HOME サイトメニュー

 国道230号線  道の駅 望羊中山 230ルスツ とようら とうや湖〜道中記

10月の下旬、道南の小さな町に住む娘夫婦の所に行って来ました。いつもは、高速道路を飛ばしていくのですが、中山峠を通って国道230号線を走れば近いと聞いてから、こちらのコースを通るようになりました。

 


中山峠では、いつもお土産にする乾燥エノキダケを買います!



高速道路を走ると、料金が往復で1万円以上〜一般道路を走ると無料。

道の駅で休息して、私は美味しそうなものや珍しいものを見たり・購入するのも楽しみで、高速料金を払うより
買い物した方がいいと思うのですが〜

運転する相棒は、高速道路を飛ばして短時間で着きたいようで、初めは乗り気ではありませんでした。

でも、一度経験すると案外楽しいことに気がついたらしく、よほどの悪天候でない限り、このコースを通るようになりました。ラッキー♪

中山峠を通り過ぎて、ルスツリゾートで有名な留寿都村に入ると、230号線沿にある道の駅「230ルスツ」が目に入ります。

ここで、車を止めてトイレタイムにしました。(別棟に24時間利用できる三角屋根のトイレコーナーがあります)


道の駅の正面には、「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山がどしんとした姿を見せていました。
 

 

道の駅内には、留寿都村で朝収穫された新鮮な野菜の直売所があり、安く新鮮な野菜を大量に買っている人達で溢れていました。

牛蒡、豆類、グリーンアスパラ、ユリ根などが特産物のようです。
 


留寿都を過ぎて、見えたり隠れたりする羊蹄山を追いながら景色を楽しんでいると、札幌ではもう終わっていた
紅葉がわずかに残っていて、目を楽しませてくれました。


 


空にUFOのような雲を発見して、思わず車の中から写真を撮ったけれど〜うまく撮れませんでした。

キレイ!としか形容できない洞爺湖畔を走っていると、2008年のサミットの会場になったザ・ウインザーホテルが崖の上に要塞のようにそびえ建っているのが見えてきます。

やっぱり大きいですね〜!洞爺湖を見下ろすような位置にあります。

やがて洞爺湖も見えなくなり、
国道37号と道道97号が合流するところにも道の駅「とようら」があります。

豊浦町出身の第36代WBCフライ級王者内藤大助選手にちなんだ名物「ホタテフライ級」という豊浦産のホタテの稚貝3個を串揚げにして揚げたフライが食べたかったのですが、今回は素通りです。

長万部の「かにめし」で昼食をとる予定にしていました。

 

豊浦からは、国道37号線を走って長万部に向かい、ここでカニ飯を食べるはずが〜入り口に気がつかず〜((+_+))
ああ、残念!通り過ぎてしまいました!
 

 

カニ飯は食べられず〜お腹はすいてきたし〜お蕎麦屋さんか軽い食べ物のお店がないか、とキョロキョロするけれど
食べ物屋さんが見つかりません。

建物はあるのですが〜営業してないお店が多くて…ここにも不景気の波を感じてしまいました。
 
長万部から綾部を通り、八雲から雲石峠を通ると、まだ山々の紅葉が見事でしたが、車から撮ったので
あまりきれいではありませんが〜もうけものしたようでした。
 

 
雲石峠を抜けて熊石に入ると海が見えてきました。
 


鯖の岬トンネルを通ると乙部町に入ります。ここには、道の駅「ルート229」があり、食事は出来ませんので、いつもはトイレタイムや喫煙タイムで利用しています。

もう3時近いけれど、この先にあるレストラン元和台で昼食をとることにしました。

前に来たときは、私は「うにラーメン」を食べましたが、相棒が食べたお蕎麦が意外と美味しかったので、今回は
お蕎麦を食べることにしました。

乙部産のそば粉のお蕎麦は、ここしか食べれないそうで、注文すると「ちょうど新蕎麦が入っているよ!」と嬉しい
返事が返って来ました。

この日は、朝から団体のお客さんが入っていて忙しかったからと慌ただしい雰囲気でしたが、お蕎麦は美味しかったです。

 
 帰り道〜「道の駅 とうや湖」で食べた「ホ・たぬきうどん」が美味しかった!
 
洞爺湖町にある「道の駅 とうや湖」は国道230号に面していて、隣接している展望台からは洞爺湖が見ること
できて、また、道の駅の食事コーナーの窓から羊蹄山がそびえ立つ姿を見ながら、食事も楽しめます。

そのうえ、豊富な水やミネラルをたっぷり含んだ畑から採れた新鮮な野菜の販売もしています。

 

 

洞爺湖町の特産物は、ジャガイモ・長いも・豆類などで、新じゃがの季節では何種類ものジャガイモが並ぶそうです。野菜は、ブロッコリー・カリフラワー・枝豆・トマト・レタス・キャベツなど様々なものが店内に並びます。

野菜やハーブの苗も売っていて、春に立ち寄った時は、唐辛子とハーブをの苗を買いました。
 「道の駅 とうや湖」のホームページはこちらから
 
  
道の駅から見える羊蹄山と留寿都山 
 
   

身体が冷えていたので、暖かいうどんかお蕎麦が食べたくて食事コーナーに行くと、いろいろメニューがありました。

旅の楽しみは、地元しか食べれないもの。迷わずメニューの「ホ たぬきうどん」を選びました。

どんなうどんがくるかな〜?と興味津々で待っていたら、小さなベビーホタテの天ブラが入っていました。
 


 
  

帰り道、札幌に近づくにつれて雪景色になってきました〜10月の下旬に雪が降るのは珍しいです。

娘の所には、ほんの数日の滞在だったのに〜雪景色を見たら随分長く自宅を離れていたように感じました。

娘の家を出る時、「ダメ〜! 一緒に行く〜」と孫に泣かれて辛い気持ちで車に乗ったけれど、それも遠い想い出になってしまいました。
 

 


道の駅 とうや湖で苗を買ってきた唐辛子もこんなに真っ赤です!

 
 HOME サイトメニュー