は持たない方がよい。望みは小さくもつ方がよい。」という言葉に感動したというお話にハッとさせられました。 
 




子育ても終わり、今度は自分の好きなことができると思ったら、母の長い闘病生活や同居する義父母の老いに直面するようになり、何かを始めると誰かが入院するという状態が度重なった。

それで、私は習い事などすっかり止めて、自分のことは後回しにする癖がついてしまった。

4年前に母、翌年に舅、そして去年父が亡くなり、ふと気が付くと、一日の時間がやけに長いと感じるようになっていた。

姑は舅が生きているときは、あすこが悪い、こちらが悪いと言っては病院通いをしていたが、舅が亡くなった途端、どこも悪くないと自慢する人に変わっていた。

初めは気になったが、姑は今のところ一人で何でもするようにしているので、手を出さないようにしている。


一日が長いと感じるようになって、何か新しいことを始めようと考えるようになったが、これがしたい!と飛びつくようなものがないのに私は気が付いた。

長年の友人たちは、すでに自分の好きな世界を見つけて楽しそうに打ち込んでいる。

私は若いころから、あれもこれもと好奇心の向くままいろんなことに手を出したが、気がついてみると殆ど中途半端である。

英語を話せるようになりたいと、50歳を過ぎても学習していた時期もあったが、日本語が通じるいろんな国の宣教師さんたちと触れ合ってみると、使う場がない英語に執着しても時間の無駄だと気が付いた。

それは、宣教師さんは日本語がちゃんと話せるようになって赴任するが、何年か自国に帰ってまた来日したら、日本語をもう一度訓練しないと忘れている話を聞いたのと、日本語がきちんと話せた人が帰国する
ことになった途端、日本語を使おうとしないし、話せなくなったことを目にしたからだ。

英語が好きだから~といろいろ学んできたが、その人と意志の疎通を図りたい!という強い欲求がないと
身につかないことがよくわかった。

だから、もう英語の学習はしないで、もっぱら映画を見ることで英語と触れ続けている。


舅が生きているときはかなわなかったが、ここ2~3年前から庭に花を植えられるようになった。

もちろん意地悪されて庭に花を植えられなかったわけでなく、舅の美意識がそうだったからだが、庭に花を植えていると、人が立ち止り「綺麗ですね!」と声をかけてくれるようになった。

それだけでうれしい。

最近、バラや宿根草を植えるようになって、越冬し、春に新しい蕾がいっぱいついているのを目にする時の喜びは、言葉では表せないほどの感動がある。


吉沢久子さんは、その小さな喜びの積み重ねを大切にすることが上手な老い方だと説いている。

94歳、丸くてふっくらした彼女の姿からは想像できないきっぱりした意見もあるが、この一日一日の暮らし
を大事にして、小さな喜びをたくさん見つけて暮らすことをまず見習おうと思う。

ともすれば、大きな望みを抱いては大した努力もしないで挫折感を抱きがちだった私には、この言葉に救われた思いです。

無農薬野菜作りとガーデニング、好きな映画や読書にアイヌ刺繍が加わって、今春が来るのが待ち遠しいです!長生きが辛くならないように今から心掛けていかないと、ね。(^_-)-☆
 
 
 (2013年3月13日)
 HOME 北国のくらしメモ