HOME サイトメニュー

 北海道、道南地方の小さな旅
 
娘が結婚して、道南地方の小さな町に住むようになった。それまで行ったことがなかった道南地方は、札幌よりも早くから開け繁栄していたが、今では見る影もなく寂れてしまっている。

しかし、あちこちに古い歴史遺産が見られ、知られないまま埋もれてしまうのは、とても残念だ。

それで、娘のところに行くたびに、道南の古い町を少しずつでも訪れ、紹介したいと思います!

 
姫川

姫川は、乙部岳麓から館浦地区に流れている大きな流れの川で、源義経を追って蝦夷に渡った静御前が身を投げたから命名されたという言い伝えがあるそうです。

義経は、兄頼朝から疎まれるようになり、奥州の藤原氏を頼って身を寄せたが、秀衡の死後泰衡に攻められ逃げ切れないと知って衣川で自害したと、歴史で習いましたよね。

でも、実際は蝦夷に逃げ、蒙古のジンギスカンになったという説は眉唾ものかもしれませんが、北海道のあちこちに義経伝説が残っているのは、やはり不思議です。

檜山地方に乙部岳という1017mの山岳がありますが、義経の別名九郎判官から九郎岳、静御前を思いつつも越えなければならなかった峠は姫待峠と呼ばれているそうです。

義経を追って乙部にたどり着いたものの、義経はすでに乙部岳を越えていて、二人は会うことができませんでした。悲嘆にくれた静御前は、生きる望みも失い、姫川に身を投じたとか。

義経は、江差や日高地方にも足跡を残しています。
 
乙部町観光ガイドブックと 乙部町のホームページを参考にしました。
 

 


シラサギ

川で泳ぐシラサギの群れを見つけました。姫川の由来を聞いていたので、朝の静けさの中にいるシロサギを見ていたら、悲しみにくれながら舞っている静御前のように思えてなりませんでした。 

  
貝子沢化石公園とひめかわの水の標識を見つけました。貝子沢化石公園には、100万年以上昔の貝の化石を含んだ地層がそのまま保存されているので行ってみたかったのですが、夏に熊が出たと聞かされていたので行くのを諦めました。

ひめかわの水は、乙部町にある「生命の泉」のひとつで、他に八幡さんの水・といの水・こもないの水・能登の水、と全部で5カ所ある自然湧水です。
 HOME サイトメニュー