HOME 自然と暮しに戻る

 道南の町をドライブ〜

孫に会いたくて、娘夫婦の住む街に車で行って来ました。行き帰りに周辺の小さな町をドライブしました。

 
お昼を食べに入ったレストランの横から見渡せる日本海です。穏やかな蒼い海の色にうっとりしました。

私は塩味のウニラーメンを注文、麺が固めで少し不満だったけど、ウニがとろりとして美味しかった!
夫はここでしか食べれないという乙部産の蕎麦粉で打ったざる蕎麦を食べました!少し分けてもらい
食べてみたら、コシがあり、かなり美味しいお蕎麦です。その日のお薦めメニューもあり、海の美味しい
味を堪能できると思います!

 

ここに、乙部岳(別名:九郎岳)の山麓にあった桂の古木があります。爾志郡乙部町にある乙部岳は、
標高1017m、今では気軽に山歩きが出来る山として人気の山だそうです。

また、義経を追って乙部までたどり着いた静御前は、義経と会えず命尽きて、身を投じたと言われて
いることから命名された姫川が、この乙部岳麓から館浦地区に流れています。

若い頃、九郎判官義経は、実は死んだと見せかけ蝦夷地に逃れたという話にロマンを感じ、夢中に
なっていろいろな本を読み漁った事があります。

北海道には、明治以前の古い史跡はないと思っていたのですが、意外な形で遭遇して、かなり興奮して
しまいました。他にも義経渡来伝説由来の地名として、姫待峠、竹森などもあるそうです。

明治2年(1869年)4月9日早朝、

乙部の海上に官軍の大艦隊が押し寄せ、
津花(元町)、相泊(館浦)に上陸。

乙部に上陸した官軍は、今は宮の森公園として
一部整備されている瀬茂内の丘周辺などで、
旧幕府
郡と交戦して、
五稜郭を目指したそうです。
 
乙部町漁港の入り口には、
箱館戦争官軍上陸跡地の碑が
建てられていました。
険しい崖が連なる山に「おとべ」の
白い文字が浮かんでいる。
 
この海の向こうから官軍が現れたのかと、
広い海の向こうを見渡しました!

港で釣りをしている人も多く、
会話している地元の人たちの言葉は
チンプンカンプンでさっぱりわかりません。
空のすがすがしい青さと

ごつごつした岩肌の山並み

何艘もおかれていた舟。

どこか異国のような雰囲気でした。
この町は、猫が多いです!

何処から来たの?と言いたげに
ジーツと見つめていた猫ちゃん。

国道229号を江差に向かって走り、いにしえ街道までドライブしました!今回は小雨が降っていたの
で江差町郷土博物館を見て、横山家でニシン蕎麦を食べただけで、いにしえ街道を歩くのは諦めまし
た!かもめ島の近くに海産物のお店があると聞いて、お土産を買いに行ってみました。


いにしえ街道の入り口近くから坂道を登ると
緑の縁取りの白い洋館が見える。

この建物が、かっての「旧檜山爾志郡役所」で、
今は「江差町郷土博物館」となっている。

建物は、明治20年に建てられ、北海道の
有形文化財に指定されています。

昔の役所は、警察も同じ建物の中にあったそうで、
取調室や牢獄もありました。
 
江差町郷土博物館のバルコニーから見える
日本海、

雨にもかかわらず穏やかに広がる海。

冬に来た時は、荒れた海だけ見たので
意外な気持ちで眺める。


 
「横山家」の駐車場に車を止めて、お蕎麦を食べようと中に入る。「横山家」は、200年以上の歴史が
あり初代から現在地で漁業、商業廻船問屋を営んでいたそうです。

現在の建物は、今から約160年前に建てられたもので、昭和37年に北海道文化財に指定されていま
す。ニシン漁全盛期のころ使用された生活用具などが陳列されていました。

ここで食べれるのは、ニシン蕎麦のみ。蕎麦が乾麺だったのが少しがっかりしましたが、身欠きにしんの味
や柔らかさは、やはり年代を経た旨さがありました。

この後、かもめ島の近くにある開陽丸青少年センターの土産売り場や小さなプレハブで海産物を売って
いるお店で、お土産に「江差かまぼこ」や「鮨ニシン」を買って帰途につきました。

江差は「江差追分」で有名ですが、江差町に和人が住み着くようになったのは、歴史上では1189年、
源義経が、衣川で自害した後、藤原泰衛の一族がこの地に上陸したとされいて、北海道文化の発祥
の地と呼ばれているそうです。

また「開陽丸」は、江差沖で座礁沈没した江戸幕府の軍艦で、現在復元されたものです。

江差かもめ島祭り(7月第一土・日)、江差姥神大神宮渡御祭(8月9〜11日)があり、姥神大神宮渡
御祭は、360年有余年の歴史と伝統あるお祭りで、道内最古のものです。 
 (江差町の歴史内容は、「江差町産業振興課観光係」のパンフレットを参照させて頂きました)
 HOME 自然と暮しに戻る