HOME サイトメニュー

 ワラビの保存法
 

毎年、山から採って来たり、ご近所さんからもたくさんワラビを頂いたりするのですが半端な量ではありません。
いろいろ保存法を聞いたり、ネットや雑誌などで調べてみました。

@塩漬け A干しワラビ  B冷凍保存 C酢漬けなどがあり、ここでは自分で体験した方法を紹介します! 
 



A干しワラビ   タッパや紙袋に入れて保存しておきます★  

穂先や下の硬い部分を切り落とし、きれいに水洗いしたあと容器に入れて、重曹をふりかけてからそこへ熱湯をかけ、蓋をして一晩置く。この時、重曹が多いとワラビは、柔らかくなりすぎるので注意。

翌日半日位水を取り替えながら水に浸しておきます。よく水切りしたワラビをザルなどに乗せて、天干しします。

 
 

 

ザルの上に乗せる時、この様に積み上げないで、なるべく重ならないように広げます

 

天候によって多少かかる日数は違いますが、2〜3日が目安です。

使うときは、水に干しワラビを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして2〜3分煮てから火を止める。冷めるまでそのまま放置して、冷めたら水を取りかえる。朝戻すと、夕方の献立に使えます。(私の体験ですが違いはあるかもしれませんので、その点はご了解ください。)


B冷凍保存   ★半年ぐらいなら冷凍もいいみたいです★  
 
冷凍保存は、早く使いたいときはとても便利です。水に浸けるだけで、すぐ使えます。

 

 
ワラビは、お正月料理に使いたくて保存しています。山菜は、季節時に少しだけ頂くのが一番よいのでしょうが、
お正月料理の煮しめやお雑煮に使いたくても、その時期には日本製はあまり見かけません。

姑は、昔から塩漬けにしていて分けてくれるのですが、戻すのに時間がかかったり、去年は塩加減が少なかったのか?腐らせてしまいました。塩漬けは、戻すのに時間も手間もかかります。

干しワラビや冷凍保存をしると、こちらの方が便利だな〜と思うようになりました。
 
 HOME サイトメニュー