HOME  自然と暮し

平岡樹芸センターの紅葉


故竹沢三治郎氏から寄贈された土地と樹木をもとに整備し、樹芸センターとして開園されています

  
園内には日本庭園・西洋庭園・ロックガーデン・刈り込み物広場などがあります

いろんな草花や樹木、特に3万本のオンコの木やモミジ類、ヤマモミジ・ノムラモミジ・ショウジョウノムラ・
シダレモミジなど8種類が700〜800本植えられ、春から秋まで様々な美しさを楽しませてくれています
   
  この木は、はうちわかえでと言って、
葉が羽うちわ状になっています

雌雄同株の落葉樹です!

駐車場の傍に植えられている木で
別名【メイゲツカエデ】
とも呼ばれて
います 
 このように一枚の葉っぱが一色ではなく、
いろいろな色が混ざってとてもキレイです。
  真っ赤に紅葉したカエデも綺麗です。

写真で撮ったカエデより、
やはり実物を目で見たほうが
色の深さを感じて、素晴らしい。

こんなとき、やはりカメラの腕の未熟さが
歯がゆく思う時・・・です。

 
この日は、小雨が降っているのにかかわらず、
見物客が多かったです!

皆さん、カメラやレジカメを持って
真剣な顔〜
色々な花がまだひっそりと咲いているから。



 
 
 
カタクリの花かな〜?

ひっそりと咲いていて、まるで老夫婦のように
見えましたよ。

「なぁ〜ばあさんや、寒くないか〜?」というように
よりそって、いたわりあっているような姿に見えました!
 

紅葉のトンネル〜素晴らしい眺めですが、この日はまだ少し早かったようです!
  春の桜の時期には、緑の桜と呼ばれる
ウコン(鬱金)や白い花のフゲンゾウ(普賢象)
などの珍しい桜も植えられています!
 
(10月22日撮影)
   
 紅葉を追っかけて〜10月29日カメラを持って午後からまた行って来ました!カメラを持った人でいっぱいでした! 
この公園は、春〜秋まで開園しており、
講習会やイベントなども行われております
四季折々の美しさが楽しめます





今年は、11月6日(日)まで開園しているそうです




 
   
   
   
  山紫陽花のように見えましたが、
アマチャとプレートに書いてありました。

ピンクの花が可憐です!
 綿帽子のような白いファファしたのは、
なんと言う名前なのかしら?
 
  池に写る風景がステキでしたが、
写真で見るとぼんやりしています!

やはり写真は光が大事?

目で見た風景と違うのは残念です!

雪虫がいっぱい飛んでいました。

雪も近いのでしょうか?


   
 平岡樹芸センター公式ホームページ 
   
HOME  自然と暮し