HOME 北国のくらしメモ

 3坪菜園の野菜たち

我が家の庭の隅に、花も野菜もごっちゃに植えている3坪ほどの細長い畑がある。ここに、私は葉野菜と
主人にお任せだがきゅうりやトマト、南蛮、落花生などを植えている。今年は、オクラも植えてみた。

 
食べてもそれほど美味しいとは思わないけれど、毎年決まって種を蒔くラディシュこと二十日大根、
やはり一番早く収穫できる。赤い可愛い顔見たさと言うようなところだが、今年は大いに食べた。
 
 

薄切りにしたラデッシュを市販の「簡単で酢」に漬けただけの手抜きだけれど、自分で甘酢を作るよりシンプルな味が美味しくて箸が進む。白カブなども同じくゆずの皮などと一緒に漬けて食べた。
 

  

暑い日が続くせいか野菜の成長がやたらと早い。また、テントウムシが大量発生して、小さな赤ちゃんテントウムシが野菜の葉にびっしりついているのを見たら食欲が減退してしまったほど。

野菜同志の間隔を狭くし過ぎたせいか、テントウムシが食べてくれるアブラムシが大量に発生しているのか、
頭を抱えてしまう。

食べないで、堆肥として使うことで罪悪感が少し減った。

 
 
 
サラダホウレンソウもあっという間に花芽がついて、このありさま。

  
 
空芯菜は、長女が好きだったので植えているが、嫁いでいなくなったせいか今年は成長が遅い。

  

ツタンカーメンのえんどう豆は、自家採種した豆を植えているためか、近くに普通の絹さやを植えていたことがあったせいか、だんだん紫色の豆が減ってきた。

ただ、さやが紫でも中の豆は緑色しているので、あまり気にする必要はないのかもしれない。

 
 
 
2度目に植えた葉野菜。あまりにも虫の被害が多いので、ミントの鉢植えを置いてみたけど効果なし。

 
 
 
次々ときゅうりが実を付け、朝収穫してそのまま食卓にのせる。細長く切って味噌をつけて食べるのが一番好きだ。これは、子供の頃そうして親から食べさせられたので、自然に身についてしまった。マヨネーズよりも好き。味噌は、友人から貰った無農薬の大豆で手作りしたもの。朝からご飯が美味しいのが嬉しいです!
 

 
 
オクラも南蛮も2本ずつしか苗を植えなかったのと、キュウリの後ろに植えてしまったので、あまり実がつかなかった。こんなところが私の無計画さと欲張りな気質の結果だ。何年たっても間隔を広くすることができない。

オクラと南蛮と青紫蘇を刻んで納豆に混ぜて食べるのは、美味しいですね!今年は、夏バテしませんよ。

 
 トマトの間に落花生を植えています!去年収穫した豆を少し残しておいて植えたので、量は少ないけれど、塩ゆでしてビールを飲みながら食べるのが夏の楽しみ。ただ、茹でるのに30分くらいかかるのが難点だ。


 
 
 
白い茄子、苗が半額だったので買った  セロリ  苗を頂いたサンチェ、食べきれない!
     
     
     
 バジル コンフリー   クレマチス
 

フイ―バーフュー(ハーブ)

花もハーブも野菜もごっちゃに植えている小さな庭畑ですが、朝起きると一番先に足を運びます。まだ誰も起きていない早朝の4時。空気がひんやりして気持ちがいいし、いっぺんでぼんやりした頭がすっきりします。

以前はしょっちゅう頭痛がしたり、膝の痛みに悩まされていたのが、まるで嘘のようです。

ここ2〜3年ぐらい前から、葉野菜は庭畑で植えるようになってすっかり楽になりました。やはり、主婦としては、その時使いたい野菜をちょこちょこっと畑から採ってくるのが理想です。

庭畑の野菜を見ながら、味噌汁の具やおかずの一品を考える〜小さいけれどすごく楽しい瞬間です。

駆虫にいいと聞いて、去年苗をネットで購入したフイバーフュー。秋に堆肥にしたせいか、あちこちに自然に芽が出て咲いている。でも、葉野菜が虫食いだらけなのは、あまり効果はないのかもしれないが、可憐な花が可愛いのでそのまま植えている。コンフリーは、堆肥に混ぜるといい堆肥になる、と聞いて植えている。

 HOME 北国のくらしメモ