HOME くらしメモ

 ゆっくり、と手作りの時間
梅干し作り 自家製ラッキョウを漬ける ぶきっちょのアケビの蔓でかご作り 味噌作り

若い時は、とにかく面倒なことが嫌いで、ゆっくりと時間をかけて取り組むことが大の苦手だった。何でも好奇心に駆られ手を出すが、少しでも手がかかったり、結果が見えないと投げ出してしまう性分だった。

それが最近では、そのゆっくり時間をかけてすることに興味を持つようになってきた。

実家の両親が漬物を漬けたり、梅干しや飯寿司を作っていてもあまり食べず、教えてもらおうともしなかった。

母が亡くなり、父が漬物や梅干しを漬けていたが、面倒なことをするなぁ〜と心の中で思っていた親不孝な娘だったが、ここ何年か手作りすることにはまっている。

思うに「子は親の姿を見て育つ」と言う通り、言葉よりも行っていたことを受け継ぐのだろう。老いていくにしたがって親と同じようなことに興味を持ち始めているのに気がついて、一人苦笑している。
 
 
子育てが終わり、60代の後半になってからの孫の誕生で、孫の可愛いさは、格別大きいが、世話は正直言って、とてもしんどい。

が、あと数年は孫育ての手助け期間と割り切って、その合間に手仕事を楽しむことを優先していこうと思うようになった。

それでも、現役子育て中よりも時間は自由になり、手順さえ踏めば手作りもそう大変でない。

手仕事は、時間がゆっくり流れるようで、無心になれるのが心地よい。

花を育てたり、野菜を作ったり、たくさん採れた野菜を保存食にしたり、こうして梅干しやラッキョウを漬ける、漬物を漬ける〜大変だと思っていた手作りする暮らしは、意外とわくわくするものでした。

外へ外へと出て歩かなくても、何か世界が広がったような思いだ。





梅干し作り 完熟梅2s 塩約300g弱 焼酎1Cap 市販の赤紫蘇の塩漬け   

塩漬け(6月中洵〜下旬)
6月21日 梅は、水に4〜5時間漬けてアク抜きをして、ざるにあげて2〜3時間おいてから一つひとつ水けを拭き取りながら、竹串でヘタを取る。(水に浸けている間に黒い斑点が出たらすぐ出すこと)
 
ホーローの保存容器に、塩を一振りして梅を入れ、また塩をして梅を入れる〜交互に梅と塩を繰り返し、最後に多めに塩をふる。そこへ焼酎(35度を使用)1カップを注ぐ。
  
お皿などを上にのせ重石して蓋をする。暗くて涼しい場所に4日〜5日おく。時々容器をゆすって塩がまんべんなくなじむようにします。(保存容器・箸など使用するものは、予め焼酎で拭いて消毒しておく) 

 
梅酢が上がってきました!

赤紫蘇漬け6月下旬〜7月上旬) 
6月25日 この日、喉が痛くて微熱が出ていたが、赤紫蘇漬けを決行。とは言っても、自宅に植えている赤紫蘇はまだ小さくて使えないので、市販の赤紫蘇の塩漬けを使うから、とても簡単。
 
梅酢、カップ1杯を別容器(消毒した空き瓶など)にとりおく。これは、料理にも使えます。
 
赤紫蘇の塩漬けの汁を容器に入れて、一番上に赤紫蘇をのせて、お皿で蓋をして、最初の塩漬けよりも軽い重石をのせます。
   
 
 
土用干し(7月の土用のころ3〜4日) 
7月20日 土用干し 梅干しを作っていないときは、この土用干しが大変だと思っていました。3日間の晴天が続かなかったらどうしよう?という思いが頭を横切り、作ってみたいと思いながら決断できないでいました。でも、いざ始めてみると、案外簡単なものでした。(夜は室内に入れる) 
 
 
   
箸を梅酢で消毒して、一つひとつザルに載せます。赤紫蘇もビニール袋を使って汁けを絞って一緒に干します。汁だけになった保存容器もガーゼで覆って干します。一番右端は、2日目の梅です。 
 
3日目になると、かなりしわしわになってきました。しかし、この日はどんより曇った日で、やがて小雨が降ってきたので室内に入れ、窓辺の明るい場所に置いておく。 

  
翌日、晴天だったのでもう1日干すことにする。左が朝出したときで、右が午後早めに取り込んだとき。
 
 
見るだけで口の中が酸っぱくなりそう!でも、自分で作った梅干しは美味しいよ!

 
本漬け(7月23日) 
カメは、焼酎がなかったので梅酢で内側をきれいに拭いてから梅を入れる。 
 
 
本漬け(7月23日) 
紫蘇を入れ、梅酢を上から注ぎます!3か月後ぐらいから食べられます!
 
 


NHK「きょうの料理」と「村上さんちは毎日手作り/村上昭子+杵島直美著」
を参考にして作りました。
 
 HOME くらしメモ