HOME サイトメニュー

 山菜を楽しむ    葉ワサビの醤油漬け  ワサビの粕漬け

春になると、親戚から葉ワサビがたくさん届けられる。白い可愛い花を付けた葉ワサビを食べるのは、何だか可哀そうに思うのですが、これはまた美味しくて病み付きになります。
 
 


親戚によると、作り方によっては苦みが出ないそうだが、ちゃんと苦みが出て、美味しい醤油漬けが出来ました!

 
 

作り方は〜 
@葉ワサビを水洗いして、塩でもむ。

Aお湯を沸かし、葉ワサビにかけて塩を流す。

B葉ワサビを短く切って、瓶に入れ、市販のそばつゆを掛ける。(追いがつお使用)


C粗熱が取れたら、冷蔵庫で保存して、
翌日から食べれます。
 

 





白い花が可愛いので、少し裏庭に植えてみました。来年は自家栽培の葉ワサビが食べられるかな〜? 

 
日陰に植えて、花も楽しむ


草取りをしていたら、何やら引っかかるものがあるからと、引っ張ってみたら、なんと太くて立派な根わさびでした。

ここ2〜3年、根わさびの美味しさに目覚め、食べた根ワサビの切り取った上の部分を庭のあちこちに植えていたのを、すっかり忘れていていたのです。

 

 

早速、一番大きい根わさびの皮を剥いてすりおろし、やはりそばつゆに漬けました。これ〜美味しいんですよね!
 
 

私は、これをあつあつご飯にかけて食べるのが一番好きです。日本人に生まれてよかったなぁ〜と思うひと時です。 

全部すりおろすのは大変なので、お刺身の時に使えるように冷凍保存しようかと思ったのですが、板粕があったの
を想い出し、お土産によく頂いたわさびの粕漬けもどきを作ろうか?と思い立ち、挑戦することにしました。
 
 
 

 
根わさびはみじん切りにし、板粕はお酒を足して滑らかにしてから、お砂糖を入れて好みの味にして、根わさびを混ぜる。容器に入れて、サランラップで上を覆いしばらく冷蔵庫で寝かせます。

まったくの思いつきで適当作ったのですが、意外と家族に好評で、すっかり気をよくしていました。
 
 

後日、また作る機会があったのできちんと作ろうと、ネットでレシピを探し、レシピ通りに作ったら、あまり美味しく出来ませんでした。塩を効かせすぎて、甘みが足りなかった。((+_+)) これは、好みですから仕方ありませんね。


若い時は、よく根わさびなど頂いたりしたのですが、馴染めず持て余すことが多かったのに、この頃はその味を楽しむようになってきました。

娘たちが結婚し、ひとりの時間がたっぷりあるようになったので、面倒な手仕事も楽しめるようにもなりました。

若い時はいろいろしたけど今は面倒で〜という年上の人の言葉を聞くと、私は逆行しているのかな?と可笑しく
なりますが、手を掛ける暮らしがとても楽しいこの頃です。

 
 HOME サイトメニュー