HOME 北国のくらしメモ

春の山菜採りの楽しみ  北海道で採れる山菜 
 食べ方・保存:フキノトウ行者ニンニクアズキナスドケウドタケノコフキの煮付け

春になると、いろいろな山菜が食べれるのも楽しみのひとつです。毎年、フキノトウに始まり、畑に植えているウドやその周辺で採れるフキ、近くにある低山で採れるタケノコ(笹竹)などがあるが、今年は行者ニンニク、
アズキナ、モミジガサが加わり、まさに山菜尽くしの食卓となった。
 
 
フキノトウノトウ

フキノトウは小さめのを摘んで、よく洗い、真ん中を押しつぶしてからてんぷら粉に浸け、油で揚げる。
 ちょっとほの苦い味が何とも言えない美味しさです。


 

フキノトウの味噌炒め:フキノトウは、塩水に少しつけておいて、汚れを落としさっと湯がく。細かく刻んで、  しらすぼしと一緒にごま油で炒め、砂糖・酒・味噌・ほんだしで味付けして、出来上がり。
 
お酒のおつまみにも最適だけど、ご飯にかけて食べると、ついおかわりしてしまう。
 
 
 
行者ニンニクは、日本の山に自生していて、北海道でも春になると、山に入り採るのを楽しみにしている人が多いが、私自身は自生しているものを見たことも採ったこともない。 

ほとんど頂き物で、初めは食べる気にはならなかった。それが、去年たまたま頂いたものを料理し、食べてみると、美味しくてすっかりはまってしまった。何だか、今までが損したような気分だ〜(=_=)
 
 
写真(左)は、株分けしてもらった行者ニンニクで、右の写真は、苗を植えたもの。

園芸屋さんでも苗を売っているので、去年それを買い庭の隅に植えてみた。畑で行者ニンニクを育てている人からも株分けしてもらったりして、自分で栽培することも始めた。

と言っても行者ニンニクは、食べれるほど採れるのは8年ぐらいかかるそうで、全部刈り取って食べるのではなく、一部分を残して置くのがいいそうだ。
 
 


行者ニンニクの柔らかなものは、卵とじが美味しい。まろやかな味で、こんなに美味しい物とは知らなかっ た。保存法としては、茹でた行者ニンニクをソバツユとお酒に浸けておく(写真上)。

また、松前漬けの中に生のまま、細かく切った行者ニンニクを混ぜ込んで漬けると美味しいと聞いたので
松前漬けも作って(スルメ・昆布・人参を刻んで、醤油・酒・唐辛子で味付け)、茹でて味付けしたものを
混ぜてみた。ちょっと癖があるが、けっこういける味だと思う。
 
 モミジガサ

アズキナ・スドケ・タラの芽を沢山頂いた。アズキナとタラの芽は知っていたけれど、スドケは初めて聞く山菜だった。写真を撮らなかったのが残念だったが、葉の形がモミジに似ている。

いろいろ聞いたり調べてみたら、和名がモミジガサというキク科の多年草で、方言としてシドケ・シドキ・スドケなどといろいろ呼び名があるそうだ。

癖があるから嫌う人もあるけれど〜と言われて頂いたが、おひたしにして食べたところ、ウドのような苦みがあるところが美味しかった。どうもこの苦味を嫌うらしい。

沢山あったので、そばつゆとお酒に漬けておいたら、1週間は保存でき、茎の部分のしゃきしゃき感がいい。

葉は、おひたしやてんぷら・味噌汁の実などに使い、茎の部分はマヨネーズをつけて食べたり、Cpicon しどけのマヨ胡麻あえ(その他食べ方) by キャラメリーナ
も美味しいらしい。

 Cpicon 山菜シドケのお浸し☆ツウ好み by QPはにー

 
アズキナのおひたしは、本当に甘くて美味しい。あんまり美味しいと騒ぐので、庭に植えていたアズキナの苗を分けてくれたご近所さん。来年は、増えているか楽しみである。タラの芽は、定番通りてんぷらに。 
 

 
 
 
ウドは畑の隅にも少し植えてもいるが、友人からもたくさん頂いたので長期保存できる煮付けを作ることにした。これは、「農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵」という本で知ったのだが、信州では山ウドを煮付けて冷凍保存しているそうで、去年作ってみたら意外と美味しかった。
 

ウドは、皮のまま3〜4センチに切って、茹でてから30分ほど水につけてアク抜きをして、醤油・砂糖・酒・ほんだしを入れて煮詰める。去年は、冷凍保存するほど量がなかったので冷蔵庫で保存して食べきったが
時間が経った方が美味しくなった。 

   
ウドの煮付け


また、生のまま粕味噌に漬けてみた。まだ1週間ほどしかたってないけれど、苦みがとれていい味だ。 

 


 
■ タケノコ(笹の子)は、毎年5月の末頃に採りに行くのだが、今年は寒いので例年より2週間遅いと言われていたので、6月に入って行ってみたら、もうピークだということであまり収穫できなかった。

それでも、ご近所の山菜が大好きな方々にお裾分けできたので嬉しかった。このお裾分けして喜んでもらえるのも楽しみのひとつである。
 
 


タケノコが採れる頃、ちょうど銀鮭の旬なので、我が家は銀鮭と炒め煮にする
のが一番喜ばれるが、友達や知人たちは味噌炒めが一番美味しいと言う。

 
 
前からキャラブキを作ってみたいと思っていたが、山フキだとこの時期では太いので、庭に植えている京ブキで作ってみた。京ブキは、実家で植えていたのを移植して庭の隅に植えたもの。山菜ではないが、年々増えてきていて、フキノトウが手軽に摘んで食べられるのがうれしい。
 
   

フキは、まな板の上に皮のままおいて、塩を振りかけ板ずりをして、3〜4センチに切りそろえて、熱湯で10〜15分ほど茹でる。茹でたフキは、水を取り替えながら1〜2時間アク抜きをする。

フキと醤油・酒・砂糖・ほんだし・鷹の爪を入れて煮詰める。これは、家族にとっても好評でした!
 
 
 
 
こうして山菜尽くしの食卓を楽しんでいると、待ち望んでいた春はすぐ去り、暑い夏日を迎えることになる。

そして、もう1年の半分は過ぎてしまったことに気がつく。1年は本当に短い。

山菜摘みは、春の楽しみとして趣味のひとつになっているが、近頃は熊が出没したり、道に迷って死亡したという、危険が伴う。

ご近所さんから、帰りが遅いと、熊と格闘していたのかい〜と冗談言われるが、それでも山菜採りは楽しいし、山菜の旬の味を思うと辞められない。
 
 HOME 北国のくらしメモ