HOME サイトメニュー

 我が家の菜園~春から夏へ

60坪の畑は、去年までは二人で一緒に行っていたのですが、今年から夫だけ行く事になり、私は留守番です!

だんだん畑仕事がきつくなった訳ではないよ~姑も90歳を超えたので、どちらかが家にいた方がいいのでは~?
と思うことが多くなって、私が家の周りで葉野菜やトマト・キュウリ・南蛮などを受け持つことにしました。

だから、畑の方の写真が載せられないのが残念です。<m(__)m>
 
 

庭で育てている行者ニンニク

雪融けの庭の隅で、行者ニンニクの濃い緑色した蕾を見つけると、春が来たことが実感されます!

 
  
 

まだ株が少ないので、春の味を楽しみたくて、ほんの少しだけ収穫しました。卵とじにして食べましたよ!

行者ニンニクの周辺に、去年の種が飛んで、小さな新しい行者ニンニクが芽を出していました。(写真右)

今まで市民農園で野菜を作っていた時は、越冬するものは育てられなかったのですが、60坪の畑や庭で野菜を作ることが出来るようになると、こうして新しい命が生まれている様子を目撃できるのも嬉しいことです。


5月初め、桜が咲くころになると、いよいよ畑仕事の始まりです。春は、耕運機で畑を起します。
 
 


5月の連休に入ると、まずジャガイモの種芋を植え、スナップえんどう豆と絹さやの種を蒔きます。

殆どの豆類は、毎年自家採種した種を蒔いています。(他にインゲン・枝豆・黒豆・小豆・煮豆用の豆類)

この頃には、ニラが青々と茂り、アスパラがにょきっと顔だし始めます。

  
 
        初採りしたアスパラとニラ         5月5日に庭に種を蒔いた葉野菜が2週間後芽を出す            


庭の隅の小さなキッチンガーデンでは、大根菜・小松菜・サラダ蕪の間に春菊を植えています。

アブラナ科の間にキク科の野菜を植えることでコンパニオンプランツ効果を得ようとしてるのですが~さてどうなるでしょうか?


  

6月に入ると、アブラナ科の野菜がどんどん大きくなって来ているのに、一緒に種まきした春菊はその合間でまだ
小さいです。見るとサラダかぶや小松菜の葉が白っぽくなってきました。


  

葉っぱの上にテントウムシに似た虫が、いっぱいついています。2匹繫がったのもいます。 これは、カメムシの一種でハガメと言って害虫だそうです。見つけたら取り除くしかないとか。

5月の末に1週間ほど家を留守にしていたので、ほとんど植えっぱなし状態だったから仕方ないか~とため息。

その後、木酢液を散布すると、少し良くなったかな~?と思って気を抜くと、やはり増えている。

農薬を使いたくないから、ハガメとの終わりなき戦いになりそうです。

 
 
100円ショップで蓋付きの可愛いポリバケツを買ってきました。

キッチンの隅に置いて、野菜の残りくずを溜めておいて、冬の間休んでいた堆肥作りのスタートです。
 

 
 容器の下に新聞紙を敷いて、野菜くずをどんどん入れて、一杯になったら外のコンポストへ


間引きしたサラダかぶとラディシュを細かく刻んで塩をふり、簡単なお漬物一品を作りました。 
 
 
朝採りのみずみずしい野菜を目にすると、朝の食卓が豊かになったような、ささやかだけど幸せな気持ちがします。


キッチンガーデンでは、こぼれ種で三つ葉がどんどん増えています。

いつも食べないうちに花が咲いてしまうので今年は早々と刈り取って冷凍保存しました。

ニラが生のまま冷凍保存できるので、三つ葉も生でできるか試してみたのですが、大丈夫でした。
 
 
 
三つ葉は、細かく切って生のまま金属バットに入れて冷凍庫へ、冷凍用袋に入れ替え保存します。
 
新鮮な三つ葉でお浸し、やっぱり美味しいよ!


サラダかぶが無くなったので、連作が気になったけれど、そのあとに小松菜と水菜の種を蒔きました!
 
 
春菊は、こんなに大きくなって、小松菜は虫食いだらけです。((+_+))



60坪の畑から、初採りのかぶと間引き大根が届きました!  

 

京都の千枚漬け風甘酢漬けにしてみたら、これは好評で何度も作りました!

カブは皮を剥いて薄く切り、塩をして重しをかけて半日くらい室内の涼しいところに置いて、その間に酢・グラニューム糖・細かく切った鷹の爪を鍋に入れて火にかけ、お砂糖が融けたら火を止め冷まします。

カブと昆布を交互に敷き詰め、冷めた甘酢をかけて、かぶの上にサランラップをかけて蓋をして、冷蔵庫で保存。
 

   

カブの茎の部分も捨てるのは勿体ないので、細かく切ってさっと茹で、冷凍保存します。

忙しい朝、ぱっと取り出すだけでいいので、味噌汁の具にとても重宝します!

 
  
 
春菊は、味に癖があるので嫌う人が多いですが、自家製はスーパーで買うのと全然味が違います。

間引きしたまだ小さいうちは、生でサラダにしたりお浸しにして食べましたが、大きくなったのは胡麻和えが美味しくて、何度も作って食べました。

茹でているうち、すり鉢でゴマを擂り、醤油・お酒・砂糖・味の素少々で味付け、茹であがったら小さく切って和えるだけ。手が係るように感じるけれど、朝の忙しい時でも気軽に作っています!
  
 
 
 
6月に入ると、ほとんど野菜は買わなくなり、自家製で賄うようになりました。というか~、

早朝目覚めるので、先ずは庭のキッチンガーデンを眺めて、育っている野菜を見てから献立を考えるようになりました。こんな時、小さいけれど、うきうきとした幸せを感じます!朝の空気は、爽やかで気持ちも引き締まります。


春、ポットにレタスの種を蒔き、芽だししたのをキッチンガーデンに移植したけれど、あっという間に虫に食べられて跡形もなくなっていた。((+_+)) 再度挑戦とばかり、畑に直播したら、ちゃんと芽が出てきました。

今度は、食べられないで育っているので、春は虫たちも食糧難だったのかしら?とおかしくなります。
 

  

 
 
 
朝採りの野菜で朝食
 夏から秋の菜園
 HOME サイトメニュー