HOME 自然と暮し

春の豊平公園 

豊平公園は、農林水産省林業試験場の跡地だった場所を利用した緑溢れる公園です。国道36号線
にある豊平神社の裏手にあり、約7.4haの園内には花と緑に満ちた暮らしを提案する緑化植物園「緑の
センター」のそれぞれの季節の花の花壇
や庭園などがあり、講習会なども行われています。

また、主な公園内の路や園内の入り口は段差をなすくように設定されていて、車椅子の貸し出しなども
行われているようです。
 
  4月の末、ある講習会に参加しました。

思いがけず、園内でカタクリの群生と出会い
感激しました。

カタクリの花の合間には、エゾエンゴサクも
咲いていて、色のハーモニーが素晴らしく、

まるで春の到来を喜んでいるようでした。
 
ピンクの花が、カタクリで、水色がエンゴサク。

今まで見たエンゴサクよりずいぶん大きくて、
元気そうです!

緑のセンターの担当者の愛情が感じられる
ようでした。
 

5月に入って、豊平公園の近くを通りかかると、桜が目に入りました。この頃は、もう桜は終わっていたので
誘われるように園内に入ってみると、チューリップやムスカリの花もそれは綺麗に咲いていました。
 
  新緑の木々を背に八重桜が美しかったです!

八重桜は、どちらかと言うと華やかで豪華な
感じがするのですが、

ここの八重桜は、楚々として可憐な感じです。

桜の儚さが感じられます。
「ムスカリの小路」と呼ばれるここでは、チューリップと
ムスカリの群生が見事。

それは美しい眺めでした!

 
 
  カメラを持った人も多く、
まさに一枚の絵のような眺めです。
 
  
華やかな花壇とは違ってひっそりとした「野草園」もあります!カタクリの群生地に行ってみたら、カタクリは終
わっていて、白い花が一面に咲いていました。
この白い花は、ニリンソウでした。

「野草園」で撮ったものですが、公園内の
あちこちにも咲いています。
 
   カタクリの花は、すっかり終わっていましたが、
黄色いカタクリの’パゴダ’が咲いていました。
 
5月の中旬、緑のセンターで「山野草展」が開催されているからと知人に誘われて行ってきました。山野草
が販売されていて、山野草の展示会場もありました。園芸用に栽培されている花とは違って、どちらかと言
うと華やかさはないけれど、栽培者の奥深い心遣いが感じられ、神秘的な世界に入り込んだようでした。
知らない名前の花が多くて、
ただただ魅入りました。

どれもひっそりとして、かわいい花でも
凛とした感じがありました。

山野草にハマりそうです!
 
  花木園では、ちょうどフジの花が
咲いていました。

HOME 自然と暮し