HOME 北国の暮らしメモ

 やっと、春〜

今年は冬が長〜く、それは長く感じました。4月の中旬になっても雪が降り、なかなか雪が融けない庭。

それでも、晴れた日は庭に出て、雪の合間から小さな芽や一番早く咲く雪割草を見つけたときの喜びは大きいなものでした!そこに何を植えたかすっかり忘れ、この花は何かな〜?、と眺める幸せなひととき。

下の可愛いピンクの花は、雪割草です!まだ雪が残る寒い時期に、一番早く花を咲かせます。
 
 
  

  
 
去年、初めて食べた行者ニンニク。あまりの美味しさにすっかりはまってしまい、苗を買いに走りました!

その苗が、ちゃんと芽を出して元気に育っています。食べたいのをぐっと我慢して、今年は採りません。
 
 

行者ニンニクは、8年ぐらいかけて育てると聞いたのだが、これは普通7〜8年かかって種子が採れるからと思われる。これぐらいの量では、食糧にするにはあまりにも少ないですもね!(^_-)-☆

ある程度大きくなると、親株の脇に新芽が出て、それを株分けする方法で増やすことができるそうです。

私の父は、花が咲き、種子ができると、それを採り、適当に種を庭の畑にばらまいていました。広範囲に行者ニンニクが芽を出しているところを見ると、結構それで増えていたようです。


 
食べ方としては、卵とじ、お浸しにして市販の「そばつゆ+酒」に漬けておくと美味しいです。

 
 
雪融けの中から蕗の薹も小さな顔を出していました!早速摘んで刻んで味噌汁にしました!
 
 HOME 北国の暮らしメモ