HOME 手作りTOP

 無農薬大豆で味噌作り   2回目の味噌作り ◎3回目の味噌作り

味噌作りをしている友人から、「あなたもお味噌を作らない?」と無農薬の大豆をたくさん頂きました!

味噌作りは面倒だと思い込んでいましたが、梅干しやラッキョウの甘酢漬けを作るようになって、
だんだんお味噌も作ってみたいと思うようになっていたので、密かにラッキーです。(^O^)/

初めから大量の大豆で作るのは自信がなかったので、まずは少量の大豆でトライしてみました。 

一回目 材料 大豆150g 米麹200g 塩75g  出来上がり 味噌500g程  

大豆は、前の日に4回ほど手で揉むように洗い、たっぷりの水に一晩浸けておきます。 


一晩水に浸けていた大豆

大豆を浸けておいた水は捨てて、圧力釜に大豆がかぶるくらいの新しい水を入れて、20分圧をかける。

圧力釜によって操作が違うかもしれませんが、最初高温で煮て、圧がかかったら中火弱にします。
 
 
大豆を煮ているうちに、麹と塩を混ぜます。

今回はスーパーで売っている普通の乾燥麹と
「瀬戸のほんじお」を使いました。


失敗!
乾燥麹は水で戻さないといけないと書いて
あったのに〜そのまま塩と混ぜてしまった!
 
圧力が抜けて、大豆が柔らかくなっていたら、
次は豆をつぶします。(煮汁は捨てずにとっておく)

豆を保存袋に入れて、すりこ木で叩き潰します。

この方法が一番楽と雑誌か何かで読んだ記憶が
あったので、まずは楽な方法でやってみます!

量が少ないから、やっぱり楽ですが…くたびれたので夫に手伝ってもらいました!(^_-)
 
大豆をすりつぶしたら、麹と混ぜます。

煮汁を足しながら、ハンバークをこねるように
混ぜ合わせます。

次にハンバークのような型かお団子のように丸めた
ものを作りながら、容器に叩きつけます。

これは、空気を抜く作業です。
 
   
参考にしたサイトでは、保存袋に入れて味噌を作る方法ですが、私は空いてるタッパ―を使用しました。 

 Cpicon 手作り味噌 by あさぬ〜を参照。
 

これは、味噌作りで一番の問題点は、カビの発生のようなので、タッパ―なら空気を抜くことができるからと
いう単純な発想です。

友人もタッパで味噌作りをしていますし、ネット上でもタッパで作る方法が検索でいろいろ見つかります。

 
これで、作業は全部終了です。サランラップを味噌の上にかけて、空気を抜いて蓋をしっかりします。 

 
今回は練習と思ったので、気軽だったせいもあるでしょうが、意外と簡単でした。

昔は、自分の畑で採れた大豆で味噌も作っていたのが一般的だったのでしょうが、今では作るより
やはり買う方が簡単ですし、安く済みます。

味噌が作れるくらい大豆は採れないし、味噌作りに使う麹や塩を買うことも考えると、割高です。

でも、味噌作りの作業の間は、わくわくして楽しく、とても豊かな気持ちになりました!

今までは、便利な事ばかり選んできたけれど、手がかかっても自分で作れるものは、自分で作る暮らしも
悪くないな〜と、最近しみじみ思うようになってきました。

 
 
約1か月経過した味噌。カビははえていません。なんとなく味噌色しています。 
 
 
 
 
 
2回目 大豆1500g 生麹1800g 塩330g 出来上がり 約味噌6キロ 

注文した生麹が届いた時期は、忙しくて味噌作りはできなかったので、麹は冷凍保存しておきました。
 
 旭川のイトゲンから購入
 
 
冷凍してあった麹の都合で、大豆1500gを使用
することにした。

圧力釜で一度に煮ることはできないので、
圧力鍋とクイーン・クックウエアの両方を使う。

やはり量が多いと大変です。

煮えた大豆から次々ポテトマッシャ―を使って
ただひたすらつぶす。
 
 
ポテトマッシャ―を使ったのは、量が多いから便利かな?と思ったけど、けっこう疲れます。

それでミキサーも出して、両方で大豆をつぶす作業に没頭しました。
 
 
つぶした大豆は、次々容器に入れて置きます。

やはり、一度にたくさん大豆を使うのは大変です!

最初が簡単にできたというイメージだったので、
これだけでもかなり疲れました。
 
 
   
 
生麹を使っているレシピを見ると、乾燥麹より多めに使っています。なぜその方がいいのか理由がわからないのですが、ニシン漬けに200g使ったので、残り全部1.800gを味噌に使うことにしました。

麹と塩を混ぜ合わせておきます。煮汁は、計量カップに入れてとりおきます。


全部大豆がつぶれたら、用意した麹と塩を入れて混ぜ合わせます。よく混ざるように手を使って、煮汁を
足しながらハンバーク状の固さまでこねます。

固さがちょうど良くなったら、別の容器を用意して、焼酎を含ませた布かキッチンタオルでよく拭いてから、
お団子のように丸めて、底に叩きつけます。

時々容器の中を平らにしながら、空気が入らないように、次々お団子を叩きつけます。

  この作業は結構楽しいですよ! 
 
    
 
すべてが終わったら、手の平で表面を押えて、さらに空気が残らないようにします。

カビ防止として、表面に塩を少し降りかけて、サランラップをかけてから蓋をきっちりします。

これで味噌作りの作業は終わりです。夏を挟んで6か月から1年後には食べられるようです。


ちゃんと味噌ができているか〜ドキドキわくわくして待っていることにしましょう。
(^O^)/
 
ネット上には、いろいろな味噌作りの方法が載っています。それぞれ微妙に違うので、どれを選んだらいいのか?とても迷いました。

大豆と麹の量も同量のこともありますし、 麹が多い場合もあります。味噌の上に重しをのせる方法もあり、
かなり悩みました。

で、私なりにやり易い方法を選んだので、これでお味噌ができるかどうか?は心配ですが、待つのみです。
 

 
 
 
スローライフとかロハスなどの言葉を意識した訳ではないが、気がつくとそんな風に暮らすようになっていた。

スローライフとは、1989年にイタリアで始まった「スローフード」運動が始まりらしい。

大量生産や効率優先のファーストフードに対して「地元の食材を大事に丁重に料理しよう…」という運動で、その考え方を取り入れた暮らしが「スローライフ」だそうだ。

ロハスとは、「Lifestyles Of Health And Sustainability」の頭文字を取ったもので、直訳すると(健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイル)と考える暮らしだとか。

今、地球温暖化のスピードが加速しているとか。

最近の異常気象も温暖化が原因らしいという話も聞く。

買った方が安いという暮らしを長く続けてきたが、自分たちで野菜を作るようになって知らず知らず暮らし
向きが変わってきた。

意識しないまま、身体に安全なもの。堆肥として生ごみの活用。野菜の保存のために漬物を漬ける。

中国産が多いので、梅干しも作ろう。梅干しを作ると、味噌も作ってみたい、とだんだん思うようになった。

作るのは面倒だからと、何でも買う方を選んできたはずなのに、面倒だと思っていた手作りを始めてみたら、楽しさや豊かさを感じるのは、不思議なことだと考えるこの頃です。
 


 
 HOME 手作りTOP