HOME サイトメニュー

 我が家の菜園〜夏から秋へ 

7月に なると、毎年庭に植えているツタンカーメンのえんどう豆が収穫出来ました。

毎年、自家採種した種を蒔くのですが、だんだん紫色のさやが減ってきて、緑色のさやが多くなってきました。




中身には問題はないのですが、やはり紫色の実が付いたのを見る方が楽しいもの。

来年は、新しい種を購入しようと思い、種用は残さないことにしました。


 


中身の豆は、剥くと緑色ですが、お米に一つまみの塩を入れ、一緒に炊くと出来立てはまだ緑ですが、
保温しておくと、豆も赤くなりお赤飯のようなご飯になります。
 

 ねっ、 楽しいでしょう〜?


庭のキッチンガーデンでは、狭いところにいろいろ植えて、食卓を彩ってくれています! 
 
 

レタス〜左は苗で頂いたもので、左は種を蒔いたもの




こちらは、紫蘇に似ているけれどエゴマ


エゴマは、種を頂いて蒔いたのですが、見た感じは紫蘇に似ています。でも、味の方は、紫蘇とは程違い。

キムチの素に漬けておいて、ご飯にのせて食べたり、肉料理に使うといいと教えてもらいましたが、どうも私は馴染めませんでした。 娘たちが来た時、豚肉と一緒に炒めたら、美味しいと喜んで食べていました。

 

今年は、キュウリが大豊作!
「キュウリの根元に枝豆を植えると良い」と、野菜の本で読んだので早速実行してみました。

枝豆は、畑の方に植えているので、今までキッチンガーデンの方には植えていませんでした。

でも、採りたての枝豆は美味しいし、あげても喜んでもらえるので沢山あってもいいと、種があったので面白半分に
植えてみたら、大正解でした。


  

左が枝豆の芽が出てきたところ 次々実がなるキュウリ


 

収穫したキュウリと枝豆


どうして、キュウリの根元に枝豆を植えるのがいいのか?不思議だったのですが、試してみて何となく納得しました。

キュウリは、ものすごく水分を必要とします。根元に枝豆を植えると、根元が日陰になりあまり乾燥しないから〜?と思い当たりました。

また枝豆は、ほとんど肥料をあげないで植えっぱなしでしたけれど、ちゃんと実がなりました!

だけど、
どうしてキュウリと枝豆?と言う疑問はあるのですが〜。どなたかご存知ですか? 



  

こぼれ種であちこち芽を出す紫蘇は植えっぱなしで、勿体ないと思うけれど、時々料理に使うだけ。

小松菜も春菊も大きくなり過ぎ、小松菜などは穴だらけになってしまった。

捨ててしまうのでは忍びないけれど、堆肥になると思えば、まだ心が痛まない。

自分で育てた野菜は、どんな形であれ愛着がある。野菜作りをしてないときは、考えられない思いである。

 

畑の方でもいろいろ収穫できるようになりました!今年もインゲンとササゲが大量に採れましたよ。 

苗で頂いたズッキーニ、収穫しても、娘たちがいないとあまり出番がありません。すぐスライスして干しておきます。
そのまま冷凍保存しておけば、ピザやカレーライスの時、重宝します。

インゲンもササゲも茹でてから冷凍保存していたのですが、生のまま冷凍保存した方が美味しいと聞いて、さっそく試してみました。手間がかからないからこの方が便利ですね。

 
 
  
 
 


大根もいいのが出来ました。今年は、千枚漬け風甘酢漬けをたくさん作って、冷蔵庫で保存して食べました。

大根おろしや煮物にも使いたくて、2〜3本新聞紙にくるんでビニール袋に入れて、物置で保存しておいたのですが、いざ使うときには腐ってしまってがっかり。生のままの大根の保存は難しいです。
 
 

お盆の頃には、ジャガイモの収穫時です。今年も男爵とメークイン、赤いも(名前を失念)を植えましたが、
赤いもはあまりいい出来ではないので、来年から植えるのは止めようか思案中。
 
 
 
 


玉葱は、400本の苗を植えて、約330個位収穫出来ました。友人やご近所さんにもお裾分けして、一冬で食べ
切るつもりです。

今年、大事に取っておいたけれど、春には芽が出て中身がスカスカになるというハプニングが起きて、やはりジャガイモ同様、2月頃まで食べつくすのがいいと悟りました。

 


今年は中玉が多く、粒がそろっています!


ニンニクは、畑と庭の片隅の両方に植えてみました。右の白い大きいのは、庭にで収穫したニンニクです。 
 
 

ニンニクは、鶏肉と一緒にオープンで焼いて食べています。この食べ方が一番ホクホクしておいしく感じます。


今年は、トマト3本、ミニトマト2本を買って、庭に植えたのだけど、次々と赤くならない。
 
 
 

手作り堆肥からだと思うが、トマトの芽があちこちから顔だし、そのままにしておいたら実を付けた。



こちらは、購入した苗からのトマト。忘れた頃、ぽつんと赤くなる。






バタバタと暮らしていると、本当に季節の移り変わりは、早いもの。気がつくともう9月。夏の花のヒマワリも心なしか寂しげに映る。

あんなに張り切って野菜作りをスタートさせた春は、もう遠い昔のように感じる。北国の野菜作りは、あっと言う間に終わってしまう。

こんな時ほど、一年中野菜を作れる暖かい地方が、とてもうらやましく思うのです。

でも、来年に向けてニンニクやラッキョウの苗を植えなければ〜と思うと、また力がみなぎってくるから不思議です。

自分で食べる野菜は、やっぱり自分で育てたい〜と強く思うときでもあります。

 
 

 
我が家の菜園〜秋から冬支度
 HOME サイトメニュー