HOME 自然と暮し

 私の梅干作り 
 
そそっかしい私は、梅干をつくろうと青梅を買ってしまった!どうしよう?一瞬「梅酒」にしようか?と考えた
けれど、完熟するまで待とう〜!とダンボールの箱に入れて日のあたる場所に1週間ほど置いてみました。

部屋の中は梅のいい香りが漂い、青梅は一日一日黄色味をおびてきました。1週間ほどで黄色くなりま
した。NHKの「きょうの料理」と「村上さんちは毎日手作り(村上昭子+杵島直美著)」を参考にしました!
 

 
梅は水に5〜6時間つけてアク抜きと果肉を
ふっくらさせる。

水に漬けているうちに、黒い斑点が出てきたら
すぐ取り除くと本にはありましたが、
それはなかったです。

ざるにあげて2〜3時間置いて水気をよく切り、
さらにキッチンペーパー(又はタオル)で拭取り、
ヘタは、爪楊枝などで取る。

容器や使用するものを焼酎で拭いて、
消毒する。
 
材料:梅2kg、塩200g、焼酎1Cap 

ホウロウの容器に、塩を一握り入れ、
梅を入れて塩をふる。(6月23日)

これを交互に行い、最後に塩を多めに入れて、
焼酎を注ぐ。

お皿を裏側にして蓋にして、約400kgの重石をして、
冷暗所に一晩おく。

翌日から、毎日最低1回、重石を取って容器を
ゆすって塩を溶かし、4〜5日漬ける。(塩漬け)

梅酢が落とし蓋の上まで水が出てきたら、重石を半分の重さに変えて漬ける。梅酢が出来たら、1カップ
程、煮沸消毒した瓶に移し変え、冷蔵庫で保存します。(容器の消毒などに使います)

赤じそ漬けが用意できるまで、梅は冷暗所で保存しますが、自家栽培の紫蘇が出来るまで待っていたら、
土用干しに間に合わないので、今回は市販の赤じそ漬けを使用しました。(6月27日赤じそ入れ)
 

赤じそ漬けの汁を梅漬けの容器に入れる
 
 市販の赤じそ漬けを使用
 梅酢1カップ別に保存
 
赤じそを梅の上に広げる 

お皿をかぶせ、約2kgの重石をのせて蓋をしてから、さら新聞紙で覆いをして、物置で保存しました。
カビが発生していないか、時々チェックしました。

さて、7月に入って暑い日が続きましたが、小さな旅行したり、親戚や娘夫婦が来たりで、梅を干す時期が
気がかりになってきました。土用干しというように、梅雨明けの土用の頃が望ましいそうですが、うまい具合
に晴天が3日間続いてくれるかが心配になってきました。

ちょうど3日目が午後から雨という予報でしたが、思い切って7月22日土用干しを決行〜!22・23日は晴
れ、予報に反して24日も一日晴れという好天気に恵まれ、梅干作りは無事終了しました!

最初は面倒ではないか?と随分心配したのですが、全部終わってみると、何度かに分けて作業するせいか
意外と楽でした。家族の嬉しそうな顔を見ながらの作業でしたので、頑張る事が出来たのかもしれません。
  
ベランダの花用台を片付けて、
梅を入れたザルを広げる

赤じそも絞って一緒に干します!

2kの梅ってこんな量です。(~o~)



 
一日干しただけで、こんな風になりました。

時々裏と表をひっくり返しながら、
日中干して、夜間は部屋に取り込みます。

容器に残った梅酢もほこりなど入らないように
ガーゼで覆って、3日間天日に干します。
 
 
3日間天日に干すと、梅の表面はシワがより、白っぽくなります。これで土用干しは終わります。

天日に干した梅酢を鍋に入れ、煮立たせて冷ましておきます。ガラス容器が大きいので煮沸消毒
しないで、焼酎を含ませたガーゼでよく拭取りました。干した梅と赤じそ(半分弱)をガラス容器にいれて、
冷ました梅酢を注ぎます。何度か瓶を回して梅と赤じそに含ませるようにしました。(7月25日)

   
 
残った赤ジソは粉にして
ふりかけにしました。
   
父親が毎年梅干作りをしていました。ここ2〜3年、気力がなくなり止めてしまったのですが、私の娘から
元気なうちに漬け方を教えてもらって!と再三注文されていました。時々、話題にして聞くのですが、
やはり私にはぴんときません。

どちらかと言うと、活字から入るほうが性に合っているからです。また、聞いてると面倒だな〜という思いの
ほうが強かったのです。

それが、つい目にした青梅のきれいさに目を奪われ、今年は購入してしまいました。重い腰をあげて始めた
かのように感じたのですが、梅干作りは意外と作用も簡単で楽しかったです。

昔の人は、こうした手仕事が当たり前だったのに〜、とずぼらな自分が情けなくなりました。

さて、いい味に漬かるかどうか〜?楽しみでもあり、心配でもあります!
 
  3ヶ月から1年ほどで食べれるようです。その後も、報告したいと考えています!

HOME 自然と暮し