HOME 自然と暮し

 江差いにしえ街道を歩く

民謡「江差追分」で知られる 江差町は、今では人口9,000人弱の小さな町ですが、かっては北海道の
中でも古くから和人が訪れ、早くから開港していて、北前船による檜やニシン漁の取引で大阪・堺との
交流が盛んに行われ、繁栄を極めた歴史あるところです。

僅かな時間でしたが、駆け足で「いにしえ街道」と海辺を歩いてきました。途中で吹雪にあい、心細くなりながらも写真を撮りたくて、海岸線をひたすら歩きました!歩いている人は、ひとりもいない場所でした!

 いにしえ街道

クリック→大きくなります
   画像は、案内図を写したものです

「いにしえ街道」は、東本願寺江差別院から姥神大神宮までの旧国道沿いの一帯で、家々の屋根の瓦
は新しいのですが、建物は古いままで、明治時代にタイムスリップしたような街並みが見られます。
 
 
かっての商家でしょうか?

隣に立派な蔵が並んで建っています。

建物も何か懐かしい雰囲気がします。
 
家の前に籠が吊り下げられていました!

中に入ってみると、竹の手作り籠が
売っていました。

夏になると、種類も多く、安いものも
あるとか。

夏に来てみたいです。
 
「ニシンそば」と案内があった横山家。

ここで昼食を食べようかと、入り口を覗いたのですが、
人の気配がしません。

休日だったのでしょうか?それともこの季節に来る
観光客はないので閉めていたのかなぁ〜?
 
江差の名物やお土産が売られている
お店です。

やはり風情があります!


ここが姥神大神宮かと思ったのですが、
どこにも名前が記されているものが
ありません。

海辺の方を見ると「姥神」という
大きな看板が立っているので
そちらの方かと歩いてみました。

 
 【姥神大神宮】は、北海道で最も古い神社で、文安4年(1447年)に創建されたそうです。
江差姥神大神宮渡御祭は、おおよそ370年前から行われている北海道最古のお祭りで、毎年
8月に開催されています。
 TOPに戻る
 
 江差の海岸線を歩く
姥神大神宮は、別にあるのかと思い、海岸へ降りてみましたが、それらしい神社はないので、諦めました。
帰りのバスの時間を確認すると、13時が最終便。もうびっくりして、慌てました。時間は13時15分。
最終便は、もう行ってしまった!バスがなかったら、迎えに来てくれるのですが、お天気が良かったので
少し歩いてみたくなりました。この近くにかもめ島があるのですが、そちらには行かず港を覗いてみました。
空が蒼く、まるでイタリア映画の一シーンを
眺めているような雰囲気でした。

船が何艘もつながれていて、
こんな近くで船を見るのも
久しぶりです。

右の建物は、道の駅で「にしん街道」の
看板が見られます。 

その昔、泊川に五平という河童が
住んでいたそうな。

いろいろいたずらをするので、観音寺の和尚に
懲らしめてもらったところ、よほど懲りたとみえて
姿が見えなくなった。

いつのまにか泊川口の海岸に河童が沖に
向かって泳いでいる姿の岩が出来上がって
いたそうな・・・。

その河童にちなんだ「五平橋」です。

あの岩が河童の五平かな?

 
繁次郎浜、

もう少し歩くと「繁次郎温泉」も
ありました。

繁次郎という人は、実在したとか
しないとか〜世話人的な人だった
らしいです。

ここに、トイレなどがあります。


 
坂道を登っていくと、急にまた下り坂道になって
正面に海が見えてきます。

息を呑むような眺めでしたが、
写真の腕はいまひとつですね。 
江差に来る時、この岩を見つけ
帰り道の目印にして歩きました。

途中吹雪いて、海岸線が真っ白になり
心細くなりながらも、この岩が見えるなら
とひたすら歩き続けました。

無謀な事を、と今は思うのですが、
海などめったに見れない札幌での
暮し・・・少しだけ冒険をしました。
「江差の冬は何もないのに〜」と言われながら
無理に出かけたので、なんて馬鹿なんだろうと、
我ながらあきれながらも・・・もくもくと歩いた。

江差のいにしえ街道から、来た道をひたすら
歩いた。

歩く人もいない町を通り、道路工事現場を通り、
1時間ほどの道のりを歩いた後、この風力発電を
見たときは、歓喜しました。

途中、偶然にも親戚の車に拾われ、
無事に娘宅へたどり着きました。
    TOPに戻る
   
  HOME 自然と暮し