HOME サイトメニュー

白老温泉にアヨロ遺跡があるの?  温泉宿で見た土器から知ったこと

先日、白老温泉に行った時、興味深いものが宿に展示されていて、「あ、縄文土器!欲しい〜」と思った。(笑)

ここ白老温泉は、札幌から車で2時間ほど、苫小牧からも室蘭・登別からも近い白老町虎杖浜にあります。

 
 

アヨロ遺跡と書いたプレートが添えてありました。


虎杖浜地域は、多くのアイヌ遺跡が発掘されていて、日本人が入植する前からアイヌコタンがあり、アヨロ海岸には、古くから人々が生活してきた痕跡が残っているそうです。

1953年、このアヨロ海岸から続縄文時代の遺跡が発掘され、アヨロ遺跡と呼ばれていることをしりました。

続縄文時代とは、北海道を中心に紀元前3世紀頃から紀元後7世紀にかけて言い、擦文文化が現れるまで続いたと歴史書に書いてあります。

その頃、本州は弥生時代から古墳時代にかけてで、邪馬台国の卑弥呼が統治し、後には大和朝廷が全国を統一した時代。

聖徳太子、斉明天皇、蘇我馬子・蝦夷・入鹿、天智天皇、天武天皇‥持統天皇など歴史で習った人物の名前が頭に浮かんでもきますが〜

北海道に住む人々は、まだこのような土器を作って暮らしていたのか〜と、ちょっと落差を感じてしまいました。


でも、この土器は複製ではなく出土したものらしく、どっしりとした質感があり、素朴さと土器の肌合いが魅力的で心惹かれるものがありました。(土器にはひび割れを修復した跡がありました)

アヨロ遺跡にとても興味が湧いたので、いろいろ調べたのですが、詳しく知ることは出来ませんでした。

 
 
白老町には、日本最大の「アイヌ民族博物館」があり、ムックリの制作や演奏、古式舞踊の体験など様々なアイヌ文化に触れることが出来るポロトコタンがあります。

安政3年、ロシアの勢力が南下する動きに、幕府は仙台藩などに蝦夷地の警備を命じ、その中核だった白老に仙台藩白老元陣屋跡が残されています。

また、透明度が日本で2番目のクッタラ湖、インクラ滝など様々な滝などの自然にも恵まれていて、今回は寒い時期だったのであちこち歩くことは出来なかったのが残念でした。

今度、ゆっくりとあちこち訪れてみたいと思いました。

 

宿の中には、他にもいろいろな珍しいものが展示してあって、小さな孫が気になって指さすものに、壁一面に飾ってある「丸木舟」がありました。


 
 
この丸木舟は、かってはアイヌの人々の大事な交通手段だったそうです。

カツラやセンノキなどの木をくりぬいて造るそうで、アイヌ民族博物館主催の丸木舟の舟下ろし儀礼がポロト湖畔で春と秋の2回行われているようです。

舟下ろし儀式(チプサンケ)では、新しい丸木舟の進水する様子を一般の人も見ることが出来るようです。

詳細はこちら: アイヌ民族博物館のホームページ
 


宿泊した宿は、露天風呂や全室から海が見えるように設計されているので、日の出が見えるようになっています。

素晴らしい心の贅沢、オーシャンビューを堪能してきました。

温泉は、肌がつるつるになるし、食事もとても美味しかったですよ!

 
 
 
 

  
 宿伯は、心のリゾート 海の別邸 ふる川
 
帰り道〜登別町・地獄谷に寄りました!

地獄谷は、約1万年前の噴火でできた爆裂火口で、今でも煙があちらこちらで立ち昇り、硫黄の匂いが漂っています。

もう40年位は経っているのかな〜? 昔から見たら、登山口なども整備されていて、トイレなどの施設もあります。

やはり、ここも中国人風の観光客が多いです。孫が嫌がるので、早々に退散です。
 

 
 
北海道は、歴史が新しいと常に思っていましたが、案外そうでもないんだと認識をあらたにした旅でした。

縄文人の足跡があちこちに残っていることを知って、ますます縄文へと興味が湧き、心を躍らせています。

 HOME サイトメニュー