HOME サイトメニュー 

 自給菜園収穫の季節

今年の夏は、雨が多かった!水やりの心配をしなくて良かったが、やはり雨の被害は意外とあった。

玉ねぎが豊作だと喜んでいたら、表向きはよい玉ねぎのように見えるが、中から腐ってくるのが次々出てきてがっかりしてしまう。これも長雨のせいだろうな〜とため息をついている。 

 
玉ねぎの苗400本植えて380個、赤玉ねぎ40本植えて35個収穫できました!

以前は、とにかく何でも植えてみたくて、珍しいものなど取り入れ理科の実験のように植えていた。

でも、だんだん越冬野菜を沢山作って欲しいと思うようになって、ジャガイモ・玉ねぎ・人参・大根・豆類・秋大根・白菜などを主流にしている。
 
 
  

ジャガイモは、男爵・メークイン・ベニアカリの3種類を植えるようになって3年目。今までは、珍しい種類の種芋があると植えてみたくなったが、味に大差がないように感じるのでやめてしまった。

いろんな種類に手を出すと、種芋が余って、もったいない。

 
トマト・ピーマン・茄子などは、今年は苗を減らして採れたてをどんどん食べることにした。 

  
去年、トマトは茹でたり、ジュース状にしたりして冷凍保存したが、結局使いきれなかった。

ピーマンやカラーピーマンだけは、苗を減らしても大量に採れたので、ピーマンは茹でてから、カラーピーマンは生のまま小さく切って冷凍保存した。

去年は、ピーマンや茄子など干し野菜にして料理に使ってみたが、触感がいまいちだった。

だから、苗野菜は旬のうちに、自分たちで食べ切れる量を目安に作ろうと、今年から方針をかえた。
 

 
面白いことに、苗を植えたわけでないの、いつの間にかプランタンの土からミニトマトが芽をだし、実を付けた。たぶん、堆肥にしたミニトマトの種が生き返ったのだろう。

野菜作りをしていると、こんな意外性が面白く楽しいもの。
 
 
番外編として、来年はもっと植えたいと思ったのが、イタリア茄子。イタリアの在来種・カプリスに似ているが
こちらはずんぐりしているからローザビアンカだと思う。

近所のガーデニングのお店で半額になっていたから面白半分に植えたもの。トロトロっとして美味しいよと言うので沢山なるのを期待したが、1個しか出来なかった。((+_+))

焼きナスにして食べたが、日本の茄子より柔らかでとろっとしていた。
 

イタリア茄子・ローザビアンカ

 
とうきびも随分と量を減らした。昔風とうきびなので採りたては美味しいけれど、時間が経つと固くてまずい。

いつも茹でてほぐして冷凍保存しているのだが、夫婦二人では消化しきれなくなった。娘たちの好物だが、
離れて暮らすようになると、冷凍保存したものは持たすことができない。

遊びに来たときの料理の一品にできたらいいと考えて、大幅に量を減らし、玉ねぎの数を増やしてもらった。


今年は、どうしてか実入りが悪い。隙間ばかりのとうきびが多かった。それでも昔懐かしい味で、茹でたてを何本でも食べてしまう。我が家の夏の楽しみのひとつです! 
 

 

インゲン・ササゲが採れて採れて〜もう終わりと言いながら、行くたびに持ち帰る。よく、茹でてマヨネーズをつけて食べるのが美味しいと聞いていたが、我が家は茹でて冷凍保存して煮物などに使う事がほとんどだ。

でも、冷凍庫もいっぱいになったので、採れたてをよく茹でて、マヨネーズに少し味噌を混ぜると美味しいよ、とご近所さんが教えてくれたので、イカを焼き輪切りにして、一緒にあえたら本当に美味しかった!

食わず嫌いでした!

何でも食べれる人は、人間の幅も大きいと言うから、これは、反省しなきゃ〜(^_-)

 
 
札幌太ニンジンという種類の種を蒔いた。

種の袋の写真は、ずんぐりとした太い人参だったが、出来たのはこんなに細長いスマートな人参だった。
  

人参も今年は豊作だった。でも、私たち素人が作る人参は、保存が難しい。冷蔵庫に保存しきれないので物置などに置いておくとすぐしぼんでしまう。それで、今年は人参も切って茹でて、冷凍保存してみた。


前は、根付のラッキョウを買って漬け、少し残したものを植えていた。でも、皮が固いのでそのせいか?と思い、去年はラッキョウの苗をネットで購入して植えてみたけど、やはり皮はかたい。う〜ん、原因は?
  

   
ラッキョウは、8月中下旬に苗を植えて、翌年の7月末ころ収穫する。甘酢漬けにして食べます! 
 
一番うれしかったのは、アケビが実を付けたこと。60坪の畑を始めた年に小さな苗を植えたから、5年目でアケビらしい実を付けたことになる。写真では大きく見えるが、小さいのが6〜7個実を付けた。 

 
アケビは、実よりもツルが欲しくて植えたが、実がなるのを見るのは嬉しい。さくらんぼ・ブドウ・山椒などの木の苗を植えたが、ほとんど実を付けてない。剪定しないのが悪いらしいが、どうも木の剪定はよくわからない。

もっともアケビの木は、去年剪定しなかった。山で自然になるアケビは、剪定などしないだろう、としなかったのが案外良かったのか?
 
こうして収穫と保存する事に追われているうち、気がつくともう10月。畑仕事も11月に入ると終わる。

北国の野菜作りは、ほんとうに短い。

興味半分に始めた無農薬野菜作りも、今では暮らしの一部になってしまった。

ラッキョウを漬けたり、漬物を漬けたり、梅干しも作りだすと、味噌や醤油も作ってみたい、と老年になってから面倒なことに興味が湧いてくる。

自分たちで作った豆で味噌や醤油も作れたら面白いだろうな〜と思うが、そこまで手を広げたら、疲れたの連発になりそうだから諦めるが、昔の日本の暮らしをなぞるのも案外楽しいものだと気がついた。

以前、地球温暖化の講演を聞いたとき、少しだけ昔の日本の暮らしに戻るだけでも温暖化は避けられると言っていた。

特別意識してエコな暮らしを目指していたわけでないけれど、野菜作りをしているうちに自然と昔風な手作りが楽しいと思えるようになったし、癒されていると感じることも多くて驚いている。 


 HOME サイトメニュー