HOME サイトメニュー

 キッチンガーデンからの贈り物

朝早く目覚めるので、外が明るくなると狭い庭を一回りして、朝の味噌汁の具になる野菜を摘んでくるのが日課になっているが〜一生懸命食べているのに野菜の成長の方が早いように感じる。

京都大原で暮らすベニシア・スタンリーさんの本を読んでいたら、堆肥にコンフリーを混ぜると良いと書いてあったので、苗を求め堆肥に混ぜだして2年目。

コンフリー入りの堆肥が野菜を元気にしているのかな〜?と私は思うが、夫に言うと?と言う顔をする。

庭に植えているのは、葉大根・べんり菜・春菊・サラダホウレンソウ・ミズナ・チンゲンサイ・トマト・キュウリ・絹さや・
ツルなしインゲン・枝豆・南蛮・アスパラなどで、献立を考え畑から野菜を採る幸せを味わっている。 

 
早々と、とう立ちしたサラダホウレンソウ〜葉っぱを摘み採りながら長く食べれるそうです



5月のキッチンガーデン(べんり菜・チンゲン菜、ミズナ) 少しづつ時期をずらして種を蒔いています 
  

春になると、野菜や果物の皮等は、細かく切ってポリ容器に入れて、台所の隅で保管して、
 
いっぱいになったら、外のコンポストに移動


6月のサラダホウレンソウと春菊〜春菊も間引きしながらサラダで食べていました。 
  
 
早朝に見る野菜たちは、みずみずしい色をして〜見ているだけで贈り物をもらったような気持ちにさせられます。

年金だけの暮らしになって3年、これから先の不安が頭をかすめることがあるけれど、夏の間だけでも野菜は自分たちで作っていると、小さいけれど喜びも得られる。

 
 

アブラナ科の野菜は、うかうかしていると虫に食べられ、穴だらけになるが〜今年はあまり虫食いが少なく感じる。


アサリの酒蒸しに、チンゲン菜をザクザク切って入れてみました。


6月の末ごろになると茗荷竹が芽を出します!茗荷竹(土の中から萌え出た茗荷の若芽のことを言う)
    
この茗荷竹、食べられると聞いていたのですが、食べ方がよくわかりませんでした〜



調べてみたら、吸い物、刺身のつま、そうめんやお蕎麦などの薬味などにも使用出来ると知って、
さっそく生のまま細かく切って薬味に!う〜ん、茗荷の味。あと、茹でてマヨネーズをつけるのもいい



青森県の下北半島の郷土料理に「イカ寿司」と言うのがあるそうですが、あるブロガーさんが再現したイカ寿司を真似して作ってみました。青森県のイカ寿司は、茹でたイカにキャベツや人参の漬物を詰め込んでいます。

     
    茗荷竹は、外側の硬い皮を剥いて、さっと茹でる。キャベツ・キュウリ・人参は、細かく切って塩もみしておく。イカをさっと茹でて、茗荷竹・キャベツ等の塩もみ・茹でたイカの足などを一緒に摘めて裾を爪楊枝で止める。それに寿司酢をかけて、冷蔵庫で2日ほど置いたら食べごろです。
茗荷竹の味がキリッとして美味しい。
 

 

◎リーフレタスとサラダ菜は、1個づつ植えて、葉っぱを2〜3枚千切りながらサラダにして食べています。 

  



 2015年畑だより〜最近、畑には夫だけしか行っていないので、写真を撮ってきてもらいました!

 
まだ何にもありません〜今年は、プラムの木に白い花がいっぱい咲いたそうです。

 
春の畑では、わざと残した人参を掘り起こすわくわくする作業があります。これは、偶然知ったのですが、秋に収穫しないで春まで残して置いた人参は、雪の下でみずみずしく大きく育つのです。


  

それと、春一番の醍醐味〜ワサビの収穫。すりおろしてソバツユに浸けておくと、長く食べられます。朝ご飯が美味しい〜と、しあわせ気分♪ 野菜を作る様になって、いっぱい楽しさ、喜びをもらっていると感じる瞬間です。
 

  
畑から蕪が届きました。最初は、鶏もも肉とオープン焼きにしました!


60坪の畑は夫、家の庭の隅っこのキッチンガーデンは私、と役割分担してから2年経ちました。初めは戸惑いも多かったのですが、畑に庭仕事に花の手入れ、家事と続けば、やはり疲れが出ます。

役割分担してからは、庭で花や野菜を育てるのも全て自分のペースで出来るので、気分的にもゆったりと楽しめるようになりました。

季節の移ろいを感じながら外で過ごすことが多くなったせいか、膝痛も少なくなり、風邪もひかなくなりました。

これが一番の収穫でしょうか? 北国での野菜作りは、もう4ヶ月しかないのが〜残念!((+_+))
 
 

 HOME サイトメニュー