HOME サイトメニュー

我が家の菜園〜秋から冬支度 

今年は、私自身が野菜作りに参加していなかったので写真も撮れなく、更新もあまりできませんでした。

でも、毎年同じようなことを載せても仕方ないし、まぁ、いいか〜と開き直って2014年を振り返ってみます。

 
 

種を採るため、窓辺に置いて乾燥しているところ
 
小さな孫がやってくると、よちよち歩きながら裏庭に行って、ミニトマトをもぐようになりました。

我が家のミニトマトがもうないのに、「トット、トット(トマト)」と言うのを聞いていたお隣さんが、容器にいっぱい入れて分けてくれました。

洗って孫に渡すと「おいちぃ、おいちぃ…」と言いながら、あっという間に食べてしまいました。

その話をすると、「種を取って来年植えたら?」と何個かミニトマトをまたまた分けてくれました。


トマトを乾燥して種を採り、2月頃土に蒔いて芽だしするそうです。

種を採って芽だしするのは、初めての経験なので上手くいくかどうか?来年の宿題となりました。


60坪の畑の方は、白菜を収穫してから、天地返しをし、後片付けをすると11月にはすべて終了しました。

この白菜、ポットで芽だししてから畑に移植するのですが、今年夫は町内会の仕事を引き受けたので忙しくしていて、すっかり種まきを忘れてしまいました。

それでも大した違いはないと思い、直播きをしたのがやっぱり失敗でした。
 

 

畑の方は、毎年大きな白菜を収穫していたのに、何とか小ぶりだけれども巻いた白菜が収穫できました。

一方、庭に植えた白菜はなかなか巻かなくて、いつまでも葉がこのように開いています。

やはり、白菜に関しては「発芽から何日で収穫」との説明には、意味があることを悟りました。
 
 
庭の小さなキッチンガーデンでは、2〜3年前からニンニクやラッキョウも植えるようになりました。

ラッキョウは、芽が出てきたのですが、ニンニクはさっぱり芽が出ず、雪が降る前になっても発芽しませんでした。

  

 
雪の中で元気に育って、来春には青々した芽が見れるかな〜と期待しているのですが、さてどうでしょうか?
 
毎年、来年はもうカボチャを植えないと言いながら、春トマトやキュウリの苗を買いに行ったとき、やっぱり欲しくなって買ってしまうカボチャ。今年は、大き目が3個収穫できました。

  
 
しばらく外で干してから、食べようと割ってみたら、中身はこのようにいい出来でした。でも、売ってるように身が締まってなくて、食べてみると水っぽいカボチャでした。

醤油味で煮て食べましたが、手作りだと思うと身びいきでしょうか?やっぱり「美味しい!」でした。


 
玉葱も切り口から痛んでくるので、しばらく天干しです


10月、庭の3坪ほどのキッチンガーデンも白菜と葉野菜を残して、少しづつ整理していきます。 

 
接ぎ木した鉢植えのアジサイがいつまでも咲いています!(右端)

庭に出ても、張り合いがなく、だんだん寂しさを感じ始めるころです!
 
 いよいよ冬支度〜漬物を漬けたり、お味噌を漬けたり〜畑仕事がない冬は、手仕事が待っています!
 

11月に入ると、採れた野菜(大根・人参・キャベツは購入)の保存のために、ニシン漬けと沢庵を漬けます。
 
 

年々、漬物時期になると気候が変化しやすく、急に暖かくなったり、寒くなったり、小雪が降ったりと、大根を干すのも凍らないか?漬けても痛まないか?酸っぱくならないかと心配する事が多くなりました。

去年は、大量に漬けたものの、ベランダに置いているのに凍って沢庵は出せなかったり、ニシン漬けは凍ったり融けたりで味が変わってしまったので処分してしまったり、と期待に反する事が多かったです。

それで、今年は食べれる分を少なく見積もって、量を減らして漬けることにしました。

ニシン漬けは、そろそろ底をつき、沢庵は初め物置に置いてあったのですが、ベランダにあったニシン漬けが無くなったので、今はベランダに移動。移動してから出してないので、味は変わってないかな?とちょっと心配です。


今年初めて全部自家製の南蛮で三升漬け(南蛮・麹・醤油は同量)を漬けることが出来ました。
 
 
 
いつもは水分が多い三升漬けになるのですが、今年はとろっとしていい出来です。

 
無農薬の大豆が手に入るようになったので、1年前に友人に勧められてお味噌も作るようになりました。


 
2013年12月に作ったお味噌です〜今年11月から食べ始めています


今年も12月にお味噌作りをするつもりで、大豆も麹も購入してあったのですが、12月は気忙しいので来年の1月に作る予定です。麹は、冷凍保存できる生麹を使います。
 
 
漬物に使いたいので植えている唐辛子は、なかなか赤くならないで、秋の終わりになってやっと赤くなりました


 
瓶に入れて保存していますが、赤い色が宝石のようにきれいです。 



庭のキッチンガーデン、白菜が巻かないときは、上から縛ったらいいと聞いたので、大きいのだけ縛ってみました。

 
 

でも収穫する前に、今年は早く雪が降ってしまいました。寒そうで可哀そうですが、このまま春まで置いておこうと
思います。春になったら、元気な白菜と会えるかな〜?きっと食べれないでしょうね。((+_+))
 
こうして北国の野菜作りは、半年で終わってしまいます。本州の方では、まだまだ野菜を植えているお話を聞くと、うらやましい思いにかられます。でも、半年しか出来ないから、余計楽しみなのかもしれません。
 

老体に鞭打って、来年も二人でがんばります! 
 

野バラ

 2014年12月記
 HOME サイトメニュー