HOME 自然と暮し

 江差かもめ島を歩く
 
かってかもめ島は、弁天島と呼ばれ、ニシン漁や北前船交易の良港として活躍していました。

島の姿がかもめが空を飛ぶ姿に似ていることから、いつしかかもめ島と言われるようになったとか。




今では檜山道立自然公園の特別区域に指定されていて、美しくも厳しい海の姿を、
島を一周しながら堪能、繁栄を誇った江差の歴史の一部にも触れる事が出来ました。

かもめ島の東側のえびす浜に、義経伝説の黒馬と
呼ばれる岩があるというので歩いてみました。

奥州平泉から逃げた義経は、一時江差に住んだ
ことがあるとか。

このかもめ島に残された愛馬、江差を去った義経を
待ち続け・・・やがて化石になり、黒馬と呼ばれる岩
になったという言い伝えがあるそうです!

 
浜辺を歩いていくと、岩山をくりぬいたような
洞窟があるので行ってみました。(右写真)

洞窟の中を通ると、きれいな砂浜が続きます。


遠くに白っぽい岩が見えるのが黒馬と
呼ばれる岩(写真下・左)らしいのですが、
そこまでは歩いて行けませんでした。

洞窟(写真下・右)を潜ってもとの場所に!
 
 
 
元の場所に戻って反対側をみると、大きな船が海に浮かんでいました。徳川慶喜の時代、幕府が力を
失い天皇が実権を握るようになると、幕府の家臣たちは当時幕府の旗艦として働いていた船を奪い
北海道に逃亡したそうです。その旗艦がこの開陽丸で、江差沖で砲撃していた夜半、暴風
雪に合い、
座礁し、沈没してしまいました。(慶応4年・1868)
 
開陽丸は1866年10月オランダでつくられ、
1867年3月日本に到着していました。

4月、榎本武楊が軍艦役として開楊丸に乗艦し、
大阪湾の警固にあたっていました。

1868年、徳川慶喜は鳥羽・伏見の戦いに敗れ、
この開陽丸で大阪を脱出。

いったんは品川に至るが、やがて榎本軍は開陽丸
で蝦夷地に渡り政府軍に抵抗するが、政府軍の
上陸であえなく投降
し、函館戦争が終結した。
 

今、海に浮かぶ開陽丸はとても大きい。この船が江差の海に現れた時、町民はどんなに驚いただろうか?
と思うが、実際はどうだったのだろうか?北前船が往来していた江差では、大きな船は見慣れていたの
かもしれない。この浜辺で昔戦争があったとは思えないほど、穏やかな海が横たわっていた。


 反対側の海辺は夏は海水浴場となっていて、散策路の入り口には奇妙な岩が顔出している。これが、
へいし岩(瓶子岩)で、海に投げた瓶が岩となって海上に現れたという言い伝えがあります。
   
500年前、予言をする姥にかもめ島の翁が小さな瓶
を渡し、言われたとうり海に投げるとニシンが群来す
るようになり、姥は神様のように敬われたとか。 
 
この時投げた瓶が岩となり、瓶子岩と呼ばれるように
なったそうな。
 
近づいてみると瓶を逆さまにしたように見えますが、反対側に回って見ると人の顔のようにも見えます。
毎年7月の第一土日に開催される「かもめ島まつり」では、町内の若者たちによって
全長30mにおよぶ〆縄がかけられるそうです。

海岸線に沿って歩いて行くと、くいが並んでいます。これは、かもめ島の岩盤にくいを
細工して、日本海の荒波から北前船を守るために作られた系留跡だそうで、
先ほど通った穏やかな海はなりを潜め、大きな波が水しぶきを上げて流れて来ています。

 
 北前船は、江戸時代から明治時代まで
 活躍した買積みを目的とした廻船で、
 船の往来で江差は早くから繁栄していた
 港でしたが、今は見る影もない。

 檜材とニシン漁で繁栄を築いていました。
 散策路のすぐそばには海水が流れてきて、
 あの道を歩くのかと思うと、
 少し恐ろしい気持ちがします!

 海の波は荒く、絶え間なく岩場に
 打ち付けている音が響いています。
 
 大きな岩があちこちにみられます。

 海の色は蒼く、とてもきれいです。
 
 この岩、人の横顔に見えませんか?

 優しく微笑んでいるように見えました。
 ここは、海水の力で侵食された跡が
 広く続いています。
 

 たくさんの畳を敷き詰めたように見える
 ことから千畳敷と呼ばれています。
 昔、この千畳敷で、桜を持ち込み
 宴など 開いた事もあるようです。  
 
 
 白い建物は鴎島灯台です。

 江戸時代から灯台の原型である
 灯明が建てられていていました。

 1889年木造で建てかえられ、
 1951年に現在のコンクリートに
 立て替えられたそうです。

 桧山支庁館内で一番早くからある
 灯台になります。 

  
 江差追分が全国的に知られるように
 なった事を記念して昭和7年に
 建てられた「江差追分節記念碑」です!
 (写真・右)
 
 
黒岩の裏側に弁慶の足跡といわれる「わらじで踏んだような跡」があると案内にあった
ので、是非見て見たかったのですが、途中から行き止まりで行けませんでした。

江差や江差近郊には義経伝説が多数あり、衣川から逃げて蝦夷地へ来たというのは、
本当のことかな?とロマンめいた気分を味わいます。

   このごつごつした島の荒海に面した
 所に弁慶の足跡があるそうですが、
 島の姿は拒絶するような厳しさでした。
  
 弁慶の足跡は諦めて、登り口とは
 反対の道を行くと、 
 北前船飲用井戸がありました。

 かって北前船の一番の苦労は、
 島に水がないので
 飲み水の確保だったそうです。

 対岸の町から船で運ばれていたため
 大変な苦労で、
 それを見かねた江差の問屋・村上氏が
 明治9年掘ったそうです。
 



  

北海道には歴史がないと思い込んでいましたが、娘の結婚で道南の街に縁ができいろいろ近郊の町を
歩いてみると、かなり古い歴史の発見があり楽しんでいます。かって繁栄を誇った町が活気を失い、寂れ
ていくのはとても残念です。徳川幕府から大政奉還、そして明治と激動の時代の波に翻弄されたような
江差・かもめ島〜今ではその片鱗も見えないけれど、海は、蒼くきれいです!是非、観光地として一度
候補にのせて下さいな。新鮮な海の幸も美味しいし、温泉もありますよ〜!
 
 HOME 自然と暮し