HOME 自然と暮し2010年

自然と暮し2011〜2012年

ようやく春の足音 食わず嫌いの行者ニンニク 珍しいエンレイソウ干しワラビ 自然界の美
昔の硬いトウキビ ゴーヤが採れた! 平岡樹芸センターの秋 簡単ビニール袋でニシン漬け
函館の街を歩く いにしえ街道を歩く ■うにいかのピザを作る よもぎ団子を作る 豊平公園
山うどの煮物  ヤマボウシが咲いた ■道南の町をドライブ 初めて梅干を作る  芋餅

 
江差かもめ島を散策



娘の所に行ったついでに、江差のかもめ島に行ってみました!

かもめ島は、檜山道立自然公園で、歩いて島を一周できます。

台風の後でしたが晴れて、塩の香りが心地いい散策日和でした。

≪かもめ島を歩く

戻る

 
芋餅を作る



今年は、ジャガイモが豊作だった!

芋餅が食べたくなったので、茹でて熱いうちに片栗粉を混ぜて、
「熱い、熱い」と言いながら、ジャガイモを潰しながら手でこねる。

耳たぶくらいの柔らかさになったら、好きな形に整える。

サラダオイルで焼いて、お醤油をかけて食べるのが好きです!

沢山作って冷凍保存しました。ランチに良いですよ♪

戻る


初めて梅干を作る



スーパーに行った時、緑々したきれいな南高梅が目にとまった

一瞬、梅干作りが頭に浮かび、1kgの青梅を買ってしまった!

しかし帰ってから調べると、梅干作りには完熟した梅を使うそう。

しばらく青梅を見つめてがっくりしたけれど〜何とか梅干ができた!

≪初めての梅干作り
 

戻る

 
道南の町をドライブ


桂の古木(乙部町)

正史では、源義経は1189年に奥州・衣川で自害したことになっているが、
北海道に渡って、さらに追っ手を逃れ蒙古へとたどり着き、
ジンギスカンとなって蒙古統一を果たしという様々まな説があるようですが〜

乙部町にある乙部岳(別名九郎岳 1017M)にはこんな言い伝えがあります。

奥州平泉の戦いで敗れた義経と弁慶は、追っ手を逃れ、この乙部岳にたどり
着いたとの伝説から「九郎岳」と呼ばれるようになり、山麓にはこの桂の古木が
ひっそりと残されていたそうです。現在、奥州を望む海岸線に移されています。

道南の町をドライブ

戻る


ヤマボウシが咲いた



5年前、友人のご主人が種から育てたヤマボウシの小さな苗をもらった

庭には植えるところがなかったので、畑を始めた記念に、と畑に植えた

そのヤマボウシ、今年初めてたくさんの花芽をつけて、色づき始めた

 

戻る


山うどの煮物



信州では、山うどを煮付けて冷凍保存することを「農家が教える
加工・保存・貯蔵の知恵」という本で知りました!

うどは、皮のまま3〜4センチに切って、茹でてから30分ほど水に
つけてアク抜きをして、醤油・砂糖・酒・だしを入れて煮ます。

冷凍保存するほど量が無かったので、冷蔵庫で保存して
食べきりましたが、時間が経った方が美味しくなりました。


 


戻る


豊平公園・緑のセンター

 

札幌は、北海道の中でも一番自然公園が多い街ではないだろうか?

この豊平公園は、バスどおりから歩いて5分もしない場所にあり、
高齢者や子供連れのお母さんがゆっくり散歩したりしている。

≪もっと見る

戻る


よもぎ団子を作る



去年摘んだよもぎ、茹でて冷凍保存しておいたのだが、
使う機会がないまま春になってしまった!

思い切って、よもぎ団子にしてみました。

作り方はこちらから

 

戻る


うにいかのピザを作る 



ピザをたべたいなぁ〜と思ったが、ハムもソーセージも無かった。

それで、函館土産の「うにイカ」があるのを思い出し、
「うにイカ」のピザを作ってみたら〜意外とおつな味でした!

≪ピザ生地の作り方

戻る


いにしえ街道を歩く

 

北海道の中でも古くから和人が訪れ、早くから開港した江差町。

17世紀以降、北前船の往来で、檜材とニシン漁による繁栄を
築いた江差には、多くの歴史や文化的遺産が残されています。

旧国道沿いの中歌、姥神町には、屋根を新しい瓦で改修された
問屋、蔵、商家、町家、社寺などの歴史的建築物が多いです


いにしえ街道を歩く

戻る


函館の街を歩く



娘が函館の病院でお産をしたので、一泊だけ滞在した

大昔に何度か来た事はあるが、ただ車に乗って移動したこと
しか覚えていないので、ぶらぶらと街中を歩いてみたかった

とても寒い日だったので、鼻水をすすりながら、ただ歩いた

函館を歩く

 

戻る


簡単に!ビニール袋でニシン漬け



STVラジオ「河村通夫の桃栗サンデー」というWebサイトで、
ビニール袋を使ったニシン漬けの作り方が載っていました!

本格的なニシン漬けを漬けるのは、まだ暖かいので漬けられません
早く食べたいので、トライしてみました!≪こちらから

 

戻る


平岡樹芸センターの秋

 

平岡樹芸センターであけびとふじつるの籠編み講習会があった

つるし籠を作ったのだが、思ったより難しいので悪戦苦闘した、
でも、素敵な人たちと、紅葉した秋と、たっぷり出会いました!

平岡園芸センターの秋をもっと見る(10/29)Up

戻る


ゴーヤが採れた

 

ゴーヤはあまり好きでないのだが、好奇心で植えてみた

ベランダに置いて、涼しさを感じればいいと、鉢植えにした!

黄色い小さな花が次々に咲いて、驚いていたら〜
小さな実が二つ付いて、1個だけ大人のゴーヤになった

戻る


昔のトウキビ



今スーパーで売られているスイートコーンはあまり好きでない

我が家は、昔食べた固い歯ごたえのあるトウキビが好きである

しかし、このトウキビすぐ固くなって美味しくなくなる

だから、採れたてをすぐ湯がいて、ほぐし冷凍保存している

美味しいが、そのほぐす作業がたいへんである


戻る


自然界の美



自然の中には、いろいろな色がある

紅葉したもみじも美しいが、

青南蛮が赤くなるのも、はっとさせられる

戻る


干しワラビ



今年も竹の子やワラビなどの春の山菜がたくさん採れました!

竹の子は茹でて瓶詰め、ワラビは天干しにして保存。

水に干しワラビを入れて沸騰させ、半日位そのままにして使用!

戻る


珍しいエンレイソウ 


(白旗山 2011年5月19日撮影)

白旗山の自然観察の森で、珍しい色のエンレイソウを見つけた

普通のエンレイソウは、チョコレート色をしているが、
この花は、ピンク色の花弁をつけている


エンレイソウとミヤマエンレイソウ(白い花)の雑種らしい

ヒダカエンレイソウ(日高地方で見つかる)と似ている

戻る


食わず嫌いの行者ニンニク



俗称「アイヌネギ」と呼ばれる山菜行者ニンニクを頂きました!
今まで匂いが強烈なので敬遠して食べた事がなかったのですが、

卵とじにして食べたら、食感が何とも言えない美味しさです。

残りは、茹でてそばつゆにお酒は混ぜて浸けておくことにしました。

春の楽しみがまた増えました。

 

戻る


ようやく春の足音・・・



2月28日、椅子から転倒して胸骨を折ってしまった。
自宅で療養中、あの東日本大震災が起こった。

毎日、ただただ呆然とテレビ・新聞に釘付けになった日々、

ようやく子供たちの笑顔が報道されるようになったころ、
折った私の胸の痛みも薄らいできた。

山裾では、フキノトウも健気な顔を覗かせていた。
 


みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道 掲示板

姉妹サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場