HOME 北国のくらしメモ

 自給菜園の春から夏へ

長女のお産扱いも終わり、とうとう引っ越していった。しばらくは食事の支度も張り合いがなく、孫の泣き声が消えた部屋は、急にがらーんとしたようで、寂しさを感じる。

7月に入って、やっと畑に行って来ました!こちらは、今では全部夫が担当しているので、私はすることがないのですが、やはり気になります。もう、ジャガイモの花がいっぱい咲いていました!

 

6月に行ったときは、細かったニンニクも大きく成長していた。ニンニクは、前の年の9月に自家栽培の大きな球根を選んで植えている。売っているニンニクより匂いがきつくなく、匂いの切れがいいように感じる。 

  
6月中旬から下旬にかけて花茎が伸びてくるので、大きな球根を作るために天辺の蕾を摘み取ります。 

北海道在来のピンク種を実家から貰って5年位前から作り続けている。ウイルス病に強く作りやすいそうだが、今では市場に出回っていないとか。初めて土の中からピンク色したニンニクを掘りだしたときの感動は忘れられない。ピンク色したニンニクがとてもきれいだった。

 

 

一番最初に収穫したスナップエンドウ、この時期は一番良い豆を、来年の種にするため残してありました。
 

  

今年は、えんどう豆が豊作です!採っても採っても減らない感じがします。実は豊作ですが、葉っぱの方は
毎日30°前後の暑さのせいか虫がいっぱいついていて、気候の異常さを感じます。
 

 

辛み大根と普通の夏大根。毎年植えているのですが、やっとこの頃辛み大根の旨味に目覚めました。

辛み大根をご近所に配ると、いろいろ食べ方を披露して下さり、蕎麦の薬味としか認識していなかったが、
ソーメンや冷麦などにも美味しいことがわかった。また、小さいので普通のダイコンより手軽におろせる。

庭からもいできたきゅうりも一緒におろして、ソーメンを食べるのに、今はまっています。
 
  

白カブは、2度目に種を空いたのがそろそろ終わり。甘酢漬けが美味しかった。隣はカラーピーマンなので、
大きいが収穫はかなり後になる。色づくまで90日くらいかかるので、根気が必要だ。
 
 
 

 
 
毎年植えているが味が今一のカボチャ。来年は植えないと言いながら、春の苗屋さんで見つけると、また買ってしまう。さて、今年の味はどうかな〜?( ..)φメモメモ

 

 初めて市民農園で野菜作りを始めたとき、サツマイモの苗を見つけて買って植えたけれど、小指の太さにしかならなかったので、がっくり。今年、畑のお隣さんから苗をもらったので植えました!さて実はなるかな?

 

 5月の連休の頃からスタートした家庭菜園ももう半ばに差し掛かった。ここ何年は、30度を超える気温の日が続いたが、水やりはあまりせず、自然の雨に頼っている。

市民農園で野菜作りを始めた頃は、水をまかないと野菜が駄目になると思い込んでいた。

農園を借りてる私たちが、せっせと水やりする見ていた畑のオーナーは、そんなに水やりしなくてもいいのに〜とつぶやいているのを耳にしていたが、その頃は信じられなかった。

今、主人はそれほど水やりしなくても野菜は育つ、と言うようになった。やはり13年も野菜を作ってきたカンが身についてきたのかな〜と密かに思っている。

 HOME 北国のくらしメモ