HOME 北国のくらしメモ

 春だ〜菜園の目覚め

雪が融けると、畑の様子が気になりそわそわしてきます。ホームセンターで肥料を買って、畑に運ぶことにしました。

いつも駐車する道は、まだ雪が残っていていて入ることができませんでしたが、畑はすっかり雪が融けていました。

 
 

 




秋に畑お越しをしているので、土はふんわりしています!畑の周囲には、みずみずしい蕗の薹やウドの赤い芽が顔だしていました!クロッカスも嬉しいそうにみえました。

でも、今年は何という年でしょうか?急に空が曇ってきて寒くなり、霰のようなもの降ってきたよ〜( ..)φメモメモ


去年の8月にラッキョウ(写真・左)、9月にニンニク(写真・右)を植えたが、両方とも元気な芽が出ていた!
 
 
 
ラッキョウは球根を買い、ニンニクは自家製のニンニクの一部を種用にして、毎年植えています。
 

一番感動したのは、土の中で越冬したニンジンでした!去年の秋ごろ、ニンジンの種をまいたのですが、あまりにも細かったので、そのまま畑に残してきました。

知人が越冬しても大丈夫だった〜と言っていたので実験のつもりでした。もう、すっかり忘れていたので、発見した時は驚いてしまいました!土が柔らかいので、一本一本指で掘れたのも宝探しのようで楽しかったですよ。(^_-)
 

 

たしか、サラダ用ニンジンで大きくならない種類だったと思うけど、厚い雪の下で、たっぷり水分を吸ったせいか〜
かなり太く大きくなっていた。さっそく、2〜3本を夕食の一品にコンソメで煮たら、甘くてとても美味しかったです!
 
我が家では、自家製の堆肥を作り、醗酵牛糞堆肥・ハッコウケイフン・ハッコウケイフンペレット・配合肥料・米ぬか
などを購入して使用しています。畑を8等分して連作障害が起きないように、工夫しています。しかし、やはりその時の気候のせいか、あまり芳しくない出来のものもあり、悩むべきではないのでしょうが正直気落ちします。
 
 
今年の課題は、トウモロコシを減らし、玉ねぎや白菜を増やして欲しいと相方に頼んでいるのですが、玉ねぎの苗を作る農家が減ってきているので、10年前は安かった苗も最近は、高価になってきました。

去年は、約300本の苗を植えて、200個ほどの収穫でした。買った方が安いのでは?という声が聞こえそうですが、やはり自分たちの食糧は自分たちで作りたいという気持ちの方が強い。

エコなくらしを目指すというほどの思想もないけれど、種をまき、苗を植え、その成長過程をわくわくしながら眺めることが一番楽しみで、もちろん食べたときの味も魅力的。外で過ごす時間のせいか、風邪もひかなくなったよ。

 今年も夫婦ふたりで頑張ります!
 HOME 北国のくらしメモ