HOME 自然と暮し

 函館の街を歩く

娘がお産で退院する一日前に函館に行ったので、少しだけ観光が出来ました。時間に制限があるので、ただぶらぶら函館の街を歩いただけでしたが、寒かったけれど結構楽しかったです!

大きなクリスマスツリーが飾られている海岸沿いを通って、函館山のふもとの港に面した「西部地区」の
一角にある赤レンガ倉庫、クラッシックな教会が並ぶ大三坂を目指して歩きました。
 
 
赤レンガ倉庫郡

ショッピングを楽しめる可愛らしいお店や
レストランやビヤホールなどが色々あります。

朝ごはんを食べたばかりだったので、
この辺は素通りしました〜。
  
   
箱館高田屋嘉兵衛資料館

「箱館発展の恩人」とされる高田屋嘉兵衛は、
淡路出身で、28歳の時北前船で箱館に来航
私財を投じて箱館の基盤を築いた豪商です!

この建物は、1903(明治36)年に建造された
1号館、隣の建物が大正時代建築の2号館、
かっての高田屋造船所の跡地にあります。

 
 

クリック→大きくなります

資料館の中には、今回は入りませんでしたが、
かっての華やかな歴史のロマンを感じさせます
   
函館ハリストス正教会に行ってみたいと、
ロードマップに沿って歩きました。



舗道の脇に植えられているナナカマドが
まだ赤い実をつけているのが新鮮でした。



この辺は、伝統的建築物保存の案内の
ある家を時々目にします。



坂道を登っていくと、右手にクラッシックな
様式の教会が目にとまりました。

ここがハリストス正教会かと思ったのですが、
違うようです。

案内を見ると、カトリック元町教会と書いてあります。

安政6年(1859)
フランスの宣教師が仮聖堂を
建てたのが始まりだそうです。

現在の建物は、3回の大火にあい類焼したのち、
大正13年(1924)に建てられたものです。


この大聖堂は、ゴシックスタイルの耐火建築です。


 
こちらが函館ハリストス正教会ですが、
ちょうどお葬式が行われていたので、
正面から見るだけにしました。


1859年に創立されたロシアビザンチン様式の建築で
ここも何度か類焼し、現在の建物は1988年に
大改修したものです。

ちょうど鐘の音が響き渡り、異国に迷い込んだような
感覚を覚えました。




元町には、もうひとつ函館聖ヨハネ教会もあります。

あまりにも現代的だったので写真は撮ってこなかった
のですが、1874年創建の英国聖公会の教会で、
現在の建物は1979年築、茶色の十字形をした
屋根が印象的な教会です。
坂を降りかけた所に碑が建てられていました。

ここは、亀井勝一郎の誕生の地だそうです。

確か国語の教科書にも載っていた思想家ですが、
函館で生まれたとは知りませんでした。

明治40年2月、ここで生まれ、地元の弥生小学校、
函館中学校に通ったそうです。

 
朝市から始まって、赤レンガ倉庫郡、元町の教会
など、4時間ほど歩きまわりました。


娘の退院まで意外と時間があったので、
思いがけずに叶った観光でした。

赤レンガ倉庫郡や古い建物を利用したオシャレな
レストランやカフェも横目で見ながら歩きました。


今度は下調べをしてから、もうちょっと函館の
ロマン溢れる歴史に触れてみたいな〜と
思いながら函館を後にしました!

 
   
   
   
  HOME  自然と暮し2011年