HOME サイトメニュー

こんなに増えた春の山野草

春を待つ気持ちは、どこに住んでいようと同じだとは思うけれど、半年雪に覆われた北国で暮らす私には余計
待ち遠しく感じます!

4月の初めの庭は、雪が融けたところから小さな芽が顔だし始めました。
 
 

3年前から家の周りで植え始めた花々、その中で今年は山野草が元気いっぱいです。

何を植えたのかもすっかり忘れてしまって〜花を見てやっと名前を想い出しています!
 



4月の花たち〜せっかく芽を出したのに又雪が降って、雪の覆われたけれども健気に咲いていました。

       
 ユキワリソウ  ユキワリソウ  クロッカス  クロッカス
       
 白花野ザクラ草  ピンクの野ザクラ草&プリムラ(白)  忘れな草  ユキワリソウ
       
 ミニ水仙  ヒヤシンス  タツタソウ  ?
 
5月の花たち

今年の5月は暖かい日が多く、花たちもいつもより成長がよく、元気いっぱいです。 
  
 
左の白い花は、プリムラの一種で茎が長くなっているので、咲いてる姿が優雅に見えます。

右は、今年購入しました宿根ビオラで花を切り戻すと次々咲きだすそうですが、勿体なくてそのままです。


  
 
左の白い花は、イチゲだと思っていたが、エゾイチゲではないかと言われました。でも、葉っぱの形が少し違う。

紫色の花は、去年頂いて植えていたのが越冬したらしいです。らしい〜と言うのははっきりとした記憶がなくて…

 
キバナイチゲと思うのですが〜
 
   
   
八重咲ザンギナリア  オダマキ
   
 オダマキ    パンジー
   
  イカリソウ  アヤメ?
   
 タチツボスミレ   斑入りナルコユリ(アマドコロ)
 
名前の間違っているのもあるかもしれません。自分では、○○と思っていても、いやそれは△△と言う方もいて
葉の形が微妙に違ったりで、本当はどちらなのか判断できないことが多くあるように思います。

でも、一つの季節を楽しませてもらったという喜びの方が大きいので、名前は勘違いでもいいや〜と大雑把な性分なので、名前が違うと悩ませてしまったらお許しください。

毎年、ここにこんな花が咲いてるという驚き、ここにこの花が咲くはずと言う期待感などの思いを大事にしたいと思うのです。


朝早く目覚めるので、30分ほど家の周りを歩き回ります。その時々に咲いている花たちを眺めていると、起き抜けの固い身体がゆっくりとほぐれていくのを感じます。

一日の始まりが、とても爽快な気持ちでスタートできるのが、とてもしあわせな瞬間です。
 


 6月の花たちへ
 HOME サイトメニュー