HOME ≪自然と暮らし ≪自給自足を目指して

自給自足に憧れて、私の手作り暮らし自家栽培の野菜やハーブ、山菜等を使った手作り暮らし
 餅つき機で気軽によもぎ餅  ブルーベリーのジャム 柚子レシピ
 
春になると畑の周囲には、いっせいによもぎが芽を出します。これを摘んで茹でて冷蔵保存しておきます。
よごみの若芽は、天ぷらにすると美味しいそうですが、まだ食べたことはないです。もっぱら草もちを作り
たくてせっせとよもぎの若芽を摘んで茹でて冷凍し、草もちが食べたいとき作るために保存しておきます。
 【よもぎの冷凍保存法

摘んだよもぎはよく水洗いし、沸騰したお湯に一つまみの塩を入れて、1〜2分茹でます。すぐ冷水に浸
し、しばらく置く。よもぎの新芽はアクがないので重曹は必要ないようです。どうも重曹を使うと風味がなく
みたいです。大きく育ったよもぎのときは、茹でる時重曹を入れるとよいです。

私は、新芽にも重曹を入れてしまい、今回よもぎ餅を作ったら、よもぎ独特の香りも風味も弱くなって
いました。

また、
農業誌、『現代農業』によると、おばあちゃんの知恵として椿の葉と共に茹でるとアク抜き
出来るという記事がありました。我が家にも椿の木があるので来年試してみたいです。

冷水にさらしたよもぎは、細かく切ってすり鉢などですりつぶしてから冷凍した方がよいです。

 餅つき機で簡単によもぎ餅

餅つき機にもち米とよもぎを入れて、スイッチオン!
 
細かく切ったまま使用したら、餅つき機のハネによもぎが絡み付き、
いつまでもお餅がつけなで空回りしてしまいました〜。(~o~)/


 TOPに戻る
自家製の小豆を茹でて軽く味付けしたものをやはり冷凍保存してありますので用意して、甘みを加えて
練り直します。水分がなくなるまで煮詰め、最後に塩を少々足して冷まします。
 

ここまでは簡単に出来るのですが、次からが熟練が必要ですね。今回2回目ですが、割と上手くいったと
満足しています。濡れた手でお餅を丸くちぎり、片栗粉をひいたまな板の上で、すりこ木で小さな円を
作ります。後は、手で素早く外側を均等に広げて、丸めた餡を包みます。
 

 
後ろ姿もさまになっているかな?

よもぎも小豆も新鮮なうちに「草もち」にした方が
良いんでしょうが、春先は畑仕事に終われて
なかなか作れません。

冷凍保存して暇な時の楽しみです。

買えば済む時代ですが、甘み控えめにの自分好み
に出来るのが手作りの魅力ですね。

反省:よもぎは冷凍する前にすりつぶした方が良い!
 
   TOPに戻る
  
ブルーベリーのジャム 
ブルーベリーは、全部で5本植えています。2本は自分で買ったのですが、あとの3本はイベントなどで頂い
たものです。小さいけれど8月になると次々に実が熟してきます。一度に実が熟さないので、これも冷凍
保存して置きます。ラズベリーやブラックベリーも同じころ実が採れるようになります。
ある程度溜まったら、ジャムを作ります。簡単にジャムが出来るので、慣れると面倒ではなくなります。 

ブルーベリーは、ツツジ科の目の疲れにいいと言われ
る果樹で、春には可憐な白い花が咲き、秋は葉
が紅葉します。
 
ブルーベリーは、1本では実がならないので異種類の
木を2本以上植えるのが良いようです。
ブルーベリーの他に、ラズベリー、ブラックベリー、
ルバーブも入れています。

 

長持ちさせるには、お砂糖を多め、すぐ使い切る
ときは甘さ控えめ、と手作りは調整できます。
 
 
ブルーベリーの量が多いので紫色になりました
ジャムは、2つ出来たけど、姑に1本プレゼント!
自分で食べるより、ついあげてしまいます。

どうも甘いのは苦手なんですが、家族が喜んで
くれるので作っています。
 
   
    TOPに戻る
 
 柚子レシピ 柚子茶用にジャム 柚子酒 味噌漬け 柚子の皮の冷凍保存 柚子の化粧水
本州に住む方から柚子をたくさん頂いたので、どんな風に使うのが一番いいのか?ネットで調べてみました。
一番多いのが、柚子茶ですね。柚子茶も中の果術と表面の薄皮だけを入れた方がいいとか、韓国の
レシピでは、皮まま切ってジャムにしているとかいろいろ方法はあるようですね。

今回、私は果樹と皮全部を使って柚子ジャムを作りました。味見の段階で渋みもなく、丁度いいと思いながらも火をかけ続け、渋みがついてしまいました。残念!(>_<)

時々、喫茶店などでも柚子茶を飲むことがあります。自宅でも柚子茶が飲めると喜んでいます。柚子を
たくさんありがとうございます!(=^・^=)/部屋に漂う柚子の香りにうっとりしながら、いろいろ手作りしました。 



 
柚子はミカン科ミカン属の常緑小高木で、原産地
は中国の楊子江上流。

柑橘類の中では耐寒性のある果術だそうですが、

北海道では栽培できず、お正月近くになると
店頭に並ぶだけなので貴重な品です。

毎年、お正月だけの楽しみだったのが、
今回思いがけない頂き物に感謝と、
しあわせ感でいっぱいです!

柚子の香りって良いですね〜!
柚子を15個位絞ったら、ジャムの空き瓶1本分
出来ました!

このままでも結構持つらしいですね。

冷蔵庫で保存しています。



   
  柚子茶≪柚子のジャム≫
  半分に切って汁を絞った柚子の身は種を採り、
皮はそのまま細く切ります。

鍋に入れてグラニューム糖をたっぷり入れます。

量は、幾分少なめに入れて、しばらく置きます。

三温糖とか色のついた自然に近いお砂糖は、
黒っぽくなりますので、色がきれいに出るように
グラニューム糖を使いました。

水は全然使いませんでした。

木べらで混ぜ合わせると、お砂糖が溶けてきて、
このまま食べても美味しそうにみえます。

まだ火は入れてないです。
 

   
火を入れて、焦げないようにゆっくりかき回しながら、時々味見をして甘みを加えます。
もういいかなぁ〜と思いながらも火にかけていたら、渋みを感じたので慌てて火を止める。

柚子の皮ごと入れたので渋みがあるとは思っていたのですが、早い段階で火を止めると
渋みはつかないのかも。(30分ぐらい煮詰めました)煮沸した空き瓶に入れて保存

風邪気味などや疲れた時など、お湯で割って飲むとすっきりします。

 柚子酒
  柚子の皮をビューラーで剥いて、細かく刻んで
冷凍保存しました。

残った実は、輪切りに切って35度のホワイトリカー
につけてみました。

たいへん飲みやすく美味しかったです!
   
  柚子の味噌漬け
子供のころ、お正月が近づくと、父が柚子を買って来て、柚子味噌を作っていました。中をくりぬいて、
その中にお味噌と削ったかつお節を入れ、ストーブの上に昆布を敷いて、その上に柚子を乗せておくだけ。
柚子のいい香りと昆布の香ばしい焦げる香りが部屋に流れたもの。多分、ご飯の上に柚子味噌を乗せて
食べていたんだろうと思いますが、私自身は食べた記憶がありません。

そんな事を想いだし、ここ数年お味噌の中に柚子を入れて置くだけの味噌漬けを作っています。味噌汁に
柚子の移り香が食欲を促します。また、味噌漬けにした柚子を細かく刻んで、挽肉料理の隠し味に使うと
大変美味。1〜3個だけでも半年は楽しめます。
 
 柚子の冷凍保存
柚子が冷凍保存できるのは知りませんでした!

 
  たくさんあるので、荒めに切ったり、ビューラーで
薄く切って刻んだりしたのを冷凍しました。→
 
   
  柚子の化粧水にもトライしてみました!
  化粧水は、種をよく洗って35度のホワイトリカーに
浸けるだけだそうなので試してみました。。

種を容器に入れて、ホワイトリカーをひたひたに
注ぎます。常温で数日でとろみが出てきて、
1週間ほどで化粧水の原液が出来るそうです。

原液は、種を取り出し冷蔵庫で保管。

顔には使っていないのですが、手・足などにつけて
います。爽やかな香りがして気持ちがいいです!
柚子には、たくさんの活用法があるんですね。ネットで調べながら、自己流にアレンジしています。間違った
方法もあるかとおもいますが、私自身が試みた柚子のレシピです。
  

HOME ≪自然と暮らし ≪自給自足を目指してプロフィール