HOME 自然と暮らし2008年 2010年

自然と暮らし2009年

イカとネギのピザ 収穫!春の使者 ふきのとうの塩漬け 竹の子採り エゾリスと遭遇
初物 我が家の堆肥作り ■サイハイラン  星型の青い花  ■ツタンカーメンのえんどう豆
札幌大球 食用ほうずきとブルーベリーのジャム 幽玄  食用ほうずきのジャム ■柚子


ニシン漬け



ニシン漬けを漬けるのも4年目、やっと塩加減がわかってきた
初めはしょっぱすぎて〜食べるのが辛かった!

唐辛子以外は、全部自家製の野菜を使ったのも自慢のひとつ
南蛮も作っているのだけれど、どうしてか赤くならないの

ニシン漬けの作り方



戻る



3年目の柚子の木




知人から頂いた自然栽培の柚子の種を面白半分に植えたら、
ちゃんと可愛い芽が出てきました
夏は外に出し、冬は室内入れて、大事に育てて今年で3年目。

窮屈そうだった鉢を取替え、2本植えだった苗も1本にしました
何だか伸びやかに見えます!いつか実はなるのかな〜?

(10月8日撮影)

戻る


食用ほうずきのジャム



念願の食用ほうずきだけのジャムに挑戦してみました

  

洗ったほうずきにお砂糖7割ぐらい入れて、ほうずきを適当に潰してから火にかける
潰さず最初から半分に切った方がいいのかもしれませんが、今回は潰しました

ゆっくり焦げないように木べらでかき回し、最後にレモン1個絞って入れる。

 戻る


幽玄



高血圧と言われて朝だけ薬を飲み、減塩と運動療法を薦められた
それでお天気のよい日、早朝に散歩するようになった!

久しぶりに歩く岸辺には、秋の花が所狭しと咲いていた
朝露を含んだその風景に「幽玄」という言葉が浮かんできた


 戻る

食用ほうずきとブルーベリーのジャム



畑に植えている食用ほうずきとブルーベリーでジャムを作ってみた
ヨーグルトに混ぜて食べるとちょうどいい甘さ

これぞ自給自足の醍醐味とひとり満足したひと時でした!

戻る


札幌大球




札幌大球というニシン漬け用の大玉なキャベツがある。
これを植えたくて春から苗探しに奮闘していた。

もうすっかり諦めた頃〜、広告に苗の売り出しが載っていた。
車を走らせ、やっと手に入れた苗が巻きだした!\(=^・^=)/

 戻る


ツタンカーメンのえんどう豆




1922年、イギリス人のハワード・カーターがエジプト・王家の谷で発掘していた
エジプト第18王朝の王・ツタンカーメンの副葬品の中からえんどう豆の種子を
発見、その種子を国に持ち帰り蒔いたところ、発芽し、栽培に成功したそうです

その後、イギリスで栽培されたえんどう豆の種子が数カ国へ渡り、日本へは
1956年アメリカから水戸に住む方に返礼として渡ってきたとのこと。

 

スナップエンドウより少し大きく、サヤの色は紫色で中身は緑。ご飯と炊くと、
炊いたばかりのときは変化はないが、翌日保温していたご飯はお赤飯のよう!

 戻る


星型の青い花が可憐なポリジ



星型の青い花は美しいが、繁殖力が強く、大きくなりすぎて
畑を占領するので、だんだん嫌われてしまうハーブ・ポリジ!

花の咲き始めはピンク色しているが、その後青色にかわる。

若葉はフリッターに、花は料理や飲み物の飾りに使われるそうだが、
棘のある葉を見ると、食欲も失せる。きゅうりの香りがする。

戻る


サイハイラン


(2009年6月15日撮影)

札幌市清田区にある白旗山「自然観察の森」を散策して来ました
ここでは野生のラン「サイハイラン」があちこちに咲いていました

昔、戦時の武将が「かかれ〜」と采配を振ったが、その采配に似ている
ことからの名前の由来だそうです!濃いピンク色しているので目立つ

戻る


我が家の堆肥作り



去年、野菜や果物のくずや卵の殻などの生ゴミで堆肥作りを始めました
冬の間、雪に埋もれたコンポスターの中身が心配でしたが、春になって
蓋を開けると、このようなふかふかの黒い土に生まれ変わっていました♪

今年の春、市販の堆肥と混ぜて散布しました!堆肥作りに燃えています!

≪我が家の堆肥作り

戻る

初物



我が家の庭の隅っこに、ちいさな、ちいさな3坪ほどの菜園がある。
2〜3年前から、そこで夫がトマトや胡瓜等の苗物野菜を作っている

今年は、さらに隅っこの猫の額ほどの畑に、葉物野菜の種を蒔いた

急に青物がほしくなった時、すぐ採れる様に私が頼んだ。
今朝早く収穫!赤い色が可愛いはつか大根のみずみずしい♪

戻る


エゾリスと遭遇


(2009・5/20撮影)

白旗山を歩いていたら、ガザガザ音がする。音のする方を見たら、蝦夷リスが
ジーツと私たちを見つめていた。ちょっと怖くなるほどだ。こいつらはいい人間?
とでも言いたいのか見つめて動かない。根負けして歩き出したら、木にするする
登っていったが… 振り返ってみたら、木の上からまだジーツと見つめていた。

戻る

 
竹の子採り



今年も春になると、そろそろかな〜と落ち着かなくなるのが竹の子採り!
まだ早かったのか、あまり出ていないが、結構いいのが採れました。

ゆでて細く切り、生銀シャケと煮るのが我が家流です。

戻る


ふきのとうの塩漬け



実家の本棚から「自然塩 健康法」という古い本を見つけて借りてきた
その中に「ふきのとうの塩漬け」というのがあったので、作ってみた

一つまみの自然塩を入れたお湯に、手で裂いたふきのとうを湯がき
茹で上がったふきのとうに更に塩をまぶして保存する

細かく切って冷奴に添えたり、味噌汁に放したり、重宝している


著者は河村通夫さん→河村通夫の桃栗サンデー

戻る


収穫!春の使者(ふきのとう)



そろそろ雪が融けたかな〜?と畑の様子を見に行って来ました。
随分融けているけど、まだ雪がたくさん残っています。

でも、所々土が顔出し、ふきのとうが顔を出していました!
思いがけない収穫です!天ぷらにしようかな?

(2009年3月31日)

戻る


イカとネギのピザ



急にビザが食べたくなって、ありあわせの材料で焼いた。

イカとネギの青いところを使ったピザ、意外と美味しかった!

戻る


みずきばーちゃん奮闘記 札幌散歩道 掲示板

姉妹サイト・シニアのハッピー探し〜アジアン市場